¥ 1,404
通常配送無料 詳細
残り1点(入荷予定あり) 在庫状況について
この商品は、Amazon.co.jp が販売、発送します。 ギフトラッピングを利用できます。
きっとね。―虹のたもとへ旅立つ君たちへ がカートに入りました

お届け先住所
アドレス帳を使用するにはサインインしてください
または
-
正しい郵便番号を入力してください。
または
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
この画像を表示

きっとね。―虹のたもとへ旅立つ君たちへ 単行本 – 2011/6/28

5つ星のうち 3.9 14件のカスタマーレビュー

その他()の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格
新品 中古品
単行本
"もう一度試してください。"
¥ 1,404
¥ 1,404 ¥ 380

AmazonStudent

Amazon Student会員なら、この商品は+10%Amazonポイント還元(Amazonマーケットプレイスでのご注文は対象外)。

click to open popover

キャンペーンおよび追加情報


よく一緒に購入されている商品

  • きっとね。―虹のたもとへ旅立つ君たちへ
  • +
  • ここにいるよ
総額: ¥2,432
ポイントの合計: 74pt (3%)
選択された商品をまとめて購入

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。



【Amazon Global】OTAKU Store
Figures, Video Games, Blu-ray, DVD and Music of Japanese Anime, Games and Pop Culture Shop now

商品の説明

内容紹介

ワンと家族の6つの物語

『トイレの神様』で知られるシンガーソングライター・植村花菜さんの愛犬・チャッピーは、白い雑種の中型犬。ひとりだけ実家を離れておばあちゃんと暮らすことになった花菜さんが、寂しくなって時折、涙を流してしまったとき、いつもそばにいて涙を舐めてくれたのがチャッピーだった。
コッカースパニエルのバセが亡くなったとき、飼い主の藍さんは思ったという。「私が面倒みているつもりだったけど、生かされていたのは私のほうだったんだ」と。様子がおかしいからと獣医に連れて行ったのに「心配ない」と誤診され、気づいたときには手遅れに。そのバセがプレゼントしてくれた大切な日々をあらためて思うのだった・・・。
盲導犬としての任務をまっとうし、今は北海道盲導犬協会で悠々自適の日々を過ごす老犬たちの暮らし。老いた愛犬に必死の介護を施した飼い主の思い。足を患った後、散歩嫌いになってしまったダックスフントを救った手作りの車いす…など、ワンと家族の珠玉のエピソードを収載。
愛犬がくれた思い出の数々とともに、老犬介護の現実、看取りのあり方など、専門家の解説も加えた愛犬家必読の224ページ。

【編集担当からのおすすめ情報】
植村花花さんのヒット曲と同名の著書、『トイレの神様』では触れられていなかった愛犬・チャッピーとおばあちゃん、そして家族の暮らしを描いた第一章は、花菜さんファン必読。さらに、10年以上、家族として暮らしてきた愛犬との思い出を、それぞれの飼い主が語る第2章以後のノンフィクションも、愛犬家たちに感動と共感を呼ぶこと必至です。
経験豊富な獣医師とトレーナーが語る、それぞれの立場から老犬の病気治療や日常生活の知恵も充実。I

内容(「BOOK」データベースより)

惜しみない愛情を与えてくれた犬たちとの日々にやがて来る、別離の季節。そのとき、私たちにできることってなんだろう…?『トイレの神様』の植村花菜さんと愛犬・チャッピーの出会いと別れほか、飼い主たちが明かす感動の実話集。

商品の説明をすべて表示する

登録情報

  • 単行本: 222ページ
  • 出版社: 小学館 (2011/6/28)
  • 言語: 日本語
  • ISBN-10: 4093881782
  • ISBN-13: 978-4093881784
  • 発売日: 2011/6/28
  • 梱包サイズ: 18.8 x 13.2 x 1.8 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 3.9 14件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: 本 - 503,635位 (本の売れ筋ランキングを見る)
  • さらに安い価格について知らせる
    この商品を出品する場合、出品者サポートを通じて更新を提案したいですか?

  • 目次を見る

この商品を見た後に買っているのは?

カスタマーレビュー

トップカスタマーレビュー

形式: 単行本
最近愛犬が歳を重ねてきて、この本に出会うまでいつか別れのときがくるということを考えだすと寂しくてたまりませんでした。
でもこの本を読んで、その寂しさに溺れるよりも、その分の時間で彼らが虹の橋のもとへ行くまでどれだけ充実した生活をおくらせてあげられるかをもっと考えてあげようと思えるようになりました。

すでに愛犬の介護や愛犬との別れを経験した飼い主の方のリアルな話には、胸がしめつけられもしましたが、それでも前向きに生きている飼い主の方に、とても勇気をもらいました。

犬を飼うならば、いつか死んでしまうということもわかったうえで飼うべきだと私は思います。

今、犬を飼っている方にも、これから飼おうと思っている方にも、是非おすすめしたいと思った作品でした。
コメント 18人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本
やがておとずれる愛犬の老い。
飼い主として、最後まで向き合い、すべてを受け入れて
最良のケアと目一杯の愛情をそそいであげられたら
、悲しい中にも一緒に過ごせた幸福感を持って
虹の橋へと送り出してあげられるのかなと思いました。
元気な時だけじゃなく、大変な事にも直面する
わんことの長い時間のお話を、これから飼おうと思っている人も
読んでみるといいかなと思います。
コメント 16人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本
それぞれの飼い主さんが一生懸命愛犬と向き合う姿に感動しました。
かなり号泣しちゃったところもありますが、愛犬と暮らすことの楽しさも
たっぷり伝わってくるし、悲しい別れを体験した家族の話も、
辛い話だけに終わってなく、ある種清々しい気持ちにさせてくれる1冊です。

人間より寿命の短いワンコと暮らしていますが、この本に出会って、
益々充実した時間を過ごせるような前向きな気持ちになれました。
獣医さんやドッグトレーナーさんからの話もあり、
1冊で様々な角度から楽しめる有益な本でした。
コメント 16人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本
よく言われていることだけど、犬を飼うということはもう1人家族が増えるということなんだということを、うれしいことも悲しいことも全部ふくめて本当に理解できた気がします。犬も年をとれば人間と同じように病気をするし前とは同じにはいられない。大変なときにとことんつきあえる覚悟はあるか、読みながら自分自身はどうなのか考えさせられました。うちの子はまだまだ元気だけれど、なんか様子がおかしいと思ったときの病院のかかり方や保険がきかない医療費のこともわかりやすく書かれていたので勉強になりました。「天国への道の途中に、門へと続く「虹の橋」があります あなたの愛したどうぶつは、いのちを終えるとそのたもとへ行くのです」という虹の橋という詩がとても好きです。
コメント 21人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
投稿者 erimama 投稿日 2011/7/13
形式: 単行本
本文にもある「虹の橋」の詩がとても好きです。以前愛犬を亡くしていますが、この詩を知ってから寂しさが減りました。
いつかきっとまた会えるんだと、希望を与えてくれる詩です。
この本の中のそれぞれの家族は、愛犬を亡くしたり、介護中だったりするのに、悲観ばかりではなく希望が感じられました。
介護が現在進行中の家族のお写真からも、とても幸せな様子が伝わってきました。皆さんとてもいい笑顔ですね。
見ているこっちが幸せな気持ちになれます。こういう本って今まであまり無かったのでは?と思いました。
コメント 14人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本 Amazonで購入
ペットと暮らしたら避けては通れない、いつか必ず訪れるペットの病、老い、そして死。
かわいくて癒されるペット本は多いけれど、
目をそむけていたい問題にあえて真正面から取り組んだ本書に好感を持ちました。
犬と家族のエピソードが丁寧に取材され、臨場感をもって胸にせまるシーンがいくつもありました。
最後の獣医師とドッグトレーナーのインタビューはとても勉強になります。
うちは猫ですが、我が家にきてくれたときから、何度、
彼が虹の橋を渡る夢を見てうなされたことか。
その日が怖くてたまらないのです。
そんなわたしに、覚悟を教えてくれた1冊になりました。
その日が来ても後悔することがないように、
ペットとの日々を大切に、愛おしんで過ごしたいと思います。
コメント 13人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告

最近のカスタマーレビュー


関連商品を探す