通常配送無料 詳細
残り1点(入荷予定あり) 在庫状況について
この商品は、Amazon.co.jp が販売、発送します。 ギフトラッピングを利用できます。
きぜんと撤収!! 邪神大沼 8 (ガガガ文庫) がカートに入りました
+ ¥ 257 関東への配送料
コンディション: 中古品: 非常に良い
コメント: 帯付属しております。特に目立ったキズなどもなく、良好な状態です。
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
この画像を表示

きぜんと撤収!! 邪神大沼 8 (ガガガ文庫) 文庫 – 2011/10/18

5つ星のうち 4.8 5件のカスタマーレビュー

その他(2)の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格
新品 中古品
Kindle版
"もう一度試してください。"
文庫
"もう一度試してください。"
¥ 617
¥ 617 ¥ 1

AmazonStudent

Amazon Student会員なら、この商品は+10%Amazonポイント還元(Amazonマーケットプレイスでのご注文は対象外)。

click to open popover

キャンペーンおよび追加情報


よく一緒に購入されている商品

  • きぜんと撤収!! 邪神大沼 8 (ガガガ文庫)
  • +
  • あえなく昇天!! 邪神大沼7 (ガガガ文庫)
  • +
  • じんわり君臨!! 邪神大沼 5 (ガガガ文庫)
総額: ¥1,851
ポイントの合計: 75pt (4%)
選択された商品をまとめて購入

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。



【Amazon Global】OTAKU Store
Figures, Video Games, Blu-ray, DVD and Music of Japanese Anime, Games and Pop Culture Shop now

商品の説明

内容(「BOOK」データベースより)

“おわりに”勇者を倒し、異例のランクアップで「名誉准上級邪神代理補佐風味」となった大沼貴幸。全邪協からはグールCの粛清を求められるが、その身体にまたも異変が!協力を求めた勇者・露都は、勇者グッズのネットオークション販売で忙しく、通信教育黒魔術師の凛は野菜ソムリエに鞍替え中で役に立たず。立花医院へ捜査に潜った姉小路も、モテないのは病気だと逆洗脳されてしまう…。はたして、大オチはつけられるのか!?「マニュアル」からはじまった、大沼くんのイキイキ邪神ライフ。オールキャストでついに“完”。


登録情報

  • 文庫: 248ページ
  • 出版社: 小学館 (2011/10/18)
  • 言語: 日本語
  • ISBN-10: 4094513027
  • ISBN-13: 978-4094513028
  • 発売日: 2011/10/18
  • 商品パッケージの寸法: 15 x 10.6 x 1.8 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 4.8 5件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: 本 - 731,544位 (本の売れ筋ランキングを見る)
  • さらに安い価格について知らせる
    この商品を出品する場合、出品者サポートを通じて更新を提案したいですか?


この商品を見た後に買っているのは?

カスタマーレビュー

5つ星のうち 4.8
あなたのご意見やご感想を教えてください

トップカスタマーレビュー

形式: 文庫 Amazonで購入
本当にギャグのみで8巻もストーリーを続けてきた偉業的シリーズもこれにて完結です。

今作品のストーリーだけを見るとまるで連載漫画の打ち切りのように急展開が続きます。
やる必要も無いのに過去の巻の話をまるで伏線だったかのように持ち出しては、
たいして広げてもいない風呂敷を豪快に畳みこんでいます。

それにもかかわらず読了後には満足感があるのは不思議です。
まさに怪作といったところでしょうか。

新シリーズがすでに刊行されておりますが、
川岸殴魚先生には今後も期待しております。

今作品の最後の一行ですが、
読み解き方によっては強烈なラストに思えてくるのは私だけでしょうか・・・
コメント 6人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 文庫
この作者のギャグセンスは毎回すごい。
日常にありそうなネタを邪神風にアレンジすると、こうも面白く感じてしまうとは私自身びっくりです。

特に黒ペン先生と地域住民の対立は某番組の『○の現場』を想起させ吹きだしてしまった。
さらに口コミを必死に操作する様は実に滑稽で、彼の行く末が気になって仕方ない。

ストーリーは最後らしいシリアスな場面も含まれてますが基本的にギャグ一辺倒。
今まで通り笑いだけを目的に読んでも十分満足できる内容です。

やはりというべきか、土御門加奈の出番の少なさは異常。
意図的にやっているとしか思えない(笑)
コメント 4人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 文庫
何と言うか、このシリーズどうやって終わらせるんだろう?という心配を杞憂にさせてくれた作品の第8弾にして最終巻。言ってしまえば大仰な荒唐無稽(褒め言葉)を最後まで維持しながら、そして多少どころではない無理矢理感も内包しながら、それでも(何となくな感じであっても)エンディングらしさをきっちり見せているのは、ある意味さすがと言えるのかもしれない。グールCや全邪協関東支部の「正体」などは強引も甚だしいのだが本シリーズでは全然許される所業であろう(褒め言葉)。逆に、最後の一文でつけたオチなどは落語のような趣を感じさせるものだった。

元より笑いの感覚が合致している読み手のみが喝采を贈る作風なので、最初から振るいにかけているシリーズではあったが、それを最後まで貫き通し、テンションを総じて維持した点については素直に「お疲れ様でした」と申したい。終幕は残念至極だが、それもネタ切れであれば致し方なし!と思うほかあるまい。存分に楽しませていただき感謝するばかりである。

ただ、『編集後記』と題されたP.228からの2頁は意味が分からなかった。
コメント 2人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 文庫 Amazonで購入
ネタバレになりますが、エンドが普通の小説っぽく幕引きも普通っぽいです。
ラノベって感じじゃないですね。ジュブナイル小説的な?
笑えることには変わりありませんのでぜひ見かけたらお手にとって見てください。
コメント 2人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 文庫
この話はおしろいある意味逆に読者を裏切って裏切ってない なんとなく勝ちこしさんを感じた。ロリ、ツン、デレ、電波全て含まれている。大変な完成度。次作も必ず購入します ほねぇ。
コメント 2人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告