きょうのできごと スペシャル・エディション [DV... がカートに入りました
2000円以上国内配送料無料(一部例外あり)でお届けします。 詳細
中古品: 良い | 詳細
コンディション: 中古品: 良い
コメント: ご観覧ありがとうございます。注)レンタル専用商品でディスクは1枚です★ケース交換済み。レンタルで使用されたDVDを研磨、クリーニングを行いメーカーの許諾を得て販売している正規品です。 ディスクに管理シールが貼られている場合もございますが、 ほとんど傷もなく新品に近い状態でご提供できます。 ★ジャケット付ケースとディスクだけで他付属品等はございません。ご了承下さい。
こちらからもご購入いただけます
カートに入れる
¥ 3,500
通常配送無料 詳細
発売元: fairlady_label
カートに入れる
¥ 3,597
通常配送無料 詳細
発売元: 卸市場 宇都宮店
カートに入れる
¥ 3,780
通常配送無料 詳細
発売元: Origin market☆毎日迅速発送☆お急ぎ便、代引き、コンビニ支払い対応してます☆
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する

きょうのできごと スペシャル・エディション [DVD]

5つ星のうち 4.0 48件のカスタマーレビュー

参考価格: ¥ 5,076
価格: ¥ 3,597 通常配送無料 詳細
OFF: ¥ 1,479 (29%)
残り2点(入荷予定あり) 在庫状況について
この商品は、Amazon.co.jp が販売、発送します。 ギフトラッピングを利用できます。

Amazonビデオ

Amazonビデオは新作映画や話題のTV番組、アニメなどをいつでも気軽に楽しめるデジタルビデオ配信サービスです。 パソコンやFireのほかiPhoneやiPadでも観ることができます。詳細はこちら

【Amazon Global】International Shipping Made Easy
Shipping to over 65 countries, Simplify customs Learn more


キャンペーンおよび追加情報

  • 予約商品を通常商品と同時にご注文の場合、通常商品も予約商品の発売日にまとめて発送される場合がございます。通常商品の配送をお急ぎの方は別々にご注文されることをおすすめします。 予約注文・限定版/初回版・特典に関する注意はこちらをご覧ください。

  • Amazon.co.jpが販売する一部の商品はお一人様のご注文数量を限定させていただいております。限定数量を超えるご注文の際にはキャンセルさせていただく場合がございますのであらかじめご了承ください。

  • 【買取サービス】 宅配買取もしくは出張買取を選択してAmazonアカウントを使用して簡単お申し込み。 出張買取では買取額UP、8/31まで実施中 今すぐチェック。

  • 【DVD・ブルーレイ リクエスト】「パッケージ化」をはじめ、「廃盤商品の再発」、「日本語吹替・字幕版」、「英語字幕版」や「プライムビデオ化」を希望するタイトルを募集中。今すぐチェック


よく一緒に購入されている商品

  • きょうのできごと スペシャル・エディション [DVD]
  • +
  • きょうのできごと、十年後
  • +
  • きょうのできごと (河出文庫)
総額: ¥5,595
ポイントの合計: 61pt (1%)
選択された商品をまとめて購入

この商品を見た後に買っているのは?


登録情報

  • 出演: 田中麗奈, 妻夫木聡, 伊藤歩, 柏原収史, 三浦誠己
  • 監督: 行定勲
  • 形式: Color, Dolby, Widescreen
  • リージョンコード: リージョン2 (このDVDは、他の国では再生できない可能性があります。詳細についてはこちらをご覧ください DVDの仕様。)
  • 画面サイズ: 1.78:1
  • ディスク枚数: 2
  • 販売元: レントラックジャパン
  • 発売日 2004/08/25
  • 時間: 110 分
  • おすすめ度: 5つ星のうち 4.0 48件のカスタマーレビュー
  • ASIN: B0002ESL32
  • EAN: 4988102014131
  • Amazon 売れ筋ランキング: DVD - 84,348位 (DVDの売れ筋ランキングを見る)
  •  カタログ情報を更新する画像についてフィードバックを提供する、または さらに安い価格について知らせる

商品の説明

内容紹介

うまく言われへんけど…。
京都の大学院に進学する友達の引越し祝いに集まった仲間たち。そして、そこにはいないけど気にかかる人。一方、テレビに映し出されるのは、ビルの壁に挟まって抜け出せなくなった男や座礁したクジラのニュース…。どこにでもいるような若者たちの一日。でも、そこには言葉では伝えきれない想いが溢れている。
120分にもおよぶ特典映像を収録した特典ディスク付きの2枚組。

【特典映像(予定)】
《Disc: 1》

  • スタッフ・キャストプロフィール

  • 予告編集

  • 《Disc: 2》
  • メイキング

  • キャスト・インタビュー(妻夫木聡、田中麗奈、伊藤歩、柏原収史、三浦誠己、石野敦士、松尾敏伸、池脇千鶴)

  • スタッフ・インタビュー(行定監督ほか)

  • 舞台挨拶(東京国際映画祭、テアトル新宿&シネアミューズ初日、香港国際映画祭)

  • キャスト・ダイアリー

  • おまけ映像


  • 《監督》 行定 勲(「世界の中心で、愛をさけぶ」「GO」)
    《監督・脚本》 行定 勲、益子昌一
    《原作》 柴崎友香(河出書房新社刊)
    《音楽》 矢井田瞳 エンディング・テーマ:「マーブル色の日」 矢井田瞳
    《出演》 田中麗奈 妻夫木聡 伊藤 歩 柏原収史 三浦誠己 石野敦士 池脇千鶴 松尾敏伸

    Amazonレビュー

     『GO』などの行定勲監督が、妻夫木聡、田中麗奈ら、日本映画界を代表する若手俳優を集めたアンサンブル・ドラマ。ある一日の午後から翌朝までの短い時間を描く。京都の大学院に進んだ正道の新居に、引っ越し祝いで集まる友人たち。酔っぱらって本音を吐き出す者。能天気にくつろぐ者。彼らの一夜の人間模様に、ビルの隙間に挟まれた男と、浜に打ち上げられたクジラのニュースが同時進行する。微妙に時間軸がずれる手法も、あざとさはなくすんなりと全体になじんでいる。
       関西弁を流暢にこなし、リアルな会話を交わす俳優たちのおかげで、観ているうちに、いつしか飲み会の輪に入っているような錯覚を覚える。ふたりの女性の間ではっきりと思いを言い出せない妻夫木、酔って男たちの髪を切る麗奈など、すべての動きや表情がナチュラル。だれもが自分と似たようなキャラを発見し、心地良さと切なさに包まれる。夜の宴会はもちろん、朝の浜辺に至るまで、映像もその場の空気感を的確に伝え、正道の家を中心にした京都の町屋の風景がノスタルジーを誘う。(斉藤博昭)

    商品の説明をすべて表示する

    カスタマーレビュー

    トップカスタマーレビュー

     京都の大学院に通うために引っ越した正道。彼の引っ越し祝いをするために友人たちがやってくる。そんな彼らのほんの一日のできごとを綴った佳品ともいえる映画です。

     若い人の多くはこの映画が「何も起きない一日」「淡々とした日常」を描いていると評しているようですね。しかし40歳を過ぎた私には、この映画は決してありふれた一日を描いているようには見えません。
     サラリーマンとしての日々を送るうちにいつしか、周到な準備や綿密な計画を立てずに一日を過ごすことが許されない人生を歩むようになりました。

     この映画の中に出てくる若者たちのように、突然髪を切ったり、深夜にカニを食べに出かけたり、友人を置いて恋人のもとへ走って戻ったり、約束を交わしたわけでもないのに彼氏が来るのを早朝の玄関先で新聞を読みふけりながら待ってみたりする日々は今の私にはありません。

     そんな私もかつて若かったころ、友人たちと思いつきで集まったものです。そして、酒を酌み交わしたり、旅に出たり、深夜に星空をずっと眺め続けたりしたものです。それは事前に計算をしつくした上での計画的な企てではありません。後先を深慮することのない、有り余るほどの無為な時間ともいうべきものです。駆け引きや損得勘定とは無縁な友との間に無意識に、そして時に無意味に流れる時間。そんな無為な時
    ...続きを読む ›
    1 コメント 78人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
    フィードバックありがとうございました。
    申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
    違反を報告
    友人の演出家のおススメで観ました。

    うーむ、自分の学生時代とシンクロすること多し。

    今の大学生って、もっとドライでクール。

    オシャレなんじゃないの? なんて思ってしまう。

    京都の町屋でどてら姿なんて、えっホントと思いますが、

    当の僕なんぞは懐かしくてしびれてしまいます。

    同じ京都でも、もっと北の修学院でしたけど・・・。

    誰もが共有する青春時代の1ページを舞台に、

    何気ない日常の中に潜む、かけがえの無いものに

    スポットをあてているように感じた。

    鯨のお蔭で自殺を止めた女子高生のサイドを

    もう少し深く描いて欲しかったなぁ。

    自分としては、もう少しメッセージの強い映画が

    好きですが、この映画の行間にはシッカリと

    メッセージもありますね。

    何度か誰かと観た方がいいのかも・・・。
    コメント 10人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
    フィードバックありがとうございました。
    申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
    違反を報告
    Amazonで購入
    何気ない日常を描いた映画。実はこうした作品がいちばん難しいと思う。そのあたりを実にうまく描いています行定勲監督。やはり上手い監督だと思います。本当に何にもないお話。普通の日常がどこかでつながっているということをあざとくなる寸前くらいのところで上手く描いている。だから観ててなんだかホッとしたというか、普通の日常も悪くないと思えるというか・・・。ビルに挟まれる男の大倉孝二が好演。でも変に突出していなくて、このあたりのバランスを持った演出は絶妙。いちばん印象に残るのは柏原収史が夜、車にはねられ、でも電話の音で気がつき、その後今も好きな元彼女と思しき女性と話すシーン。いろんな人がいろんな想いを抱えて生活していることが上手く出ていると思います。いい映画です。
    コメント 22人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
    フィードバックありがとうございました。
    申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
    違反を報告
    ある一日をただ映しただけ、といったような、とても自然な感覚に溢れた映画です。
    本当にこういう人なんじゃないかと思ってしまう程、
    出演者達が見せる自然体の演技に驚かされます。
    特に酔っ払ってからの田中麗奈と伊藤歩の掛け合いには笑わせて頂きました。
    今作の彼女達の演技は最高です。

    ただ、彼等の話と同時進行で鯨が岸にうちあげられる話や、
    ビルに挟まってしまう男の話など、
    その日一日に起こった出来事が描写されるのですが、必要だったのかと疑問に思います。
    それぞれの出来事も面白く描写されていますし、
    劇中、仲間で飲んでるときにTVでときどき出てくるので、
    日常を演出するという意味においては効果があったとは思います。
    だけどシーンとして結構長い。
    そのせいで映画全体の印象が散漫になってしまった感じは否めません。
    舞台が夜や部屋の中がメインということもあり、終始暗い印象もあります。

    今作の柏原収史はいいですね。
    「どてら」を着た、いわゆるいたって普通な大学生を好演しています。
    本人や仲間達にはもう当たり前になってしまって意識さえしてないんだろうなと思わせる、
    彼が仲間との間に見せる優しげなセリフや態度に好
    ...続きを読む ›
    コメント 3人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
    フィードバックありがとうございました。
    申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
    違反を報告

    最近のカスタマーレビュー



    クチコミ

    クチコミは、商品やカテゴリー、トピックについて他のお客様と語り合う場です。お買いものに役立つ情報交換ができます。

    関連商品を探す


    フィードバック