この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
この画像を表示

がん疼痛治療のレシピ〈2007年版〉 新書 – 2006/12

5つ星のうち 4.6 7件のカスタマーレビュー

その他()の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格
新品 中古品
新書
"もう一度試してください。"
¥ 1,138
click to open popover

この商品を見た後に買っているのは?

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。



【Amazon Global】OTAKU Store
Figures, Video Games, Blu-ray, DVD and Music of Japanese Anime, Games and Pop Culture Shop now

商品の説明

内容(「BOOK」データベースより)

最新の薬価に対応。がんの痛み治療の最前線。最新の薬剤の使い方をわかりやすく解説。痛みの評価、鎮痛薬の処方の組み立て、副作用対策、各オピオイドの使い分け方からオピオイドローテーションまで―がん疼痛治療のすべて。

著者略歴 (「BOOK著者紹介情報」より)

的場/元弘
北里大学医学部麻酔科講師(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)


登録情報

  • 新書: 147ページ
  • 出版社: 春秋社 (2006/12)
  • 言語: 日本語
  • ISBN-10: 4393710592
  • ISBN-13: 978-4393710593
  • 発売日: 2006/12
  • 商品パッケージの寸法: 17 x 8 x 1.8 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 4.6 7件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: 本 - 292,728位 (本の売れ筋ランキングを見る)
  • さらに安い価格について知らせる
    この商品を出品する場合、出品者サポートを通じて更新を提案したいですか?

  • 目次を見る

カスタマーレビュー

5つ星のうち 4.6
あなたのご意見やご感想を教えてください

トップカスタマーレビュー

形式: 新書
いつも自分が麻酔をかけた患者が、目を覚ますときに私が一番最初に聞くことは「いたくないですか?」です。
痛みは患者にとって非常に苦痛であり、いつも痛みをとってあげる麻酔を心がけています。
わたしが研修医のとき、がん患者さんを受け持って、一番感じたのはがん患者は痛みに非常に苦しめられているということです。そんながん患者さんをみて私は麻酔科医になって必ず周術期の痛みをとってあげようと思いました。
この本はがん患者のケアに必要な麻薬の知識がたくさんかいてあります。ぜひよんでみてください。
コメント 10人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 新書 Amazonで購入
 がん疼痛にかける筆者の深い造詣と情熱が伝わる本。そしてこれ以上実用的で「今日の診療に使える」医学書を私はは見たことがない。明日といわず今日買って、読んでください。今この瞬間にも痛みに苦しんでいる患者さんがいるのだから。
コメント 12人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 新書
モルヒネ、フェンタニル、オキシコドンのそれぞれの製剤の特徴が詳しく記載されているので、臨床の場面でとても役に立つ本です。
とても見やすくできていてわかりやすいので、がん疼痛治療に携わる人には必見だと思います。
内容も、基礎から応用的な内容まで幅広く記載されているのでオピオイドについて学びたい人の入門書としても適していると思います。
医師のみならず、看護師も是非読んで理解していただきたい内容です。
コメント 3人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 新書
”麻薬”…こんな名称がついている方がおかしいのだと思います。現在は主に”医療用麻薬”と呼びますが、誰にとっても”痛み”はとても重要な問題なのに、がんを罹患されている方に対しての治療は、まだまだ問題が山積している状況です。そんな状況を打破するための1冊がこの本です。医療従事者のみならず、”痛み”にお悩みの方にもお勧めする逸品です。
コメント 10人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告