この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
この画像を表示

きみは白鳥の死体を踏んだことがあるか(下駄で) (本人本) 単行本 – 2009/10/10

5つ星のうち 4.6 14件のカスタマーレビュー

その他(3)の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格
新品 中古品
Kindle版
"もう一度試してください。"
単行本
"もう一度試してください。"
¥ 1
文庫
"もう一度試してください。"
¥ 648 ¥ 1

click to open popover

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。



【Amazon Global】International Shipping Made Easy
Shipping to over 65 countries, Simplify customs Learn more

商品の説明

内容紹介

笑いと、感動と、白鳥の、極上エンターテインメント!

当代一の売れっ子脚本家が、「私小説」ならぬ「恥小説」を上梓。

<あらすじ>
冬に白鳥が飛来することだけが名物の東北の小さな町で、「質実剛健」をモットーにする男子高に通う「僕」。高校では先輩たちにイビられ、モテからは遠く離れた毎日の繰り返しで、深夜ラジオの「ビートたけしのオールナイトニッポン」だけが心の支え。ある日、尊敬する高田文夫氏が出演するローカル番組で、「おもしろ素人さん」を募集しているのを見つけた「僕」は、親友たちの名前を勝手に書いて応募した……。

内容(「BOOK」データベースより)

冬に白鳥が飛来することだけが名物の東北の小さな町で、「質実剛健」をモットーにする男子高に通う「僕」。高校では先輩たちにイビられ、モテからは遠く離れた毎日の繰り返しで、深夜ラジオの「ビートたけしのオールナイトニッポン」だけが心の支え。ある日、尊敬する高田文夫氏が出演するローカル番組で、「おもしろ素人さん」を募集しているのを見つけた「僕」は、親友たちの名前を勝手に書いて応募した…。

商品の説明をすべて表示する

登録情報

  • 単行本: 241ページ
  • 出版社: 太田出版 (2009/10/10)
  • 言語: 日本語
  • ISBN-10: 4778311930
  • ISBN-13: 978-4778311933
  • 発売日: 2009/10/10
  • 商品パッケージの寸法: 19 x 13 x 2.6 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 4.6 14件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: 本 - 95,469位 (本の売れ筋ランキングを見る)
  •  カタログ情報を更新する画像についてフィードバックを提供する、または さらに安い価格について知らせる


カスタマーレビュー

5つ星のうち 4.6
あなたのご意見やご感想を教えてください

トップカスタマーレビュー

形式: 単行本
久々に声を出して笑える小説でした。
小説といってもクドカンのドキュメントっぽい、フィクションか??みたいなクドカンワールド全開です。
私の家族にクドカンの同窓生がいて、高校生活が生々しく書かれていて一層面白かったです。
コメント 7人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 文庫
ある程度の力量のある作家であれば、青春小説を書くことはきっとさほど難しい事ではないのではないか。
しかし、すべての作家にとって青春小説を書く機会は一度しかない、と言う気もする。アラジンの魔法のランプのように、作家にとって一度しかないような。

宮藤宮九郎はうまい。本当にうまい。
読者に考えさせるすきを作ることができる。
この小説のキモになるのは白鳥おじさんであるが、人物像がいまひとつはっきりしない。ひょっとすると実在しないのではないか、とも思われる。想像力を伸ばせば、白鳥おじさんは作者の分身である主人公のしゅん少年が想像した、未来の自分なのかもしれないのである。未来の、世間に受け入れられない駄目な自分と自問自答を繰り返して、最後にその自分を下駄で踏み殺して大人になっていく物語。
宮城県の内陸の小さな町で、級友の大半が知らないスターリンやサンハウスに心惹かれている少年は、世間となじめずにうつうつとしている。将来は○か×だ。たけし軍団に入れるか、白鳥おじさんになるか。中間の道(高卒→改造車→フィリピンパブ→見合い結婚→やけにほっぺの赤い赤ん坊)はないのである。

こんな妄想を膨らませる余地を残して小説にしあげるって職人肌としか思えない。叙情を解する職人。

土曜に買って、次の日早起きしな
...続きを読む ›
コメント 3人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 文庫 Amazonで購入
クドカンの半自叙伝のような内容で
主人公の高校時代の話し
白鳥おじさんと呼ばれてる40代のオヤジとの奇妙な友情とか
バンカラ高校での今では考えられない
先輩からの「かわいがり」とか(笑)

勿論、下ネタ満載の
中2男子向け小説

これから5月病になりそうな新入社員とか環境変わる人とか
きっと、これ読んだら人生ってな~~んでもアリだなって
思えちゃうと思うよ(笑)
コメント このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 文庫 Amazonで購入
なんて日本語の言葉遊びがうまいんだろう。
文章だけでここまで笑わせられるなんて、もう恐ろしいとしか…
クドカンさんのすごいところはどんな文章でも、クドカン味にしてしまうところ
池袋にしても、goにしろ脚本を担当すると全てがクドカンワールドに変換されてしまう
そして、それが世間で高評価を得られると云うミラクルを達成してしまっている。
もう怖いものなしである。書け、書いてくれ、そしてもっとどんどん笑わせてくれ!
コメント このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 文庫
宮藤官九郎の小説。

とにかく意味不明なのだが、とても面白い。クドカンワールド全開なのである。
途中からノンフィクションなのか!?と思わせておいて、それをフィクションに引き戻す描写。その落差が面白さのひとつなのかもしれない。

いや、ノンフィクションの部分も沢山ある。それでいて完全にフィクションの部分も沢山ある。
あぁ、これは果たしてフィクションなのかノンフィクションなのか…。

いや、そんなことを考えている時点で、もうクドカンの思うつぼなのだろう。
術中にはまってしまうと抜け出せない。これがクドカンワールドなのだろう…。
コメント このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本
■著者の自伝的小説。1986年春、白鳥がいる宮城県の小さな町に住む主人公は、12キロ離れた男子校の月伊達高校に進学した。そこは挨拶が「押忍(オス)」、下駄履き、バンカラ気質が校風のへんてこな学校だった。サブカルを愛好し、たけし軍団入団を目指す主人公は、校風に戸惑い、恋にあこがれ、悪友達とコント作りに精を出す。大槻ケンジ『グミ・チョコレート・パイン』にも通じるほろ苦くも面白い作品だ。
コメント 3人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本
主人公と同じく北東北の質実剛健な校風の高校を卒業しました。
女子だったので下駄で通学はしていませんでしたがどんなに遠くても先輩を発見したら
絶叫で挨拶をし、先輩が通り過ぎるまでずっとお辞儀をしたままの姿勢で待つ、が当たり前の毎日でした。

(都会の人に話すと驚愕されるからずっと封印していた高校生活だったのに…。)

読みだして数ページで(クドカンがバラしてやがる!)と青くなりかけましたが、すぐに爆笑。
そうあの「1年生は奴隷、2年生は人間、3年生は神様」は全て「プレイ」だったのですよね。
おしゃれな出来事やサブカルの情報からとても遠かった高校生活だったけどなんだかこの小説を読んだらとっても良い思い出だったような錯覚に陥ってしまっています。素晴らしい才能。この作品も「あまちゃん」も東北あるあるが満載です。
コメント このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告

最近のカスタマーレビュー



フィードバック