中古品:
¥ 1,825
2000円以上国内配送料無料(一部例外あり)でお届けします。 詳細
コンディション: 中古品: 非常に良い
コメント: ジャケットデザインが画像とは異なります。中古品のため商品は多少のキズ・使用感がございます。デジタルコピー、ダウンロード等は使用できません。記載ない限り予約特典などは付属致しません。商品はアマゾン倉庫内にある為、商品に関する個別のお問合せにはお答えできません。万が一、品質不備があった場合は返金対応致します。(管理ラベルは跡が残らず剥がせます)
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する

きけ、わだつみの声 [DVD]

5つ星のうち 2.6 17件のカスタマーレビュー

出品者からお求めいただけます。 在庫状況について
新品の出品:2¥ 7,524より 中古品の出品:6¥ 1,825より

Amazonビデオ

Amazonビデオは新作映画や話題のTV番組、アニメなどをいつでも気軽に楽しめるデジタルビデオ配信サービスです。 パソコンやFireのほかiPhoneやiPadでも観ることができます。詳細はこちら

【Amazon Global】OTAKU Store
Figures, Video Games, Blu-ray, DVD and Music of Japanese Anime, Games and Pop Culture Shop now

キャンペーンおよび追加情報

  • 予約商品を通常商品と同時にご注文の場合、通常商品も予約商品の発売日にまとめて発送される場合がございます。通常商品の配送をお急ぎの方は別々にご注文されることをおすすめします。 予約注文・限定版/初回版・特典に関する注意はこちらをご覧ください。

  • Amazon.co.jpが販売する一部の商品はお一人様のご注文数量を限定させていただいております。限定数量を超えるご注文の際にはキャンセルさせていただく場合がございますのであらかじめご了承ください。

  • 【買取サービス】 Amazonアカウントを使用して簡単お申し込み。売りたいと思った時に、宅配買取もしくは出張買取を選択してご利用いただけます。 今すぐチェック。


この商品を見た後に買っているのは?


登録情報

  • 出演: 織田裕二, 緒形直人, 風間トオル, 的場浩司, 鶴田真由
  • 監督: 出目昌伸
  • 形式: Color, Dolby, Widescreen
  • リージョンコード: リージョン2 (このDVDは、他の国では再生できない可能性があります。詳細についてはこちらをご覧ください DVDの仕様。)
  • 画面サイズ: 2.35:1
  • ディスク枚数: 1
  • 販売元: 東映ビデオ
  • 発売日 2004/08/06
  • 時間: 130 分
  • おすすめ度: 5つ星のうち 2.6 17件のカスタマーレビュー
  • ASIN: B00028X9YE
  • JAN: 4988101110322
  • Amazon 売れ筋ランキング: DVD - 118,057位 (DVDの売れ筋ランキングを見る)
  • さらに安い価格について知らせる
    この商品を出品する場合、出品者サポートを通じて更新を提案したいですか?

商品の説明

内容(「Oricon」データベースより)

1950年に製作された関川秀雄監督の「きけわだつみの声」を出目昌伸監督がリメイク。第二次大戦の中で青春を送った若者たちの友情、生と死を描く。出演は織田裕二、風間トオル、仲村トオルほか。

レビュー

監督: 出目昌信 脚本: 早坂暁 出演: 織田裕二/風間トオル/仲村トオル/緒形直人
-- 内容(「CDジャーナル」データベースより)

カスタマーレビュー

トップカスタマーレビュー

戦争映画は邦画、洋画を含めて数作見ましたが、この作品は戦争の悲惨さを訴えるには
設定も演出も半端でシーンごとにばらばらのパネルを見ているようで気づいたら
かなり俯瞰した状態で見てしまって場面に入り込めません。
ドキュメンタリーとして製作しているのならこういった構成でもいい気もするのですが、
映画として製作されていて、当時の若手俳優をここまで総出演させておきながら人物にも
情景にもスポットが絞られておらず、(ここまでメンバーを揃えてしまったゆえに?)
また、織田さんをはじめ的場さん、風間さんらも
とてもいい演技をされているのに役者の良さを全く生かしきれていないと思います。
特に印象としてはどのシーンも内容から仕方ないのかもと思いますがかなり暗く、
凝視していないと誰が映っているのかも分からない場面が多いです。
なので、役者の表情が分かりにくくて織田さんの微妙な表情などは全くカメラで拾いきれていません。
沈黙で演技をする場面はかなり酷です。
全体として資料映像や外部からの映像に頼りすぎなので、もっとこの映画のシーンとして
撮影されたものを使ったほうが作品に入っていけるような気がします。
それにしても最初と最後の演出は必要ないと思うのですが、何を意図
...続きを読む ›
コメント 22人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
素朴な感想ですが、脚色の仕方に違和感を持ちました。過剰な色づけは戦死者に対しても映画を観るものに対しても失礼ではないでしょうか?反戦色が過ぎると思います。反戦は現代の日本においてほぼ共通の価値観ではあるでしょうが、戦死者の方々が生前書かれたもののを読むと、多くの方はあの戦争の意義を信じておられた様に思いますし、懐疑的な見方ないし冷静に戦局を見極められた方も、戦士として誇り高く日本を愛しておられたと思います。彼らの思いをあるがままに受け止め敬意を持つのは今を生きる我々の義務です。そのことと反戦とは異質なものでしょう。素材にもう少し忠実に描いて欲しかったし、その上で戦争の是非を鑑賞者に問うべきではないかと思います。観終わってから暫くは腹がたってなりませんでした。
1 コメント 60人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
投稿者 カスタマー 投稿日 2004/11/16
こういう映画には、あまり今、活躍中の俳優さんは主人公に使わない方がいいのでは...と思いました。
例えば、織田裕二さんについては、「東京ラブストリ―」とかTVドラマや他の映画での印象があまりにも強すぎて、
…あの戦時中の「死」と向き合って生きねばならなかった、食料難で体の細かった若者の雰囲気とは随分違う、…まるで健康
(体力的にも精神的にも)なんですね。だから、現実味がない。
また、話もちょっと欲張りすぎているというのか、実話をベースに作ったのは分かるんですが、それがあまりにも沢山の話しを基にしてあるので、次から次ぎへといろんな人の人生に放り込まれる感じ…じっくり味わえないでした。
余計なシーンも多いような気がしたし、こんな事ありえないな…と思うシーンもあったりして、なんか日本映画に多いお粗末な
作品でした。
期待が大きかっただけに、残念です。
コメント 26人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
内容も主に何を伝えたいのかも解らない。
この映画の元になる書籍きけわだつみの声は、学徒兵の遺稿集だが戦争に肯定的な文章を意図的に削除し、
否定的な文章しか載せていない時点で偏っている。

レイプシーンが度々出るが帝國軍人はレイプマシーンだったと言いたいのか?
まったくなかったとは言わんが、反日思想丸出しの映画だね。

帝国軍人がレイプをしまくっていた。映画の中で、その部分が一番強調されてたように思う。

監督の思想は左に偏っているのだろう。
1 コメント 19人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
学徒出陣壮行会のシーンにおいて、行進に遅れた兵隊を将校が暴行するシーンがあります。

多数のお偉いさんも見に来ている壮行会において現実にはありえない話で、この一事をもってしても作り手がどのような意図で作った映画なのかが知れます。

反戦の志は立派ですが、その為に徒に史実を曲げてしまっては、それこそ戦中の大本営発表と同じこと。右か左かの違いしかありません。

見る側の立場がどうあれ、戦争映画ならばもっとまともな作品はいくらでもあります。
この映画は見る価値なし。時間の無駄です。
コメント 24人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告

最近のカスタマーレビュー



関連商品を探す