中古品:
¥271
お届け日 (配送料: ¥257 ): 9月22日 - 23日 詳細を見る
コンディション: 中古商品: 良い
コメント: ■通常24時間以内に出荷可能です。■クリーニング済み。■中古品ではございますが、良好なコンディションです。■万が一品質に不備があった場合は返金対応。■防水梱包です。■決済は、クレジットカード、コンビニ決済・ATM・ネットバンキング・Edy払いがご利用可能です。
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。

著者をフォロー

何か問題が発生しました。後で再度リクエストしてください。


がん治療の主役をになう免疫細胞 ―「ANK免疫細胞療法」について 単行本(ソフトカバー) – 2011/3/3

5つ星のうち4.3 2個の評価

価格
新品 中古品
Kindle版 (電子書籍)
単行本(ソフトカバー)
¥271
¥2,730 ¥163

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • iOSアプリのダウンロードはこちらをクリック
    Apple
  • Androidアプリのダウンロードはこちらをクリック
    Android
  • Amazonアプリストアへはこちらをクリック
    Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。

kcpAppSendButton

商品の説明

内容(「BOOK」データベースより)

手術、放射線、重粒子線など局所療法は腫瘍のかたまりをたたくのが得意。問題は、全身に散り、活発に転移するがん。がん細胞は、多様性に富み、さかんに性質を変える。抗がん剤は、がんの勢いをそぐのが得意だが、薬剤耐性を得たがんは増殖する。獲得免疫は、一部のがんを攻撃するが、がんの変化に対応できない。唯一、どんながん細胞でも狙い撃ちする(活性の高い)NK細胞。

著者略歴 (「BOOK著者紹介情報」より)

藤井/真則
大阪大学理学部生物学科卒。細胞生理学、分子遺伝学を専攻。1984年、三菱商事入社。バイオ医薬品部門において、欧米のバイオベンチャー2000社以上と接触、医薬品メーカー、大学、政府研究機関などとも共同で新薬、ワクチン、診断薬などを開発、エビデンスを構築し、日本の医薬品メーカー等へライセンス販売を行う業務に従事する。「薬でがんは治らない」現実に直面。2004年、三菱商事企業投資部門時代に「細胞医療により、がんからの生還を目指す」リンパ球バンク株式会社へ投資、同社社外取締役に就任する(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

登録情報

  • 出版社 ‏ : ‎ 現代書林 (2011/3/3)
  • 発売日 ‏ : ‎ 2011/3/3
  • 言語 ‏ : ‎ 日本語
  • 単行本(ソフトカバー) ‏ : ‎ 224ページ
  • ISBN-10 ‏ : ‎ 4774512990
  • ISBN-13 ‏ : ‎ 978-4774512990
  • カスタマーレビュー:
    5つ星のうち4.3 2個の評価

カスタマーレビュー

5つ星のうち4.3
星5つ中の4.3
2 件のグローバル評価
星5つ
25%
星4つ
75%
星3つ 0% (0%) 0%
星2つ 0% (0%) 0%
星1つ 0% (0%) 0%
評価はどのように計算されますか?

この商品をレビュー

他のお客様にも意見を伝えましょう

上位レビュー、対象国: 日本

2011年3月23日に日本でレビュー済み
16人のお客様がこれが役に立ったと考えています
違反を報告