通常配送無料 詳細
在庫あり。 在庫状況について
この商品は、Amazon.co.jp が販売、発送します。 ギフトラッピングを利用できます。
きっとキスをするとき (バーズコミックス ルチルコ... がカートに入りました
+ ¥ 257 関東への配送料
コンディション: 中古品: 良い
コメント: ◇◆配送:主にゆうメールによるポスト投函です◆当日もしくは翌々日までに発送いたします◆梱包:完全密封のビニール包装または宅配専用パックにてお届けいたします。◆商品:アマゾン専用在庫商品です。除菌クリーニング済◆◇
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
この画像を表示

きっとキスをするとき (バーズコミックス ルチルコレクション) コミック – 2017/1/24

5つ星のうち 3.7 6件のカスタマーレビュー

その他(2)の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格
新品 中古品
Kindle版
"もう一度試してください。"
コミック
"もう一度試してください。"
¥ 734
¥ 734 ¥ 334
click to open popover

キャンペーンおよび追加情報


よく一緒に購入されている商品

  • きっとキスをするとき (バーズコミックス ルチルコレクション)
  • +
  • 天使がコチラにおりまして。 (バーズコミックス ルチルコレクション)
  • +
  • 神様×俺サマ×お嫁様 (バーズコミックス リンクスコレクション)
総額: ¥2,127
ポイントの合計: 67pt (3%)
選択された商品をまとめて購入

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。



【Amazon Global】OTAKU Store
Figures, Video Games, Blu-ray, DVD and Music of Japanese Anime, Games and Pop Culture Shop now

商品の説明

内容紹介

親の再婚で弟になった悟のことを溺愛している進。正統派イケメンの幼なじみ光也と悟がキスしていたのを見てショックを受けるが! ?


登録情報

  • コミック
  • 出版社: 幻冬舎コミックスゲントウシャ (2017/1/24)
  • 言語: 日本語
  • ISBN-10: 4344838866
  • ISBN-13: 978-4344838864
  • 発売日: 2017/1/24
  • 商品パッケージの寸法: 18.2 x 12.8 x 1.5 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 3.7 6件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング:
  •  カタログ情報を更新する画像についてフィードバックを提供する、または さらに安い価格について知らせる


カスタマーレビュー

5つ星のうち 3.7

トップカスタマーレビュー

形式: コミック
正直、本当に面白くなかったです。魅力的なのは、可愛らしくてキラキラした絵だけ。
あらすじを少し見て、義兄弟ものだと飛びついたけど勘違い。
ただの幼馴染の攻めと受けがキスがどうのこうので、キスするまで5話も使用。
10話もあって、最終的に両想いで付き合っちゃうってだけの話。
受けの義弟もっと役立てろよ・・・。義弟がもっと独占欲丸出しで邪魔しまくるとか、強引に攻めこむとかしてよ!
全然面白くない、1つのCPに丸1冊使ってるのに、何もない。
こんな感じの話でも、雑誌で連載してるんですよね。よく打ち切られないですね。
丸々1冊使ってるし人気ってことですよね、信じられない。
どのコミックも話の展開がワンパターン、キャラデザのバリエーションの無さ。
この作家さんのコミックは1冊目からずっと購入してますが、いい加減もう終わりにします。
コメント 12人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
投稿者 CIBO トップ500レビュアー 投稿日 2017/1/24
形式: コミック
高校生の幼馴染、光也×進(しん)はいつも一緒。
最初は当て馬だとばかり思っていた血の繋がらない弟・悟がふたりの仲を進展させたり、
ちょっとだけ邪魔したりしますが、基本的にハラハラすることがなく、全体的に安心して
見ていられるカップルでした。
自分の気持ちを自覚するまでの進には少し焦らされましたが・・・。
個人的には、悟にはどちらかに片思いをしているパターンで独占欲を露わにしてふたりの
疑心暗鬼を増長させる・・・という話を読みたかったです。
コメント 2人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: コミック
ハラハラドキドキ、切な系、あるいはもっとダークなものが好きな方にとっては、酷評もあるのは仕方がないかも知れませんが、ほのぼのがこの作家さんの良いところだと思います。
私もハラハラドキドキ、切ない話も好きですので、確かに少し物足りないと言えばそうなのかも知れませんが、私はこの作家さんが割と好きなので毎回買ってはいますね。
たぶん作家さんの特色でしょうし、作家さん自身もそういう話を好んで描いているのではないかと思います。
絵は文句なしにかっこかわいいですし、そこはみなさん絵に関しては酷評はないですよね?
色々賛否はあるかも知れませんが、このほのぼの系のお話に酷評があって作家さんに伝わったとしても、冒険せずに私はこのスタイルを貫き通してもらいたいと思っています。
心が荒れてる時にほっこりするのはやはりこんなお話では?と思うので。
これは好みの問題かとは思いますので、苦手な方は読まなくて良いとは思います。
私は幅広く読むので(あまりにもダークな物や死にネタ系は苦手ですが)、時々はほのぼのした物も読みたいので、この作家さんのはまた買うと思います。
コメント 3人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告


フィードバック