通常配送無料 詳細
残り12点(入荷予定あり) 在庫状況について
この商品は、Amazon.co.jp が販売、発送します。 ギフトラッピングを利用できます。
がん患者よ、近藤誠を疑え がカートに入りました

お届け先住所
アドレス帳を使用するにはサインインしてください
または
-
正しい郵便番号を入力してください。
または
コンディション: 中古品: 良い
コメント: 折れあり。帯・応募券・はがき・シール・カード・ポスターなどの封入物は付属致しません。
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
4点すべてのイメージを見る

がん患者よ、近藤誠を疑え 単行本(ソフトカバー) – 2016/3/30

5つ星のうち 3.7 22件のカスタマーレビュー

その他(2)の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格
新品 中古品
Kindle版
"もう一度試してください。"
単行本(ソフトカバー)
"もう一度試してください。"
¥ 1,512
¥ 1,512 ¥ 322

AmazonStudent

Amazon Student会員なら、この商品は+10%Amazonポイント還元(Amazonマーケットプレイスでのご注文は対象外)。

click to open popover

キャンペーンおよび追加情報


よく一緒に購入されている商品

  • がん患者よ、近藤誠を疑え
  • +
  • がん治療の95%は間違い (幻冬舎新書)
  • +
  • がん放置療法のすすめ―患者150人の証言 (文春新書)
総額: ¥3,218
ポイントの合計: 98pt (3%)
選択された商品をまとめて購入

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。



【Amazon Global】OTAKU Store
Figures, Video Games, Blu-ray, DVD and Music of Japanese Anime, Games and Pop Culture Shop now

商品の説明

内容紹介

近藤理論はすべて正しく、標準治療はすべて間違いなのか──。がん患者代表が訊く、本当に知りたかったこと。
「がんには、本物のがんと、がんもどきがある」「がんは放置するのがいちばん」──。がん検診、手術、抗がん剤治療、放射線治療、先進治療、緩和ケア……。がんの発見から死に至るまで、がん患者が抱く近藤理論、がん放置療法への疑問に、最新の知見から具体的に答え、患者にとってのベストオピニオンを示す。粒子線治療や分子標的薬など先進治療をはじめ、最も新しい近藤理論のすべてがわかる。
がん医者は平気でウソをつく! 本書を読まずにがん検診・がん治療は受けるな! 主治医が勧める手術・抗がん剤治療で命を縮めないための、正しい近藤理論の使い方。がんとがん治療の真実がわかる、衝撃の「がん治療」革命本です。
今や、国民の2人に1人が生涯でがんになると言われる時代。大切なあなたの親やパートナー、身近な人、そしてあなた自身が、もし、がんになったら……。
慌てて手術や抗がん剤治療を受けると、かえって寿命を縮めてしまうことになる──。標準治療(手術、抗がん剤、放射線治療など)とは対極の近藤理論、がん放置療法を知っておいて損にはなりません。ひときわ実践的で、具体例がわかりやすい本書は、がん患者やその家族のみならず、いざという時のために必読の一冊です。僕は教祖ではない。疑うことは考えること。この僕をも疑い、自分の頭で考え、納得できる治療法を選び取れ──近藤 誠
■「がんもどき」ほ、ほぼ100パーセント、「本物のがん」に変わらない
■「本物のがん」にメスを入れると、「局所転移」で「がんが暴走」する
■がんの再発を早く見つけるほど「バカを見る」
■抗がん剤は「たった1回の投与」で死に至ることもある
■「放射線治療」だけを選べば、無駄死にしないこともある
■「粒子線治療」の期待外れ。通常のエックス線照射で十分事足りる
■「放置したがん」が消えてしまうケースも珍しくない。

内容(「BOOK」データベースより)

近藤理論はすべて正しく、標準治療はすべて間違いなのか―。主治医が勧める手術・抗がん剤治療で命を縮めないための正しい近藤理論の使い方。

商品の説明をすべて表示する

登録情報

  • 単行本(ソフトカバー): 312ページ
  • 出版社: 日本文芸社 (2016/3/30)
  • 言語: 日本語
  • ISBN-10: 4537261382
  • ISBN-13: 978-4537261387
  • 発売日: 2016/3/30
  • 商品パッケージの寸法: 18.8 x 12.8 x 2.5 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 3.7 22件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: 本 - 240,901位 (本の売れ筋ランキングを見る)
  • さらに安い価格について知らせる
    この商品を出品する場合、出品者サポートを通じて更新を提案したいですか?

  • 目次を見る

カスタマーレビュー

5つ星のうち 3.7
あなたのご意見やご感想を教えてください

トップカスタマーレビュー

投稿者 ロビーナ 殿堂入りレビュアートップ10レビュアー 投稿日 2016/3/31
形式: 単行本(ソフトカバー) Amazonで購入
S状結腸がんステージ3aであるジャーナリスト、
森省歩氏が、がん患者を代表して、
近藤先生に迷い、悩み、ギモンをありったけ
ぶつけて回答を引き出している。

がん検診・がん治療の怖さが
よくわかるデータも多数。

・アメリカの比較試験で、肺がん検診を定期的に受けた
グループは、なにもしなかったグループより死亡数が多かった。

・欧米の比較試験では、乳がん検診を受けたグループと、受けなかった
グループの死亡数は同じだった。

・そのほかの多くの比較試験からも、がん検診はムダで心身を痛めるだけとわかって、
欧米では胃がんや肺がんの集団検診はとっくに廃止。
スイスの医療委員会は「乳がんのマンモグラフィ検診廃止」を勧告している。

ところが日本では、国と医療界があいかわらず
がんの「早期発見・早期治療」を大合唱。

「がん」と診断がついてからも、無数の患者が治療で命を縮めている。

近藤先生は、固形がんの手術、術後の検査や観察、
抗がん剤治療はほぼすべて、しないほうが
長生きできる、とさまざまなデータから説く。

たとえば「
...続きを読む ›
コメント 2人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本(ソフトカバー) Amazonで購入
叔母が、知人から人間ドックを勧められ、検査の結果、あれよあれよという間に乳ガン手術の日取り、入院の予約まで取らされたそうです。
手術に至るまでの間、マンモグラフィの結果も含めて詳しい説明などは全くなかったとのこと。

いわゆるベルトコンベア式で手術患者を仕立てる製造工場のようだという指摘もあるようです。

切除手術の話以来、眠れない日が続いているそうで、相談の電話がありました。
この話を聞いて、直感的にその異様な流れに待ったをかけました。

以前から、人間ドックから始まるガン医療には疑問があったことから、色々と調べているうちに近藤誠医師のことを知りました。
その意見はこれまで考えていた内容にかなり近いものだったことから納得するのも早めでした。

近藤医師やその他のがん医療専門の書籍を、反対意見も含めて10数冊ほど読みあさりました。
近藤医師の本は4~5冊購入し、読み込みました。
ガンと名のつくものであれば手当たり次第にブログも動画もwebで見て回りました。

1週間ほど自分なりに徹底試行錯誤した結果、近藤医師の意見に大いに分があると判断しました。
いくつか反対意見の著書内容は、どれも論理的に粗雑な印象でした。
...続きを読む ›
コメント 28人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本(ソフトカバー) Amazonで購入
かなり読み応えがあった。
近藤先生は、自分さえも疑えと言う。
疑うということは考えることだと言う。
がん患者には、知性・理性・リテラシーが必要だと言う。
がん患者は、この本を読んで、がん医者のウソに騙されないで欲しい。
近藤先生の主張は一貫して変わらないが、新しい情報も書かれているのでぜひ読んで欲しい。
免疫抗体薬のニボルマブは、無視できない副作用があり、夢の新薬ではないというのも参考になった。
コメント 35人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本(ソフトカバー) Amazonで購入
医療業界誌(内輪)で「反近藤論」が大歓迎されているらしい。
「日経メディカル(業界誌)では人気記事トップ」
しかし一般市場では反近藤本「勝俣、大場、大鐘、NATROM氏など」は気の毒なほど全く売れない。
近藤本が何故売れるのかより反近藤本が何故全く売れないのかを考察してみるのもなかなか良質の時間つぶしである。
***
サンデー毎日で3週にわたり掲載された「近藤氏VS林和彦氏」をご覧になった方も多い事だろう。
数か月前の週刊文春での「近藤氏VS大場大氏」と同様、近藤氏に対する有効かつ重量級の反論は結局ゼロである。
この構図は20年以上前からの「近藤VS反近藤」論争と全く同じである。
ここ数年、反近藤派を掲げるライトな専門医は増殖するものの、そのクオリティは悲しいかな低下の一途を辿っている。
***
さて文芸春秋5月号の「がん検診、百害あって一利なし」(近藤氏)の末文「二度目の電話はないはずです」は、近藤氏既著の
入院先からの戦略的夜逃げでの「尚、追っ手は来ません」を回顧させる洒脱メッセージである。
また同誌中の「ガンを消す免疫薬の真実(立花、本庶氏)」で話題のオプジーボが俎上に載っている。
興味深いことに本庶氏は本薬との比較で従来の抗がん剤、最新の分子標的
...続きを読む ›
コメント 3人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告

最近のカスタマーレビュー