中古品
¥ 1,255
+ ¥ 257 関東への配送料
中古品: 良い | 詳細
発売元 radiogaga
コンディション: 中古品: 良い
コメント: カバー、ページ部分とも良好です
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
2点すべてのイメージを見る

きものをあそぶ 単行本(ソフトカバー) – 2011/11/25

5つ星のうち 3.5 10件のカスタマーレビュー

その他()の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格
新品 中古品
単行本(ソフトカバー)
"もう一度試してください。"
¥ 1,512 ¥ 1,255
click to open popover

この商品を見た後に買っているのは?

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。



【Amazon Global】OTAKU Store
Figures, Video Games, Blu-ray, DVD and Music of Japanese Anime, Games and Pop Culture Shop now

商品の説明

内容紹介

和裁を知らなくても洋服感覚で着物が縫える!

ふだん着として間口を広げ、世間の関心が高まる着物。
本書は、可愛くオシャレな着物を生地を自分で選んで、和裁ではなくミシンで手づくりできるようになれる教科書です。
型紙を作らなくても四角を組み合わせて作る着物の特徴を生かして洋裁方式で制作します。
難しい襟まわりは実物大襟ぐりを掲載、トレースして使います。
着こなしの参考になるコーディネイトも多数、作っても楽しい、着ても楽しい、そんな本ができました。

内容(「BOOK」データベースより)

眺めて楽しい、やまもとゆみ流コーディネート20。洋裁の技術で裏付き着物が家庭のミシンで縫える。これを読むと着物で旅に出たくなる。

商品の説明をすべて表示する

登録情報

  • 単行本(ソフトカバー): 94ページ
  • 出版社: 日東書院本社 (2011/11/25)
  • 言語: 日本語
  • ISBN-10: 4528012901
  • ISBN-13: 978-4528012905
  • 発売日: 2011/11/25
  • 商品パッケージの寸法: 24 x 18.5 x 1 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 3.5 10件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: 本 - 141,350位 (本の売れ筋ランキングを見る)
  • さらに安い価格について知らせる
    この商品を出品する場合、出品者サポートを通じて更新を提案したいですか?

  • 目次を見る

カスタマーレビュー

トップカスタマーレビュー

形式: 単行本(ソフトカバー) Amazonで購入
洋裁着物を作りたくて購入しました。
やまもとさんの「ミシンで着物 綿・麻・ゆかた」と迷ったのですが、
足袋の作り方も載っているというのでこちらにしました。
しかし、型紙がついておらず、着物は自分で型紙を作る必要があり、
足袋にいたっては「市販の型紙を使用」とのことで
型紙の作り方すら載っていませんでした。

これだけだとただ残念なだけですが、
袷の着物をミシンで縫う作り方が載っていたので、
少しプラス評価にしました。

型紙がついているかどうかわかりにくかったので、
参考にしていただけたら嬉しいです。
コメント 20人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本(ソフトカバー)
ファッションの根底は創造性、工夫だ。
「着物はこうでなければならない」、確かに着物はあのシンプルそうに見える形に様々な粋な工夫が隠されている。
それはいままでの日本人が築いてきたもので守っていくべきものだろうが、それをそのまま何世紀もほぼ変わらず着続けるのには無理がある。
着物自体も洋服が入るまでは少しずつ進化し形を変えて来ていたが、昭和以降はその進化はそのまま止まったままだ。(材質は変わっているが)
そして近年の、洋服に完全におされたこの状況。生活環境に柔軟に対応してきた経緯や、自由な組み合わせ、なにより多くのデザイナーが様々な抑圧や偏見を取っ払うデザインを死ぬ気で世に送り出して来た勝利だろう。
着物をずっと着続けていればそれなりにもっと形を変えて進化して来ていると思うが、一度とまったものをまた動かすのは大変だ。
一番厄介なのは、着物が沢山持つしきたりのような蘊蓄をさも教養のように勘違いしたエセ保守派の底の浅さ。
正しく着れていなければ、全ての道具を決められた通り使わなければ…決まった形に押し込まれていれば誰からも非難されないだろう、全てそろっている自分は教養が高いといわんばかりだ。昔の人の知恵を拝借したきりでなんの工夫もない。工夫の無い人間に教養はない。
そのままトレースしてこの現代にもってきてノス
...続きを読む ›
コメント 17人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
投稿者 ヤマダ 投稿日 2012/6/24
形式: 単行本(ソフトカバー)
着物でも小物でも単品ではとってもかわいいのですが、これが組み合わされることによってマイナスにしかなってないです。
着物の本なのに袖がまくれたままだったり、袖をふんずけて座っている写真だったり、なんでこれを本にする過程でそれに気付かないのか?と思わされるところが多々ありました。
着付に関しても、プロが着付けているであろうになんであんなに尋常じゃなく上前が多いのか、それについて何にも思わないスタッフで制作されたのだろうか…?とどうでもいいことまで考えてしまいます。
後半の着物や足袋の作り方に関しては、細かくて良いと思いますが、いかんせんこの本のメインであろう写真の作りがお粗末。
着付師、カメラマン、スタイリスト、編集者の質が伺い知れます。
コメント 22人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本(ソフトカバー)
おしゃれなキモノ本を作りたかったんだろうけども、

全体的にセンスがないのが致命的。

コーディネイトも写真もひどい。素人の同人誌レベル。
コメント 10人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本(ソフトカバー) Amazonで購入
着物や着物のリメイクに夢中の私は、こちらの表紙を見て、

即買いしました。

柄・色合わせ、レースやリボン、チェーンやベルト、帽子や

バック、コサージュ等を使い、ポップで可愛いく素敵な着物

スタイルを表現しています。

【やまもとみゆ】様の世界を堪能できます。

また、着物や足袋、昼夜帯の作り方も掲載されていて嬉しい書籍です。

是非、おすすめです。
コメント 2人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告

関連商品を探す