きっと ここが帰る場所 [DVD] がカートに入りました

お届け先住所
アドレス帳を使用するにはサインインしてください
または
-
正しい郵便番号を入力してください。
または
2000円以上国内配送料無料(一部例外あり)でお届けします。 詳細
コンディション: 中古品: 良い
コメント: ★アマゾンより迅速発送!【内容】ディスク1枚/ケース★【状態】ディスク盤面は綺麗で良好!/ケースに細かな擦れありますが、クリーニングしてお届けします。★Amazon配送センターより発送されます。クレジットカード・代金引換→【お急ぎ便可】コンビニ・ATM・ネットバンキング・Edy払い(先払い)→【お急ぎ便不可】が可能です。商品に問題がある場合は、Amazonカスタマーサービスまで、お問い合わせ下さいませ。
こちらからもご購入いただけます
カートに入れる
¥ 5,980
通常配送無料 詳細
発売元: 収集本舗
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する

きっと ここが帰る場所 [DVD]

5つ星のうち 3.4 17件のカスタマーレビュー

参考価格: ¥ 5,076
価格: ¥ 4,400 通常配送無料 詳細
OFF: ¥ 676 (13%)
ポイント: 1pt  詳細はこちら
残り2点 ご注文はお早めに 在庫状況について
この商品は、Win-Win shopが販売し、Amazon.co.jp が発送します。 この出品商品にはコンビニ・ATM・ネットバンキング・電子マネー払いが利用できます。 ギフトラッピングを利用できます。

Amazonビデオ

Amazonビデオは新作映画や話題のTV番組、アニメなどをいつでも気軽に楽しめるデジタルビデオ配信サービスです。 パソコンやFireのほかiPhoneやiPadでも観ることができます。詳細はこちら

【Amazon Global】OTAKU Store
Figures, Video Games, Blu-ray, DVD and Music of Japanese Anime, Games and Pop Culture Shop now

キャンペーンおよび追加情報

  • 予約商品を通常商品と同時にご注文の場合、通常商品も予約商品の発売日にまとめて発送される場合がございます。通常商品の配送をお急ぎの方は別々にご注文されることをおすすめします。 予約注文・限定版/初回版・特典に関する注意はこちらをご覧ください。

  • Amazon.co.jpが販売する一部の商品はお一人様のご注文数量を限定させていただいております。限定数量を超えるご注文の際にはキャンセルさせていただく場合がございますのであらかじめご了承ください。

  • 【買取サービス】 Amazonアカウントを使用して簡単お申し込み。売りたいと思った時に、宅配買取もしくは出張買取を選択してご利用いただけます。 今すぐチェック。


この商品を見た後に買っているのは?


登録情報

  • 出演: ショーン・ペン, フランシス・マクドーマンド, ジャド・ハーシュ, デイヴィッド・バーン
  • 形式: Color, Dolby, Widescreen
  • 言語: 英語
  • 字幕: 日本語
  • リージョンコード: リージョン2 (このDVDは、他の国では再生できない可能性があります。詳細についてはこちらをご覧ください DVDの仕様。)
  • 画面サイズ: 2.35:1
  • ディスク枚数: 1
  • 販売元: 角川書店
  • 発売日 2012/12/26
  • 時間: 119 分
  • おすすめ度: 5つ星のうち 3.4 17件のカスタマーレビュー
  • ASIN: B009S0OWL6
  • JAN: 4562227881801
  • Amazon 売れ筋ランキング: DVD - 21,950位 (DVDの売れ筋ランキングを見る)
  • さらに安い価格について知らせる
    この商品を出品する場合、出品者サポートを通じて更新を提案したいですか?

商品の説明

内容紹介

人生は美しさで満ちている だけど、時々、何かが変だ…

内容(「キネマ旬報社」データベースより)

『イルディーヴォ』のパオロ・ソレンティーノ監督がショーン・ペンを主演に描くロードムービー。元ロックスターのシャイアンが、ホロコーストを生き延びた父の遺志を継ぎアメリカ横断の旅に出る中で、次第に心のわだかまりを解消していく姿を描く。

商品の説明をすべて表示する

カスタマーレビュー

トップカスタマーレビュー

2011年。 パオロ・ソレンティーノ 監督作品。

元ロックスターの50代くらいの引きこもりゴス系の男(アイルランド在住)が、
30年間連絡取ってなかった父親の危篤の知らせを受け、アメリカへ旅する
ロードムーヴィー。

ショーン・ペン演じる主人公のルックスは、そのまんまロバート・スミス(ザ・キュアー)
。 デヴィッド・バーンも本人役で出てきたり、会話の中で子供がアーケイド・ファイア
の名前を出したりと、音楽的にインディーロック寄り。 その辺ツボでした。

パオロ・ソレンティーノ 監督らしい映像美と、艶めかしくもあるカメラワークが
素晴らしい。 どうやって撮影したのかわからないような映像も多い。

不思議なキャラクターが多くて、謎なシーンも満載。 意味あるんだろうけど、
理解出来ませんでした。

思春期的な「痛み」が胸に響く作品でした。
コメント 1人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
何も知らずにパッケージ観たら「ロバスミのドキュメント!?」とか思う人もいるかもしれませんが、そういう訳ではないです。
実在のアーティストも実名で出てくるし、デイヴィット・バーンは本人出てくるし、主人公も元大物バンドのヴォーカリストという設定のため、ロックを題材の一つにした映画には違いないけど、ヴィジュアル以外は特にロバスミは関係ない。
強いて言えば主人公のやっていたバンドの音楽性が、ポストパンクとかゴス系だったのだろうなと言う事は共有項か。

大まかなストーリーは、思春期をこじらせにこじらせた主人公が中年(もうすぐ老年!)になって、ようやくそこから脱却するというロードムービー。
おっさんのロードームービーて・・・という引っかかりに応えるように、詳細を省きまくった表現なので、シュールな印象を受ける場面もしばしば。
他のレビューにもありますが、登場人物や相関関係などもわかりづらい点も多く、意味不明だという人も多いと思う。
それに特に大きな盛り上がりがある訳でもなく、終始静かなテンションで流れて行くので、それを退屈だと感じる人も多いと思う。
私はそういう映画が好きですが、無理って人は無理だと思う。

主人公のド派手な完全に行き過ぎているヴィジュアルが不自然だ、というコメントもあるが、むしろ
...続きを読む ›
コメント 5人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
投稿者 万年東一 投稿日 2012/12/30
Amazonで購入
がぁ、仕様が酷すぎる!
まず、再生したら韓国映画の予告からレンタル品の予告が続きます。
レンタル品を購入した訳では無いので新作案内はいりません。苦痛です。
特典も予告のみで値段が今時にしては高い!!
こんな会社から出してほしくなかったですネ。
コメント 23人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
投稿者 ロクバン 投稿日 2013/3/16
いい映画です。 ウンチクじゃなかなかレビューしきれないかも。 先入観無しで観てみるのが吉。 どうしても、シャイアンがロバートスミスに思えてしまう(笑)
コメント 8人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
自然を映し出しているだけのはずなのに、息をのむ美しさ。部屋の調度、佇まい。心に沁みわたる映像。それを眺めているだけでも惹き込まれる。

そこにスパイスのように組み込まれる登場人物のファッションコーディネート。予定調和的な場面もあり、トリッキーな場面もあり。
奇抜なファッションにあの抑揚の声・話し方。言葉。
全てが計算されつくされたはずし方。

もう唸るしかない。

かつ、驚嘆されられたのは役者。あのお年で、物語に必要とあればヌードとなるか。超ハリウッドのアクターなのに、場面によっては、醜悪と言えるほどの、皺のアップ。ひれ伏すしかない。

物語は、わかりやすくはない。あれ、どうなったの?等、回収していない伏線もあり、解説が欲しくなる。
けれど、要所要所でぽっと飛び出してくる台詞に魅了され、そこに哲学を見出したくなる。

そんな、刺激的な作品です。
コメント このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
投稿者 dolphintanz 投稿日 2015/5/30
いろんな人が出てきて、確かにわかりにくい。砂漠に置き去りにするヒッチハイカーとか、セントラルパークでこけるスケーターとか、意味があるのか無いのか。奥田英朗のララピポという小説を思い出しました。Lot Of Peopleね。
シャイアンもそんな一人、ナチス残党もそんな一人。それぞれがなんか背負って生きてる。重かったり、軽かったり、でも本人にとっては大切なもの。だから、いかにもな見た目がやりすぎだとか、あんまり関係ないんじゃないかな。むしろ、いやぜったい作為的にそういう演出。
わかるとかわからないとかじゃなくて、共感できるかどうか。ランゲに与えた屈辱の形とそれを受け入れることによって長年の苦悩から解放されたかったランゲ(ここの描写はすごい。残酷。)、ずっと苦しんできた母親との和解(二人ともいい表情)、いつも優しくてずっと支える妻、良い映画だと思います。
そういえば、シャイアンの(少なくともルックスでは)モデルとなっているロバート・スミスのバンドの名前はCure(回復、治癒)でしたね。まさに、テーマはそれです。いま、Robert Smithは何やってるんだろう?
コメント 2人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告

最近のカスタマーレビュー



関連商品を探す