通常配送無料 詳細
在庫あり。 在庫状況について
この商品は、Amazon.co.jp が販売、発送します。 ギフトラッピングを利用できます。
がん治療革命 「副作用のない抗がん剤」の誕生 がカートに入りました
+ ¥ 257 関東への配送料
中古品: 良い | 詳細
コンディション: 中古品: 良い
コメント: ご覧頂きありがとうございます。★注文が確定されてから1~3日ほどでゆうメールにて発送の予定です。☆カバーや表紙の装丁など出版年月日及び版数が掲載されている画像や商品詳細等と異なる場合がございます。☆帯や特典等の付属品につきまして、記載がない場合は付属しておりません。☆中古商品となりますのでスレ・傷・日焼け・汚れ・破れ等はある場合がございます。☆特典やCD等は付属していないものもありますので、必ず購入前にご確認の連絡をお願いします。
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
この画像を表示

がん治療革命 「副作用のない抗がん剤」の誕生 単行本(ソフトカバー) – 2016/11/9

5つ星のうち 3.2 14件のカスタマーレビュー

その他(2)の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格
新品 中古品
Kindle版
"もう一度試してください。"
単行本(ソフトカバー)
"もう一度試してください。"
¥ 1,620
¥ 1,620 ¥ 1,329

AmazonStudent

Amazon Student会員なら、この商品は+10%Amazonポイント還元(Amazonマーケットプレイスでのご注文は対象外)。

click to open popover

キャンペーンおよび追加情報


よく一緒に購入されている商品

  • がん治療革命 「副作用のない抗がん剤」の誕生
  • +
  • このまま死んでる場合じゃない! がん生存率0%から「治ったわけ」「治せるわけ」
総額: ¥3,024
ポイントの合計: 63pt (2%)
選択された商品をまとめて購入

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。



【Amazon Global】OTAKU Store
Figures, Video Games, Blu-ray, DVD and Music of Japanese Anime, Games and Pop Culture Shop now

商品の説明

内容紹介

「人類の健康維持に立ちはだかる癌との闘いに光明を示した一科学者の独創的な戦略と優れた戦術の展開に引き込まれる。そしてこの成功物語は科学の読み物としても優れており、頭の体操にもなった」――大村智氏(2015年ノーベル生理学・医学賞受賞、北里大学特別栄誉教授)

「全身転移のがん患者が治った。奇跡の抗がん剤は、忘れられていた薬である。その秘密は意外にも、薬の運び屋『トロイの木馬』であった。ノーベル賞候補と目される独創的な医学者、前田浩の執念が実った」――黒木登志夫氏(東京大学名誉教授)

末期がん患者がなぜ「完全寛解」と宣告されるまでに回復したのか?「副作用のない抗がん剤」誕生の軌跡と、治療を受けた患者の証言がここに。

〈目次〉
第1章 奇跡
いきなり「全身がん」で余命三カ月/奇跡的な「完全寛解」/がん研究のトップランナー/畑仕事に精を出す末期がん患者/がんが縮小しないのに元気なのはなぜか?/……

第2章 抗がん剤の限界
人類は「対がん戦争」に敗北した/化学療法の父シドニー・ファーバーとの出会い/世界初のタンパク質抗がん剤/六〇年代アメリカは抗がん剤の揺籃期/……

第3章 魔法の弾丸
「魔法の弾丸」の理論/タンパク質の抗がん剤/カーワックスのポリマーにつないでみた/余命三カ月の女性に起こった奇跡/市場に出回ってわずか九年間で販売中止/……

第4章 副作用のない抗がん剤
患者第一号レポート/何度も抗がん剤に苦しんだ挙句に余命三カ月/「あっ、歩いてトイレに!」/久住の看護日誌/「おれはまだ生きてるんだ」/……

第5章 体の中のエイリアン
正常細胞とがん細胞の違いはたった一文字/がん化のメカニズムは複雑怪奇/一日三万回のコピーミス/高齢者にがんが多い理由/がんは活性酸素が原因/……

第6章 予期せぬ生 快適な死
余命二カ月の前立腺がんから生還/がんになってから一度も仕事を休まなかった/併用療法で胃がんと肺転移が消えた/肺が真っ白なのに苦しくない/……

第7章 カオスの世界
なぜ複雑系なのか/酸素なしでも生きる多様性/今もよくわからない転移の謎/がんと生命の不思議/P-THPに次ぐ革新的治療法の開発/……

附録1 がんを予防する食事
附録2 ある臨床心理学者の証言

内容(「BOOK」データベースより)

末期なのになぜこんなに元気なのか?常識を覆す、希望の治療法とは。

商品の説明をすべて表示する

登録情報

  • 単行本(ソフトカバー): 284ページ
  • 出版社: 文藝春秋 (2016/11/9)
  • 言語: 日本語
  • ISBN-10: 4163903887
  • ISBN-13: 978-4163903880
  • 発売日: 2016/11/9
  • 商品パッケージの寸法: 18.8 x 13.6 x 2.2 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 3.2 14件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: 本 - 24,791位 (本の売れ筋ランキングを見る)
  • さらに安い価格について知らせる
    この商品を出品する場合、出品者サポートを通じて更新を提案したいですか?

  • 目次を見る

この商品を見た後に買っているのは?

カスタマーレビュー

トップカスタマーレビュー

形式: 単行本(ソフトカバー)
 私もがん患者として、なんとかしたいと模索を続ける一人です。
 生きたいという、あまりにつよい願いにたいして、あらゆる情報、物品が用意されて市場を形成しております。
 命がかかっていれば、すべてをつぎ込んで仕方がないという、いわば究極の弱みがあるのです。

 そのニーズというか、脅迫に対する玉石石混交のあざといと思える商品さえ次々目にする日々で、強いうとましさを感じております。
 その中で、この本には、「こんなに複雑だと知っていたらガンを研究対象に選ばなかった」というアメリカの学者の素直な言葉が収録されていて、さわやかに感じました。この本を書いていただき、ありがとうございます。

 この本のえがく近い将来ではガンは制圧されているはずですが、その世界は実現するのでしょうか。それともまた医療はガンに敗北するのでしょうか。どちらにせよ、私にはその結末までつきあう時間はなさそうなのが残念です。

参考「千年のうち」で検索
コメント 49人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本(ソフトカバー) Amazonで購入
 2016年ノーベル医学生理学賞は大隅良典氏のオートファジーに決まったが、
候補者の中にはがん研究に関わる人として、

 本庶佑(ほんじょ・たすく)京都大客員教授(74歳)(医学生理学賞候補)
 前田浩(まえだ・ひろし) 崇城大特任教授(77歳)(化学賞候補)

の名前もあがっていた。当書は前田浩教授の作ったP-THPという抗がん剤の誕生
物語である。文藝春秋(2015年10月号)で同じ著者により「副作用のない抗がん剤
への挑戦」というタイトルで既に紹介されており、大きな反響を呼んだ。
この本にはその後1年経過して、さまざまな人への具体的な治験の事例についても
述べられている。

 前田教授によると、既存の抗がん剤は残念ながらまったく効かないという。抗がん剤を
投与するということは、敵・味方が入り乱れている中にマシンガンを無差別にうちこむ
ようなものだ。敵(がん細胞)も倒れるがその前に味方(正常細胞)がやられてしまう。
もっとピンポイントで敵をやっつけないとだめだ。21世紀にはいってがんだけを狙い
撃ちする分子標的薬が出てきたがこれも耐性の問題があり、骨髄性白血病用のグリベック
以外は高価なだけでほとんど役立たない
...続きを読む ›
コメント 84人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: Kindle版 Amazonで購入
薬学系の研究者です。
知識の無い方でも非常に読みやすい内容にまとめられていると思います。
しかし、論文データの解釈としておかしな部分が散見されますので、この本の内容をそのまま鵜呑みにすることは避けたほうが良いと思います。
たとえば2004年のデータを基に「抗がん剤はがんの95%を治せないという恐ろしい「薬」なのです」と断言されていますが、そもそもこのデータは2004年以前に報告された論文データをまとめたreview記事に基づくものであり、おそらくその基になったのはアルキル化薬が主体であるものと推察されます。さらに対象となるがん腫によって抗癌剤に対する感受性が異なりますが、そのことについては何も触れずただ上記の暴論が述べられているのは非常に気がかりです。
さらに「分子標的薬で効くのはグリベックだけ」とありますが、これも根拠が無い主張です。ハーセプチンの効果を否定する文章として、「ハーセプチンを使って楽になったそうだが、余命が延びたわけではなかった」と述べていますが、これもどのようにしてその方の余命を知ることができたのかわかりません。また、ベバシズマブを最先端の抗がん剤として紹介していますが、何年前から使用されていると思っているのでしょうか?
等々、ツッコミどころが多すぎて、途中で読むのが嫌になりました。

私自身、
...続きを読む ›
コメント 15人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本(ソフトカバー) Amazonで購入
この本を手に取る人は、藁にもすがる思いだと思うんですが、インターネットをうまく広告として利用して売るビジネスかと思わざるを得ません。
この抗がん剤治療が本当に効果があるとしても、受けることができなければ意味がない。
行き着く先は、製薬会社と医療関係者の陰謀説みたいな感じでなんだかなぁ。
本当にこんなに効果があるのであれば、この本を広告したように、インターネットをうまく使って世論を動かしてほしいものです。
コメント 2人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告

最近のカスタマーレビュー