通常配送無料 詳細
一時的に在庫切れ; 入荷時期は未定です。 在庫状況について
注文確定後、入荷時期が確定次第、お届け予定日をEメールでお知らせします。万が一、入荷できないことが判明した場合、やむを得ず、ご注文をキャンセルさせていただくことがあります。商品の代金は発送時に請求いたします。
この商品は、Amazon.co.jp が販売、発送します。 ギフトラッピングを利用できます。
数量:1
きみのカケラ 1 (少年サンデーコミックス) がカートに入りました
コンディション: 中古品: 良い
コメント: 天・地・小口にやや日焼け有り。【FBA商品】アマゾンジャパンが出荷対応いたします。送料無料です。【商品】除菌クリーニング済み。管理シールを貼付(再剥離可能)。
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
この画像を表示

きみのカケラ 1 (少年サンデーコミックス) コミック – 2003/1/18

5つ星のうち 4.6 9件のカスタマーレビュー

その他()の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格
新品 中古品
コミック
"もう一度試してください。"
¥ 421
¥ 421 ¥ 1

click to open popover

キャンペーンおよび追加情報


よく一緒に購入されている商品

  • きみのカケラ 1 (少年サンデーコミックス)
  • +
  • きみのカケラ 5 (少年サンデーコミックス)
  • +
  • きみのカケラ 3 (少年サンデーコミックス)
総額: ¥1,263
ポイントの合計: 39pt (3%)
選択された商品をまとめて購入

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。



【Amazonランキング大賞 2016上半期】入賞発表!
和書総合は『おやすみ、ロジャー 魔法のぐっすり絵本』 が堂々の1位。 和書総合ランキングへ

商品の説明

著者について

1967年9月、北海道出身。
高校時代から長距離陸上選手。山梨学院大では箱根駅伝のアンカーを経験。
1990年『好きになるひと』で「第11回スピリッツ賞」を受賞。同年漫画家デビュー。
代表作『いいひと。』『好きになるひと』『最終兵器彼女』


登録情報

  • コミック: 188ページ
  • 出版社: 小学館 (2003/1/18)
  • 言語: 日本語
  • ISBN-10: 4091266118
  • ISBN-13: 978-4091266118
  • 発売日: 2003/1/18
  • 商品パッケージの寸法: 17.6 x 11.2 x 1.8 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 4.6 9件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング:
  •  カタログ情報を更新する画像についてフィードバックを提供する、または さらに安い価格について知らせる

  • 目次を見る

カスタマーレビュー

5つ星のうち 4.6
あなたのご意見やご感想を教えてください

トップカスタマーレビュー

形式: コミック
「いいひと」も「最終兵器彼女」も現実の世界からはじまっていたけど、
「きみのカケラ」は異世界的なファンタジーワールドからのスタート。
本の形(シリーズ?)も変わって初めて。
全部がはじめてづくしの一冊。
作者の新たな挑戦なのか、今までとは少し違った気色の物語のように感じます。
「風の谷のナウシカ」のような世界が広がっていくのでしょうか?
とても楽しみです。
主人公達の話す言葉が、時々北海道の訛りになるのは、
作者の地元に対する敬愛のあらわれなのでしょう。
それも羨ましいことです。
コメント 21人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: コミック
四方が壁に囲まれ、雪しか降ってこないただ死を待つだけの国で、その国の王女イコロが大昔にあった『太陽』というものを、空から降ってきた何かが欠けている、名前さえも忘れてしまった少年とともに探しに行くというストーリーです。高橋しんさんが描く新しい物語です。
コメント 16人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: コミック
高橋しんの漫画は初読でした。

いやあ、面白かった! 構想が素晴らしく、人として、多くの事にに思考を促す
内容の作品。

ハードルは高いかもしれませんが、やはりお子さんに読んでもらいたい内容です。
近いテーマとしてはやはり「風の谷のナウシカ」でしょうか?
旧文明の過ちのため、世知辛い世界で懸命に生きる子供達の話です。
大人が読んでも楽しめる作品でしょう。

★1コ減なのは・・

・絵がゴチャゴチャして読みずらいトコロが多い。
 →ワンサイズ大きめのコミックで読みたかった

・登場人物の複雑な心理描写を・・も少しコンパクトにまとめられないものか。
 少々ですがクドい気が・・。

・戦族の兵隊達の中に1人か2人印象に残るヤツがいてもいい気がする。
 死ぬときくらいしか目立ってない・・。

・こども軍団のメンバーがコロリちゃんくらいしかクローズアップされない。
 もう2・3人くらいねぇ・・。

・シロとヒトガタの出生の秘密をもう少しじっくり描写してほしかった。あと、
 人ではないモノとやらの件も。

・他のレビュアーさんも
...続きを読む ›
コメント 2人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
投稿者 ペトロニウス VINE メンバー 投稿日 2004/2/14
形式: コミック
『最終兵器彼女』でストーリテラーの才能を見せてくれた作者だけに、これからの展開が非常に楽しみ。『天空の城ラピュタ』などの世界観の広がりの予感がする。ただし、少し説明とセリフがコマに多すぎるし、書き込みが多すぎて読みにくい感もしないではないが・・・。
コメント 8人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: コミック
 住んでいた城を政族(まつりぞく)という議員達に奪われ、父は行方不明、母は連れていかれてしまった主人公のイコロは今、弟の”マタク”と執事の”シャー”と貧しい暮らしをしている。そんなイコロの前に”記憶の無い少年”が現れる。この出会いにより2人の冒険が始まる。
 イコロの住んでる国が数年後には雪に埋もれてみんな死んでしまう設定だったり、”ヒトガタ”と呼ばれる喜怒哀楽の欠けた子を人々は忌み嫌っているのだが、イコロがそのヒトガタだったりと暗い世界観になっている。
 そんな暗さを吹き飛ばすかのように、記憶の無い少年はとっても元気なキャラクターとして描かれている。
 1巻の前半では、イコロの生活を描きながらイコロの立場やこの国の仕組みの説明をしている。
 後半は、2人の道中が描かれている。
 この作者のファンでもファンタジーが嫌いな人は、中身を読んでから購入を考えた方がいいと思う。自分はこういうの好きです。
コメント 4人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告


フィードバック