中古品:
¥ 649
+ ¥ 350 関東への配送料
中古品: 良い | 詳細
コンディション: 中古品: 良い
コメント: 盤面の傷などの損傷は殆んど無く綺麗な状態です。プロダクトコード等の特典につきましては保証いたしかねます。ケース・パッケージは良い状態ですが、あくまでも中古商品である事を、ご了解の上ご注文下さい。通常、土・日・祝日を除いた2営業日以内に発送致します。防水包装し、基本的にはクロネコDM便もしくはゆうメール便での発送となります。3kgを超える商品は、ゆうパックまたはヤマト運輸宅急便で発送いたします。
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する

がんばれ! ベアーズ [DVD]

5つ星のうち 4.6 34件のカスタマーレビュー

出品者からお求めいただけます。 在庫状況について
中古品の出品:6¥ 649より

この商品には新しいモデルがあります:

がんばれ!ベアーズ [DVD]
¥ 927
(34)
在庫あり。

Amazonビデオ

Amazonビデオは新作映画や話題のTV番組、アニメなどをいつでも気軽に楽しめるデジタルビデオ配信サービスです。 パソコンやFireのほかiPhoneやiPadでも観ることができます。詳細はこちら

【Amazon Global】OTAKU Store
Figures, Video Games, Blu-ray, DVD and Music of Japanese Anime, Games and Pop Culture Shop now

キャンペーンおよび追加情報

  • 予約商品を通常商品と同時にご注文の場合、通常商品も予約商品の発売日にまとめて発送される場合がございます。通常商品の配送をお急ぎの方は別々にご注文されることをおすすめします。 予約注文・限定版/初回版・特典に関する注意はこちらをご覧ください。

  • Amazon.co.jpが販売する一部の商品はお一人様のご注文数量を限定させていただいております。限定数量を超えるご注文の際にはキャンセルさせていただく場合がございますのであらかじめご了承ください。

  • 【買取サービス】 Amazonアカウントを使用して簡単お申し込み。売りたいと思った時に、宅配買取もしくは出張買取を選択してご利用いただけます。 今すぐチェック。

  • 【パラマウントストア】「ミッション・インポッシブル」、「トランスフォーマー」など人気・名作タイトルやセール情報をチェック



登録情報

  • 出演: ウォルター・マッソー, テイタム・オニール, ヴィク・モロー, ジャッキー・アール・ヘイリー
  • 監督: マイケル・リッチー
  • 形式: Color
  • 言語: 英語
  • 字幕: 英語, 日本語
  • リージョンコード: リージョン2 (このDVDは、他の国では再生できない可能性があります。詳細についてはこちらをご覧ください DVDの仕様。)
  • 画面サイズ: 1.66:1
  • ディスク枚数: 1
  • 販売元: パラマウント・ホーム・エンタテインメント・ジャパン
  • 発売日 2005/09/22
  • 時間: 103 分
  • おすすめ度: 5つ星のうち 4.6 34件のカスタマーレビュー
  • ASIN: B000A7TERS
  • JAN: 4988113817455
  • Amazon 売れ筋ランキング: DVD - 135,544位 (DVDの売れ筋ランキングを見る)
  • さらに安い価格について知らせる
    この商品を出品する場合、出品者サポートを通じて更新を提案したいですか?

商品の説明

内容紹介

<ストーリー>
酔いどれ中年男バターメイカー(ウォルター・マッソー)が、個性派揃いのデコボコ少年野球チーム“ベアーズ”のコーチに就任。あまりにもお粗末な野球内容を見かねた彼は、かつての自分の恋人の娘アマンダ(テイタム・オニール)を投手にスカウトする。さらにオートバイを乗り回す町の不良少年ケリー(ジャッキー・アール・ヘイリー)をパワーヒッターとしてチームに入れる。抜群の投球センスを持つアマンダと、ケリーのバティングでチームは躍進してゆく。

レビュー

製作: スタンリー・R.ジャッフェ 監督: マイケル・リッチー 脚本: ビル・ランカスター 出演: ウォルター・マッソー/テイタム・オニール/ヴィク・モロー
-- 内容(「CDジャーナル」データベースより)

商品の説明をすべて表示する

カスタマーレビュー

5つ星のうち 4.6
あなたのご意見やご感想を教えてください

トップカスタマーレビュー

形式: DVD Amazonで購入
この映画は全てが素晴らしい!少年野球の物語ですが、ピッチャーは愛らしい女の子。

メンバーは揃いも揃って協調性や性格に難のある、個性的すぎる子供ばかり。監督はアル中寸前のダメ親父。
今の映画にあるような、欠点の少ないヒーローだとか、お綺麗な御託をならべる人も居ません。むしろPTA辺りに「何ですか!この映画は!不良を讃える気ですか!こんなダメな人間を讃える映画なんか観ちゃいけません!」と、絶対言われるレベルです。

その位、社会的にダメ人間しか集まっていない上に、正しく更生されるという物語でもないです。
でも、この映画を観ればダメ人間を、ダメだという現代こそ、本当にダメな社会なんだな、と痛感します。今の御綺麗になろうとするばかりの現代に、ドロップキックを浴びせたい気分になります。

選手として、本当にダメな選手を、一番大事な決勝戦の、一番大事なところで、周囲に「正気か!」とこきおろされても
「選手なんだから!平等にプレイする権利がある!」と起用した監督の言葉は、絶対に忘れまいと思います。

これぞ教育、これぞ民主主義。勝負と言えば、情け容赦も勘弁も手段も選ばずただ勝てばいい、という現代スポーツ世界。
汚かろうが、卑怯だろうが、勝てば官軍なんだ、人格を貶していいんだし
...続きを読む ›
1 コメント 26人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
投稿者 Edipo Re トップ1000レビュアー 投稿日 2016/11/21
形式: DVD Amazonで購入
封切り前に某映画旬刊誌の試写会に当選し、今はもう無い霞ヶ関の久保講堂で観たのがこの愛すべき佳作との初邂逅でした。その際に決勝戦のヤマ場でチーム一のヘタなイジメられっ子が、あわやホームランの大飛球を背走よくスーパーキャッチするシーンで場内大喝采という感動的?な場面に立ち会ったのが思い出されます。
ところでDVDのパッケージにPG-13の表記があったので疑問に思い、さて一体何が問題なのか、W.マッソーが車中で取り出した缶ビールを一口呑んでそこにバーボンを注ぎ足すとこか(バターメイカーならぬボイラーメイカー?)、はたまたV.モローのライバルチームコーチが自軍のエースたるわが子に手を上げるシーンかなどと考えましたが、何のことはないJ.E.ヘイリーのスラッガー不良少年がくわえ煙草でバイク乗り回してるのが一番マズイんでしょうなあ、やはり。そう言えばT.オニールもデビュー作「ペーパームーン」では実のパパのR.オニールを前にプカプカやってましたっけ。
それから公開当時、故・荻昌弘氏が「ロッキー」と併せてベトナムで苦い敗戦を味わったアメリカが、画に描いたハッピーエンドでなく二番手に甘んじるという結末を自ら受け入れるようになった象徴的な作品と評されていたのを覚えています。もっとも「ロッキー」は二作目で王座に就いたのが災い?して、脱出困難なエンドレスループに陥りましたが(笑)。
...続きを読む ›
コメント 2人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: DVD Amazonで購入
子供のころに夢中になって観た記憶があります。テータム・オニールがすごくかっこよく見えた記憶があります。大人になり、子供が野球をするような年齢になって、今一度観るとまた違う面白さがありました。それは大人(監督)として子供の心を掴んで引っ張っていくことの大切さ。そういう意味では、最後のシーンは(ガキの時に観た時覚えていなかったから余計に)あっと驚く内容だったと思うのです。
日本と違い、アメリカでは国籍や肌の色や言葉の違う子供が当たり前のようにいます。映画が古い分、差別的な表現があからさまでちょっと気にはなりましたが、それでも子供たちみんなに野球を楽しんでもらいたい、野球の面白さを知ってもらいたい、ピンチだからこそあえて起用する、子供が失敗することを大人は恐れてはいけない、そういうメッセージが込められていたと思います。
自分の子供が何かしようとするとき、大人の見解で判断してはならないということ、それはもしかしたら子供の可能性を停めてしまう危険もあるかもしれないのです。
コメント 3人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
投稿者 レブロン トップ500レビュアー 投稿日 2014/8/7
形式: DVD
少年野球の子供たちを描いた子供向きの映画、と言ってしまえばそれまでだが、登場人物も味わい深く、よく描かれていて、ストーリーも面白くて考えさせられる。テンポも良くて、気が付けば、あっという間に102分が過ぎていた。

子供たちがメインの映画ではあるが、ベアーズ、ヤンキース両監督の描写も興味深い。酒好きで、だらしない自分を自覚しつつ、それでも子供たちに懸命に野球を教えるバターメイカー。子供たちに厳しく罵声を浴びせて、ある面では人格を否定してしまうヤンキースの監督。
バターメイカーにしても、勝とうという意識が強すぎて、子供たちの気持ちを無視してしまう。ここで、バターメイカーに抗議の意を込めた視線を送る子供たちの表情と演技が絶品だった。少年野球の試合を通じて、人は何を大切にしなければならないのか、どういう価値感を持たなければならないのか…そんなことを問いかけてくる。

勝利を目指して努力し、全力を尽くさなければならない。だが、勝利だけがすべてでもない。その中でも大切にしなければならないこと、省いてはいけないものがある。これは人生にも通じるのではないだろうか?
自分自身の意志を持って、自分らしく生きる…多分にアメリカ的な人生観だが、国境や文化の差を越えて訴えかける考え方だと思う。
コメント 5人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告

最近のカスタマーレビュー