¥ 1,080
通常配送無料 詳細
残り8点(入荷予定あり) 在庫状況について
この商品は、Amazon.co.jp が販売、発送します。 ギフトラッピングを利用できます。
きいろいのは ちょうちょ (五味太郎・しかけ絵本 ... がカートに入りました
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
この画像を表示

きいろいのは ちょうちょ (五味太郎・しかけ絵本 (1)) 単行本 – 1983/3

5つ星のうち 4.8 31件のカスタマーレビュー

その他()の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格
新品 中古品
単行本
"もう一度試してください。"
¥ 1,080
¥ 1,080 ¥ 21

AmazonStudent

Amazon Student会員なら、この商品は+10%Amazonポイント還元(Amazonマーケットプレイスでのご注文は対象外)。

click to open popover

キャンペーンおよび追加情報


よく一緒に購入されている商品

  • きいろいのは ちょうちょ (五味太郎・しかけ絵本 (1))
  • +
  • たべたのだあれ (どうぶつあれあれえほん)
  • +
  • かくしたのだあれ (どうぶつあれあれえほん)
総額: ¥2,376
ポイントの合計: 73pt (3%)
選択された商品をまとめて購入

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。



2017年本屋大賞は『蜜蜂と遠雷』に
大賞は『蜜蜂と遠雷』恩田陸!2位は『みかづき』森絵都、3位『罪の声』塩田武士 …>> 作品一覧はこちら

商品の説明

商品説明

   独特のデザインとその色彩感覚にファンも多い五味太郎によるしかけ絵本で、全国学校図書館協議会、日本図書館協会に選定されている1冊。偕成社の「五味太郎 しかけ絵本」シリーズとしては、他に『とうさんまいご』 『まどからおくりもの』がある。

「きいろいのは ちょうちょ…」と思って男の子がアミをかぶせると、「あれ ちょうちょ じゃない」。そこにあるのは、花だったり、ひよこだったり、風船だったり。何度つかまえても違うから、男の子も段々不安になってきて、ついには「きいろいのは…もう ぜったいに ちょうちょ じゃない…」

   ちょうちょの形に穴があいて、ページをめくるのが楽しみなしかけ絵本である。つかまえようとするページをめくると、穴がサングラスやリボン、ブタの鼻などに変化するのも、また楽しい。カラフルなイラストとくり返しの文章は、小さな子どもたちの心をとらえる魅力にあふれており、読み聞かせに最適の1冊である。(小山由絵)


登録情報

  • 単行本
  • 出版社: 偕成社 (1983/03)
  • 言語: 日本語
  • ISBN-10: 4033380108
  • ISBN-13: 978-4033380100
  • 発売日: 1983/03
  • 商品パッケージの寸法: 24.2 x 20.2 x 0.8 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 4.8 31件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: 本 - 8,069位 (本の売れ筋ランキングを見る)
  • さらに安い価格について知らせる
    この商品を出品する場合、出品者サポートを通じて更新を提案したいですか?


カスタマーレビュー

5つ星のうち 4.8
あなたのご意見やご感想を教えてください

トップカスタマーレビュー

投稿者 カスタマー 投稿日 2003/3/6
形式: 単行本
絵本の「読み聞かせ」が大切だと人から薦められ図書館通いを始めました。
1歳半の息子は初め絵本に興味を示さなかったのですが、この本にははまった!!朝からずっとページをめくっては「ちょうちょ、ちょうちょ」と指を指して教えてくれます。(この本でちょうちょという言葉が言えるようになりました)そして返却期限が迫り持って行こうとすると、なんと泣いてしまいました。
そこまで好きならと僕専用の「ちょうちょ」を与える決心をしたわけです。
ちなみに主人から指摘されて気付いたのですがページをめっくた裏側もしかけになってるんですね。なるほど・・・私もはまりました。(代筆:妻)
コメント 21人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本
生まれて早いうちから、絵本を読ませてあげたいと思った時、なかなか良い本は見つかりません。字が多かったり、絵がいまひとつだったり、単純すぎたりと、なかなか合格点がだせるものがありませんでした。そんな中でこの作品は生まれて4ヶ月ぐらいの赤ちゃんにも読ませられる最高の絵本だと思います。言葉も分かりやすく、絵もはっきりとしてきれいなので、子供も楽しいし、読んでる大人も楽しいのです。4ヶ月の子供に読んであげていますが、とても喜んでます。知育の面でも、ゆたかな日本語力をつけるのに役に立つと思います。「きいろいのはちょうちょ」と表現する方法を、様々な形で表現しています。いろいろ絵本を買った中で、0歳児から楽しめて、知育にもなる本としては最高傑作です。お勧めの一冊!です。
コメント 23人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本
何気なく右のページでちょうちょだ!と思ったものがやはり違ったっ・・・というのばかりこどもと追っかけて読んでいた。が、ある時、下の息子が「だるまさん!!」っとちょうちょの切り抜きに指をつっこんで喜んでいるのをみて「ちょっと!!破けるじゃないのよ!」っとしかってからよくみると、な、な、なんと左のページがこんなことになっていたとは!?あわてて最初から見直してこどもそっちのけで「ん〜、なかなかにくいことをやってくれるじゃないか!」と関心してしまいました。主人に得意げに「こんなんになってたの、知ってた?」っときくと「お!おぉ!!」と感激していましたよ(笑)絵がかわいいだけじゃない五味ワールド!!奥が深いですな。
コメント 6人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本
1歳になったばかりの息子には、しかけ絵本はまだ少し早いかなと思いながら購入しましたが届いた日からお気に入りの1冊になっています。いろんな場所で、きいろいちょうちょを探しているのだけどなかなか見つからずに主人公の男の子の表情の変化など、とても楽しい絵本でしたし色づかいがとても綺麗です。
コメント 6人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
投稿者 カスタマー 投稿日 2000/12/22
形式: 単行本
2歳の息子に読んでやったのですが、私の方が笑い転げてしまいました。「ちょうちょどこ?」と聞くと、簡単に引っかかって「ここ!」と指差す息子に、「・・・じゃなーい!」と言うのが快感です。息子も私が笑ってるのがおかしいのか、一緒に笑っています。 ほんとに楽しめる絵本です。
コメント 13人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本
五味センセイの本は子供はもちろん大好きだけど、大人も面白い、というのがとてもすごいと思う。ヘタウマな独特の絵、色使い、遊び心一杯の画面構成は子供はもちろん大人も一緒に楽しめて、読み聞かせ初心者でも上手に楽しんで絵本タイムを過ごせます。この本は一緒にきいろいちょうちょを探す面白さとちょうちょが何にかわってしまうかという形遊びもできて、1、2歳くらいから5歳くらいまでの子供が一緒になって楽しめる本でした。ちょうちょ以外でも画面のそこここに楽しい「おまけ」がたくさんついていて、何度読んでも飽きない一冊です。
コメント 15人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本
こちらのレビューを参考に、1歳の誕生日にもらった図書カードを使おうと書店に注文。(アマゾンさん、すみません。)
皆さんのレビュー通り、五味さんの絵も、穴の開いた仕掛けも素晴らしいです。
しかし、1歳2ヶ月の娘には少し難しかった様子です。
『ごぶごぶごぼごぼ』のページに開いた穴に指をひっかけてめくるのが大好きなので、穴が開いた仕掛け絵本はいいだろうと思いましたが、厚紙でもなく指が入らない大きさのちょうちょの穴なので、そこには興味はない様子。めくった次の絵との関連も、よくわからないようです。
付いて来た出版社のリーフレットには「3〜4歳から」と書いてありましたので、娘には難しいのも納得。
そのうちこの絵本の素晴らしさに夢中になると思いますが、低年齢のお子さんには図書館などで一度借りられてから購入したほうがいいかなと思いました。
↓(2ヶ月後)
購入してから1ヶ月後、急にしかけが楽しめるようになりました。
ちょうちょが次のページに行ったら金魚になっている!というのに気づいたり、豚の鼻になった、おじさんの口になったと喜んで、前のページに戻ったりします。また、鶏が怒るところが気に入ったらしく、「コッコッコ」と言ったりしています。
また、他の方が書かれたように「ちょーちょ」と言って喜ぶようになりました。
意外にも早く楽しめるようになったので、訂正いたします。
コメント 1人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告

最近のカスタマーレビュー

同様の商品をご覧になりませんか? こちらのリンクで参照ください。1歳 絵本

関連商品を探す