通常配送無料 詳細
残り17点(入荷予定あり) 在庫状況について
この商品は、Amazon.co.jp が販売、発送します。 ギフトラッピングを利用できます。
がん哲学外来へようこそ (新潮新書) がカートに入りました
+ ¥ 340 関東への配送料
中古品: 良い | 詳細
発売元 鈴木商店【
コンディション: 中古品: 良い
コメント: 中古品ですので使用感や書き込みがある場合が御座います。なるべくきれいなものを取り扱っておりますが、ご理解頂いた上でご購入下さいませ。◆原則48時間以内に発送手続きをいたします。◆ゆうメールで配送のため日、祝日の配達はありません。◆清掃後丁寧に防水用の袋に簡易梱包して発送いたします。◆Amazonの登録状況によってはカバーデザインが異なる場合があります。
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
2点すべてのイメージを見る

がん哲学外来へようこそ (新潮新書) 新書 – 2016/2/16

5つ星のうち 3.7 13件のカスタマーレビュー

その他(2)の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
価格
新品 中古品
Kindle版
新書
¥ 756
¥ 756 ¥ 70

booksPMP

本・コミック・雑誌ストアではじめてお買いものの方へ 3 0 0 ポイントプレゼント!

※キャンペーンページを閲覧のうえ、対象サービスをご確認頂くことが参加の条件になります。キャンペーンページは>>こちら

click to open popover

キャンペーンおよび追加情報

  • 新潮文庫の100冊 オリジナル壁紙ダウンロードキャンペーン実施中。 7月26日~8月14日、8月15日~31日の期間でそれぞれ異なるキュンタの壁紙プレゼント。Amazonマーケットプレイスでのご注文は対象外となりますのでご注意ください。 >>今すぐチェック

よく一緒に購入されている商品

  • がん哲学外来へようこそ (新潮新書)
  • +
  • 明日この世を去るとしても、今日の花に水をあげなさい
  • +
  • いい覚悟で生きる:がん哲学外来から広がる言葉の処方箋
総額: ¥3,456
ポイントの合計: 105pt (3%)
選択された商品をまとめて購入

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。



新潮文庫の100冊 オリジナル壁紙ダウンロードキャンペーン実施中。
7月26日~8月14日、8月15日~31日の期間でそれぞれ異なるキュンタの壁紙プレゼント。 詳しくはこちら。

商品の説明

内容紹介


もう、悩まなくていい。
心配するのは一日一時間でいい。

がん患者が次々入っては、笑顔で出てくる外来がある――その名は「がん哲学外来」。
治療の不安から人間関係の悩みまで、主治医には打ち明けづらいあらゆる相談に
がん専門の病理医である著者は答え続けてきた。

「自分を心配するのは一日一時間でいい」
「冷たい医師にもいい医師がいる」
「がん細胞は不良息子と同じ」
「何を望むかよりも、何を残すかが大切」
……貴重な個人面談録をもとに綴る、患者と家族の心に効く「ことばの処方箋」。



(目次)

はじめに

1章 「がん哲学外来」とはどんな場所?
「いまだに気持ちが整理できません」 / 自分を心配するのは一日一時間でいい
「がんをいじめないで終わりにしたい」 / 患者に必要なのは覚悟
「立ち入った話をしておいて良かった」

2章 がんより悩ましいのは「人間関係」
「患者会に行けなくなりました」/ 夫の心の冷たさと妻のよけいなお節介
「お母さんのがん、誰にも言わないでね」 / がんは感情のひだを繊細にする
「私が、父を殺してしまいました」 / 困難にある人の笑顔は、周囲を慰める
人生の目的は、品性を完成させること

3章 治療を邪魔しているのは何か
「東大の先生がやっているプロポリス」/ 「黄金のワラ」を求めてセカンドオピニオンへ
がんは治療でしか「消え」ない/ 抗がん剤は、苦しかったらやめてもいい
「検査の同意書に、サインできませんでした」/ 冷たい医師にもいい医者がいる

4章 医療の「すき間」に、誰か一人がいればいい
病理医は遺体に教えられる/ 転機となった「クボタショック」
キャンセル待ちの五十組のために/ お金をとったら窮屈になる
私自身に起きた意外な変化/ 医師と患者には距離が要る

5章 がん細胞に人間が学ぶ
永遠に生きようとする「生命力」/ 正常細胞が「白」なら、がん細胞は「黒」?
どんな場所でも生きぬく「厚かましさ」/ がん細胞も人間も、悪い者ほど「たくましい」
がん細胞を更生させるには/ 天寿をまっとうしてがんで死ぬ

6章 「何を望むか」より「何を残すか」が大切
「死ぬという大事な仕事が残っている」 / 「余命は知らせないでください」
マイナスかけるマイナスはプラス/ 「これが今の自分の生きがいですね」
人間は、最後の五年間が勝負

内容(「BOOK」データベースより)

がん患者が次々入っては、笑顔で出てくる外来がある―その名は「がん哲学外来」。治療の不安から人間関係の悩みまで、主治医には打ち明けづらいあらゆる相談に著者は答え続けてきた。「自分を心配するのは一日一時間でいい」「冷たい医師にもいい医師がいる」「がん細胞は不良息子と同じ」「何を望むか、よりも何を残すかが大切」…貴重な個人面談録をもとに綴る、患者と家族の心に効く「ことばの処方箋」。

商品の説明をすべて表示する

登録情報

  • 新書: 192ページ
  • 出版社: 新潮社 (2016/2/16)
  • 言語: 日本語
  • ISBN-10: 4106106558
  • ISBN-13: 978-4106106552
  • 発売日: 2016/2/16
  • 商品パッケージの寸法: 18.2 x 11.3 x 2 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 3.7 13件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: 本 - 171,236位 (本の売れ筋ランキングを見る)
  • さらに安い価格について知らせる
    この商品を出品する場合、出品者サポートを通じて更新を提案したいですか?

  • 目次を見る

カスタマーレビュー

トップカスタマーレビュー

2017年9月28日
形式: 新書|Amazonで購入
7人のお客様がこれが役に立ったと考えています
|コメント |違反を報告
2017年6月5日
形式: 新書|Amazonで購入
1人のお客様がこれが役に立ったと考えています
|コメント |違反を報告
2018年7月8日
形式: 新書|Amazonで購入
2018年1月18日
形式: 新書|Amazonで購入
2018年6月9日
形式: 新書|Amazonで購入
ベスト1000レビュアー
2016年9月28日
形式: 新書|Amazonで購入
3人のお客様がこれが役に立ったと考えています
|コメント |違反を報告
ベスト50レビュアー
2016年3月17日
形式: 新書|Amazonで購入
8人のお客様がこれが役に立ったと考えています
|コメント |違反を報告
2016年3月30日
形式: 新書
9人のお客様がこれが役に立ったと考えています
|コメント |違反を報告

最近のカスタマーレビュー