Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Windows Phone
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。

Kindle 価格: ¥ 100
100万冊以上を読み放題でお読みいただけます。 詳細はこちら
読み放題で読む
または

これらのプロモーションはこの商品に適用されます:

Kindle または他の端末に配信

Kindle または他の端末に配信

[高野義博]のきっかけ哲学: 心ゆさぶるフレーズ集 はじめての哲学シリ-ズ2-5
Kindle App Ad

きっかけ哲学: 心ゆさぶるフレーズ集 はじめての哲学シリ-ズ2-5 Kindle版


その他()の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格
新品 中古品
Kindle版, 2014/6/3
"もう一度試してください。"
¥ 100

商品の説明

内容紹介

拙著『情緒の力業』第7章からの引用文を抜き出しました。272の引用集です。スマホ・タブレットに保存しておいて、修行のひとしぐさとして、ひらめきの嵐にまみえたいときなどに一寸お楽しみください。

[書評]
Book Review 情緒の力業 高野 義博著
                     針生清人(東洋大学文学部教授、校友会副会長)

 世の識者は屡々(しばしば)「哲学が今こそ必要だ」という。それは現代社会に「哲学」が欠如しているからだという。しかし他方で、『ソフィーの世界』の爆発的な売れ行きを見て、「哲学が流行している」ともいわれている。しかし哲学は他者に要求されて始めるものでも、流行となるようなものでもあるまい。
 「生きるに値する人生とは何か」、「世界とは何か」、「かく生き、かく問う私とは何か」を問うことから始まるのが哲学の元来だとすれば、各自が内発的に「哲学する」ことにこそ意義があるのであって、本書はその好個の例だといえる。前述の問いは、概念が先か個物が先かの如き抽象的な形式で問いを立て、それに対して客観的な答を用意して教説する講壇哲学者とは異なって、問わずにおれぬが故に問うところのものであり、真に「哲学する」ことを示す重味が本書にはある。そうであれば、本書の内容を要約して紹介するよりは、本書が成立した所以のことを紹介した方がより意義があると思われる。
 高野義博氏はヤスパースの「暗号について」を卒業論文(百枚)として提出した(主査故飯島宗享教授)。すでにロマン派の文学は自然と歴史を神の暗号と見なしていたが、ヤスパースも哲学と宗教の歴史、超越者との出会いという人類の最も重要な経験がいわば暗号で書かれていると主唱し、自己の哲学的な経験こそがこの暗号を解読し得るのであって、そうでない者にとっては暗号で書かれている深部はないかのようである。いうならば、科学的、合理的な目には歴史の表層しか見えぬということである。この問題を取り上げていた著者には、理性を万能とする知的な、科学的な客観主義への懐疑が既にあり、「私とは何か」の問いの暗号解読を試みていた。このことに関わって、校庭に遊ぶ友人達に突如、意識が集中して、「存在の事実として、客観的対象として、そこに彼等が居る事実を認めさせられた」という中学生時代の経験を卒論に記述していた。これが著者の哲学することの原点であったが、硬直した客観主義に批判的な実存主義者であった指導教授の故飯島教授は、後に、『気分の哲学―失われた想像力を求めて―』という著書に於いて著者のこの「経験」を引用されたのである。このことは、著者にとって卒論に記述された私的な問題であったものが、公刊、公開されたことによって社会的営為となったため、更に深くこの問題を問いつめることを不可避としたのである。その追求は三十代を貫いて六百三十枚の『述語は永遠に…』となったのであるが、そこでの結論は、「私とは何か」を問うには知的な、科学的な客観主義に基く探求では限界があるということであり、概念ならざるものによる探求が更に進められ、本書となったのである。著者は社会人として生きながら、思索と読書と執筆に明け暮れ、「人生から三十代が抜け落ちていた」といわしめるほど、「哲学する」ものが格闘してきた軌跡を示すのが本書である。
 本書の成立を支えたのは膨大なる読書量である。それは巻末に「文献一覧」として示されている。著者によると「三百冊程の本全てが一冊一冊有機的繋がりを持ち、読み進む度に新たな可能性が現れ細部が強固になる異常な精神の興奮の渦中で、意図せずに、自然に、幾多の啓示を受けたかのように、帰納的に或るヴィジョンが塊となった」というものである。しかも、読了した一冊一冊について、著者の心を深く捉えたと思われる箇所を引用し、列挙している。一読書人の読書記録としても壮観である。
 著者が「哲学する」ことは更に続くであろうから、本書は尚「途上にあるもの」であるが、その論述されているところは的確であり、説得的である。著者が身辺を見回し、人生の意味を問い始めたのは、中学生時代の体験を問い直すことによってである。このことについて、著者は孔子の「吾十有五而志干学」における「志学」を考える。それまで与えられた環境、習慣、伝統等にただ順応して生き、全てを「見て見ず」であった事象を初めて意識的にそれを「それ」として「そこ」に見るということによって、即有的な状態に外部世界=現実が出現し、主客分離が始まるという。このことが「志学」の意味だという。我々は本書を読むことで、「哲学する」志学一年を始め得るといえよう。
(東洋大学校友会報第188号 平成八年七月三十一日発行)

『情緒の力業』税・送料込み800円でセール中。→https://hajimetenotetugaku.syncsell.jp/ (右クリックです)


「はじめての哲学」一覧

1.『情緒の力業』 https://hajimetenotetugaku.syncsell.jp/
2.「童女のようにはしゃいだギリシャ旅行記」 http://goo.gl/IKMuaj
3.「きっかけ哲学-心ゆさぶるフレーズ集」 http://goo.gl/TqqoJa
4.「暗号について」 http://goo.gl/BCpbeI
5.「天空に舞う」 http://goo.gl/Ks0BUp
6.「述語は永遠に……」 http://goo.gl/vR6oAe
7.  「ソクラテス來迎」 https://goo.gl/9pcLEp


[書誌一覧]
昭和34年~昭和37年(18~21歳)「雑感雑記」大学ノート50冊
昭和42年(26歳)学部卒業論文「ヤスパ-スの暗号について」400字詰め原稿用紙100枚
昭和45年(29歳)飯島宗享『気分の哲学』に上記卒論引用
昭和56年(40歳)小説『述語は永遠に……』400字詰め原稿用紙636枚脱稿
平成07年(54歳)評論『情緒の力業』(400字詰め原稿用紙553枚)近代文芸社 出版
平成08年(55歳)同上書評「東洋大学校友会報」No.188 針生清人氏
平成09年(56歳)旅行記「童女のようにはしゃいだギリシャ旅行記」
平成24年(71歳)『述語は永遠に……』電子化
平成24年(71歳)説話集「天空に舞う」発行
平成26年(73歳)「惚けた遊び」編集
平成26年(73歳)「暗号について」編集
平成26年(73歳)Webサイト・Kindleストアに電子書籍20冊をアップ


●ブログ http://blog.goo.ne.jp/hajimetenotetugaku

登録情報

  • フォーマット: Kindle版
  • ファイルサイズ: 3752 KB
  • 紙の本の長さ: 73 ページ
  • 出版社: 高野義博; 3版 (2014/6/3)
  • 販売: Amazon Services International, Inc.
  • 言語: 日本語
  • ASIN: B00KRAT1O4
  • X-Ray:
  • Word Wise: 有効にされていません
  • おすすめ度: この商品の最初のレビューを書き込んでください。
  • Amazon 売れ筋ランキング: Kindleストア 有料タイトル - 160,983位 (Kindleストア 有料タイトルの売れ筋ランキングを見る)
  • さらに安い価格について知らせる


カスタマーレビュー

まだカスタマーレビューはありません。
星5つ
0
星4つ
0
星3つ
0
星2つ
0
星1つ
0
他のお客様にも意見を伝えましょう
click to open popover