Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Windows Phone
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。

Kindle 価格: ¥ 1,555

¥ 389の割引 (20%)

ポイント : 155pt (9%)

これらのプロモーションはこの商品に適用されます:

Kindle または他の端末に配信

Kindle または他の端末に配信

[ジェフ・ シマンスキー]のがんばりすぎるあなたへ 完璧主義を健全な習慣に変える方法
Kindle App Ad

がんばりすぎるあなたへ 完璧主義を健全な習慣に変える方法 Kindle版

5つ星のうち 3.9 7件のカスタマーレビュー

その他(2)の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格
新品 中古品
Kindle版
"もう一度試してください。"
¥ 1,555
単行本(ソフトカバー)
"もう一度試してください。"
¥ 5,513 ¥ 4,000

紙の本の長さ: 240ページ

商品の説明

内容紹介

つい「完璧」を求めてしまう性格に、苦しんでいませんか?
誰の心にも潜む完璧主義は、あなたの短所ではなく、仕事や生活の成功をもたらす、もっとも優れた性質なのです。

「完璧主義者」は誉め言葉、それとも嫌なレッテル?
ハーバード大学医学大学院の臨床心理学者が、つい“がんばりすぎてしまう"完璧主義には「健全なもの」と「不健全なもの」があることを明らかにし、自分自身に対する理解を深めて不健全な習慣を変える方法をお教えします。

「はじめに」より
完璧主義に関するセルフヘルプの本の多くは、次のような提案をします。「あなたの基準はどう考えても高すぎます。自分を痛めつけるのはやめなさい」。「失敗しても気にしないようにしましょう。失敗は誰にでもあるのですから」。だからどうしろというのでしょうか? 私がお勧めするのは完璧主義のうまくいっている部分を把握して……それを強化することです。

内容(「BOOK」データベースより)

「完璧主義者」は誉め言葉、それとも嫌なレッテル?ハーバード大学医学大学院の臨床心理学者が、つい“がんばりすぎてしまう”完璧主義には「健全なもの」と「不健全なもの」があることを明らかにし、自分自身に対する理解を深めて不健全な習慣を変える方法を教授。

登録情報

  • フォーマット: Kindle版
  • ファイルサイズ: 11062 KB
  • 出版社: CCCメディアハウス (2013/7/31)
  • 販売: Amazon Services International, Inc.
  • 言語: 日本語
  • ASIN: B00GIHQOE0
  • X-Ray:
  • Word Wise: 有効にされていません
  • おすすめ度: 5つ星のうち 3.9 7件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: Kindleストア 有料タイトル - 46,621位 (Kindleストア 有料タイトルの売れ筋ランキングを見る)
  • さらに安い価格について知らせる
    この商品を出品する場合、出品者サポートを通じて更新を提案したいですか?


カスタマーレビュー

5つ星のうち 3.9

トップカスタマーレビュー

形式: Kindle版 Amazonで購入
とても良い本だと思いましたが、出てくる例がビジネスシーンがほとんどで、仕事をしていない私にはイマイチ他人事で、自分と重ねられませんでした。もっといろんな分野の人の症例を出してくれてたら良かったかな、と思います。
コメント 16人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
投稿者 Edgeworth-Kuiper Belt 殿堂入りレビュアートップ10レビュアー 投稿日 2014/1/28
形式: 単行本(ソフトカバー)
「うまくいっているときは、完璧主義はハイレベルな、それでいて無理のない目標を達成する原動力となり、満足感と自尊心の向上をもたらします。それが健全な完ぺき主義の定義です。いっぽう不健全な完璧主義は、どう考えても無理な期待に応えようと自分を追い込みます」。

完璧主義は成功をもたらす成功の鍵である。しかし、完璧主義を求めることがマイナスの影響をもたらすこともある。人間は健全な完璧主義と不健全な完璧主義の混合物だと著者は指摘する。その上で、完璧主義が陥りがちなポイントを列挙し、それを健全な完璧主義にうまく変えてゆく方法について解説した本。著者は臨床心理学者。

完璧主義の視点から自分のプロファイルを作り、いくつかのポイントに分けて自分にとって完璧主義がうまく働いている部分とそうなっていない部分を見分ける。そして、完璧主義がうまくいっている部分については強化する一方で、問題のあるところについてはなぜそのようなやり方にこだわってしまうのか理解して異なる戦略をとることを意識するようにする。

ひとつひとつは特殊なことではない。チェックポイントとなるプロファイルは、目標と結果が一致する、柔軟性があって変化に適応できる、優先順位をつけるのが得意だ、自己評価のバランスがとれている、といったようなもの。また、不健全な完璧主義が陥りがちな落とし
...続きを読む ›
コメント 21人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本(ソフトカバー) Amazonで購入
自分がそうでしたが、読むと「自分のことだ!」と思うことばかりでした。
完璧主義の人は、その性格故に自覚がないまま頑張っていることも多いかと思います。
「真面目」「努力家」など他人から評価を受けている人は、軽い気持ちで読んでみてもいかもしれません。
コメント 4人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本(ソフトカバー)
私自身は完璧主義とは程遠い人種ですが、職場の同僚に有能ですけど完璧主義に近い人がいます。完璧主義すぎて、自分の体をボロボロにしてまで働いているので、どうしてそこまで働くかが私には理解できませんでした。

この本を読んで分かったのは実に簡単なことで、行き過ぎた完璧主義の人たちは、努力の効果はある段階から、努力に見合う効果が薄れ始める「収穫逓減」や、仕事は重要な2割をすることで成果の8割を生み出す「80対20の法則」を全く知らないか、理解しようとしない人達だったのです。

その背景にあるのは、「この仕事は絶対うまくいかなくてはならない。さもなければおしまいだと考えること」にあるのでしょう。まあこれは一種の不安に過ぎませんので、本当にこの仕事がうまくいかなくて起こる最悪の結果は何かと考えさせることが一番効果があるのではと考えるように思いました。

完璧主義の人は時間と人を含めた資源には限りがある事を忘れがちなのでしょう。もっと自分の時間を大切にするように訴えれば、そういう人達の行き過ぎた完璧主義も減るのではないかと思いました。諺にも「過ぎたるは尚及ばざるがごとし」とも言いますしね。
コメント 20人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
click to open popover