¥ 691
通常配送無料 詳細
残り7点(入荷予定あり) 在庫状況について
この商品は、Amazon.co.jp が販売、発送します。 ギフトラッピングを利用できます。
きかんしゃやえもん (岩波の子どもの本) がカートに入りました

お届け先住所
アドレス帳を使用するにはサインインしてください
または
-
正しい郵便番号を入力してください。
または
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
この画像を表示

きかんしゃやえもん (岩波の子どもの本) 単行本 – 1959/12/5

5つ星のうち 4.5 48件のカスタマーレビュー

その他()の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格
新品 中古品
単行本
"もう一度試してください。"
¥ 691
¥ 691 ¥ 1
この商品の特別キャンペーン 本とのまとめ買いで対象商品が10%OFF 1 件


AmazonStudent

Amazon Student会員なら、この商品は+10%Amazonポイント還元(Amazonマーケットプレイスでのご注文は対象外)。

click to open popover

キャンペーンおよび追加情報


よく一緒に購入されている商品

  • きかんしゃやえもん (岩波の子どもの本)
  • +
  • ちいさいおうち (岩波の子どもの本)
  • +
  • ちびくろ・さんぼ
総額: ¥2,462
ポイントの合計: 72pt (3%)
選択された商品をまとめて購入

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。



【Amazon Global】OTAKU Store
Figures, Video Games, Blu-ray, DVD and Music of Japanese Anime, Games and Pop Culture Shop now

商品の説明

内容紹介

年をとってしまった機関車のやえもん。くず鉄にされる運命が待っていたのですが、ある日、交通博物館の人がゆずってほしいと申しこんできました。


登録情報

  • 単行本: 45ページ
  • 出版社: 岩波書店; 改版 (1959/12/5)
  • ISBN-10: 4001151227
  • ISBN-13: 978-4001151220
  • 発売日: 1959/12/5
  • 梱包サイズ: 20.2 x 16.2 x 0.8 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 4.5 48件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: 本 - 48,311位 (本の売れ筋ランキングを見る)
  • さらに安い価格について知らせる
    この商品を出品する場合、出品者サポートを通じて更新を提案したいですか?


この商品を見た後に買っているのは?

カスタマーレビュー

トップカスタマーレビュー

形式: 単行本 Amazonで購入
子どもの頃に大好きだった本。ネットで見つけ友人の子どもにプレゼントしてとても喜ばれました。ついでに自身のぶんも買い、懐かしく嬉しく、心が温かくなります。
コメント このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
投稿者 pommier_pomme トップ1000レビュアー 投稿日 2017/4/15
形式: 単行本 Amazonで購入
3歳の子供に購入しましたが、少し早かったです。文章が多過ぎて読むほうも大変です。電車好きのこどもに気軽に買って読めるタイプの本ではないです。小学校一年生くらいが適性年齢でしょう。それ以下の年齢では、本が好きで読み慣れている子でないとむずかしいです。時代背景も古いので、石炭やレールバスなどあまり聞いたことのない単語も出て来ます。知らない言葉が出てくると、やはり馴染めないものがあると思います。実物を見て中を読んでいたら、まだ早いと買っていなかったと思います。ネット買いのこわいところです。
ただ、やはり名作絵本だけあって、やえもんやレールバス、電車の台詞はおもしろいものがあります。いちいち語尾に特徴的な言い方を入れているので、最初は読み聞かせするのに手こずりましたが、慣れてしまえばその言い回しが子供にも面白いし、読み手も楽しく読めるようになります。リズムがあり、何度も繰り返し読みたくなります。
いじめともとれるような強烈な言い回しもありますが、子供は元来残酷なもので、同じ名作絵本の「三びきのやぎのがらがらどん」でもそうですが、めちゃめちゃにやっつけてしまうような言い回しを刺激的に面白く受け止めたりもするでしょう。3歳時点に買ってしまったので、これから長く親しめる絵本となりそうです。
ただやはり古く、名作といえど現代の子供には馴染みにくくなってきているのは事実だと思うので、星3つです。
コメント このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本 Amazonで購入
娘に買ってやり、30年後に孫に買ってやった。
書籍寿命の長い絵本である。
コメント 2人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本 Amazonで購入
このお話の結末に交通博物館というものが出るのですが前の持ち主が交通博物館の一つだったみたいで笑顔になりました。
コメント このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
投稿者 米橋清治 トップ500レビュアー 投稿日 2016/11/15
形式: 単行本
本作やえもんのモデルは云はずもがな、官鉄開業時に於て英国バルカン・ファウンドリィ社より本邦購入せし1号機関車、即ち150型也。
1号機関車と銘打たれし彼の機関車の幸不幸、されど、後々の鉄道車両全てに共通せし処となるは論を待たず。
抑々蒸気機関車其物は固より、後の国鉄電気機関車、ディーゼル機関車、電車、気動車、客車そして貨車の何れも、更には分割・民営化後に登場せし車両の全てにおいて、彼のやえもんの如き運命を些かも免れたるものなし。
其本邦の誇りし新幹線電車と云へどもその例を免れず。

子どものころ、何度か読んで、私は何かを感じていた。
結局私は、鉄道(ただし趣味)界の末席に名を連ね、今日に至っているが、この絵本で学んだことは、すべての鉄道車両に、いや、自動車、船舶、飛行機、エトセトラ、エトセトラ・・・・・
全ての乗り物、否、すべてのモノ、否否、人においても共通の要素を持っているのであることを肌身で知るためのきっかけとなった。

それは、鴨長明がかつて「方丈記」にて記した通りのまさに、「無常感」の世界である。
鉄道の世界も、例外ではない。
かの1号機関車150型は、幸運にも「1」という数字をいただいたがゆえに、この世に保存されている。
だがその後、木くず、鉄くずと化し
...続きを読む ›
コメント このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
投稿者 カスタマー 投稿日 2000/12/22
形式: 単行本
私が子供の頃読んだ絵本を偶然見つけて、懐かしさのあまり自分の子供にも購入したのですが、むかしかかれた本でも時代の違和感無くとても面白い絵本ですよ。特に電車ずきの息子は何度もページをめくっては楽しそうにしています。やえもんが語尾に「しゃー」をつけて話すので私たち夫婦も時々やえもん語が移ってしまうほどです。今ではあまり見られなくなった機関車ですが絵本の中ではちゃんと生き生きと描かれていますよ。
コメント 34人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
投稿者 TOSHI!! トップ500レビュアー 投稿日 2014/8/11
形式: 単行本
近隣にポツンとできた古書店。店頭でヤケてボロになった1冊。
思わず手にとりました。あまりの懐かしさに。

なんと、昭和34年12月5日刊の初刷です。私の生まれる前の本だったんですね。
確かにこの1冊は自宅にもあって、小学生のころには弟とラクガキしまくりながら読みふけったものです。
今回、不思議に違和感を覚えません。挿絵はレールバスやE系の電気機関車が主体で、新幹線すらない時代。
(かの「ビジネス特急」の電車特急、151系電車の「こだま」の就役が、昭和53年11月です)

私がこの本を巡って弟と取っ組み合いをしていた頃、未だ都内の青梅街道には都電が走り、渋谷には
トロリーバスがありました。

このボロっちくなった絵本は、そのまま“やえもん”と重なります。どんなにか多くの子供を楽しませて
きたのか、と思う度に開きたくなります。

記述上も、その道の積年のマニアである阿川弘之氏だけあって、平易ながら正確な記述。端正な日本語に
子供と鉄道への愛情が実感されます。

つい先年まで、アキバ歩きのついでに、万世橋の交通博物館でいつでも会えた“やえもん”こと1号機関車。
鉄道博物館(大宮)に移されてからは会っていません。無性に会いたくなる。そんな懐かしい1冊です。
コメント 6人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告

最近のカスタマーレビュー

同様の商品をご覧になりませんか? こちらのリンクで参照ください。1歳 絵本