通常配送無料 詳細
一時的に在庫切れ; 入荷時期は未定です。 在庫状況について
注文確定後、入荷時期が確定次第、お届け予定日をEメールでお知らせします。万が一、入荷できないことが判明した場合、やむを得ず、ご注文をキャンセルさせていただくことがあります。商品の代金は発送時に請求いたします。
この商品は、Amazon.co.jp が販売、発送します。 ギフトラッピングを利用できます。
+ ¥ 257 関東への配送料
コンディション: 中古品: 非常に良い
コメント: ◆◆◆非常にきれいな状態です。迅速・丁寧な発送を心がけております。【毎日発送】
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
3点すべてのイメージを見る

がんのひみつ 単行本 – 2008/1/10

5つ星のうち 4.7 18件のカスタマーレビュー

その他()の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格
新品 中古品
単行本
"もう一度試してください。"
¥ 734
¥ 734 ¥ 1

AmazonStudent

Amazon Student会員なら、この商品は+10%Amazonポイント還元(Amazonマーケットプレイスでのご注文は対象外)。

click to open popover

キャンペーンおよび追加情報


よく一緒に購入されている商品

  • がんのひみつ
  • +
  • 最新版 がんのひみつ
  • +
  • がんの練習帳 (新潮新書)
総額: ¥2,440
ポイントの合計: 36pt (1%)
選択された商品をまとめて購入

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。



【Amazon Global】OTAKU Store
Figures, Video Games, Blu-ray, DVD and Music of Japanese Anime, Games and Pop Culture Shop now

商品の説明

内容紹介

2人に1人ががんになる。あなたはがんを知っていますか?
いざというときに、あわてない!

世界一のがん大国ニッポン、2人に1人が、がんにかかります。
「がんを知る」ことは、自分と大切な人を守ること。
クルマ選びも「がん治療」も、自分で考える時代、
日本人のための「がんの教科書」誕生。


日本人の2人に1人が、がんになる時代が来ます。まさに国民病。
では、私たちには、その心構えができているでしょうか。
医療や政治は、十分な体制を用意しているでしょうか。
そして、日本人の「がん」と「がん治療」がどんどん変化しているのに、
私たちはきちんと知識をもっているでしょうか……。
たくさんの「ひみつ」を通して、がんと、さらにその底に横たわる「日本人の死生観」をくっきり描き出す、
わかりやすく、最新の知識をコンパクトにまとめた、まったく新しい教科書。
いま、「がんを知る」ことが、「日本を知る」ことにつながります。

内容(「BOOK」データベースより)

この本では「がんのひみつ」、つまり「知られていていいのに、ほとんどの日本人が知らないがんの常識」を解説する。

商品の説明をすべて表示する

登録情報

  • 単行本: 168ページ
  • 出版社: 朝日出版社 (2008/1/10)
  • 言語: 日本語
  • ISBN-10: 4255004137
  • ISBN-13: 978-4255004136
  • 発売日: 2008/1/10
  • 商品パッケージの寸法: 13.2 x 12 x 1.6 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 4.7 18件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: 本 - 466,785位 (本の売れ筋ランキングを見る)
  • さらに安い価格について知らせる
    この商品を出品する場合、出品者サポートを通じて更新を提案したいですか?

  • 目次を見る

カスタマーレビュー

5つ星のうち 4.7
あなたのご意見やご感想を教えてください

トップカスタマーレビュー

形式: 単行本
日本の医療は最先端だと思っていた。日本はがん大国(なんと日本人の三人に一人ががんで死ぬ!)、ならば当然がん治療は世界で最も進んでるはず――ところが、欧米では減っているがんの死亡率が、なんと日本では増えているらしいのだ。

その理由は、日本人の「がん」感覚が遅れてるコトにあるらしい。ちゃんとしたがん知識がないから、医者のいいなりになってしまうのだ。

あなたが、もし、いまでも「がん=死」「がん=手術」「がん=痛みを我慢」「がん=最悪の病気」「医者は常に正しい」と思っているとしたら、その認識は時代遅れといえる。場合によっては、文字通りの命取りになるかもしれない!

この本を読んで、私の「がん」感覚は激変した。
基本知識を改めただけに終わらない。おおげさに言えば、人生観が変わった。

いままで「がんなんて絶対いやだ。死期がわかるのは怖い。ぽっくり死にたい」と思ってた。しかしこの本の作者は「どうせ死ぬならがんがいい」とびっくりするようなことを言っている。作者の考えに耳をかたむけるうち、「そうか」と思えてくる。死にたいする恐怖をすこしく和らげてくれる。
コメント 27人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本
実物が届いて、13×12×約2センチのサイズにビックリしました。
縦・横の大きさは、CDケースよりもひと回り小さいぐらい。
文庫本よりも縦幅が小さく、横の幅が少し大きいほどなので、文庫本を手にするのと同じくらいの感覚です。

「こたつやテーブルの上に置いておき、気が向いたときにもパラパラと読める」という趣が伝わってきます。
癌について真剣に考えたことのあるかたには物足りない内容ですが、

1:癌のことをよく知らない人には、癌を知るのに充分な癌の概要を押さえている
2:タイトルも敷居が高くない平仮名
3:小見出しが69に分けられ、各項目の文章は2ページなので読むのが苦痛にならない
4:難しい記述のしかたはなく、中高生向けの『癌の教科書』という感じ

以上の点から、10代の子どもや若い人がこれからのために読むには最適な1冊になっています。

私が子どもの頃は、身内や有名人のかたが癌で亡くなった話はたくさん聞かされました。
しかし、
『癌とは何か』ということや
『ガンの原因』といった、癌についての具体的な話は学校や家庭ではあまりされなかった気がします。

大人になれば誰もが向き合わなければならない『ガンについての勉強』を、若いうちからしても損はないと思います・・・。
コメント 30人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本
これまで何冊ものがん関係の医学書を翻訳していますが、重要なことをこれほどコンパクトにまとめられるとは想像もしてみませんでした。
ことに本書は、翻訳書にはない「死なないつもりの日本人」の心理的な特徴をつかんだ語りが素晴らしい。
“日本のがん医療では手術ばかり行われ、放射線治療が少ない、がんの症状緩和がまったく足りない、麻薬の使用量が極端に少ない"といった問題点の根幹に、“日本人の不死感がある”という指摘は当たっています。
「がんの話など聞きたくもない」というムードがあるのは、死なないつもりだから、という点もおおいに同感です。

特に予防、検診、治療法を自分で選ぶ、緩和治療、が重要な点です。
日本では、鎮痛剤がとても悪者扱いです。私もがまんしてしまうほうでしたが、書物を読むだけでなく自分の体験ですっかり考えが変わりました。
がんの治療で「痛み」や「苦しみ」を軽減するほうが延命できるのは事実です。痛みや苦しみはそれだけでも命を縮めるのですから。

私は「ラッキーに長生きしたら、遅かれ早かれ、誰でもなんらかのがんに罹ると考えたほうがよい」と思っています。
「死なないつもり」でいる方は、きっと長生きしたいのでしょうから、かえってちゃんと心の準備しておいたほうが良いと思います。
というわけで、おおいにおすすめの本です。
コメント 7人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
投稿者 rinda 投稿日 2008/2/10
形式: 単行本
3冊まとめて注文すべき良書。

送料の負担があるので、書店に注文したが、なかなか届かず、イライラした。
読んでみると、まさに、目からウロコ。(非常に読みやすい)
実に、国民の2人に1人が、がんになると!
日本は世界一のがん大国!、なれど、がん対策後進国と!
著者の言うように、商品知識のない市民は、よい医療を買えない。
医療は、市民のレベル(商品知識)通りのものにしかならないのだろう。
その意味では、医療不信の問題も考え直す必要があるかもしれない。
友人3人に、3冊セットでの購入を勧めた。
彼らも同じような感想を持ったようである。
政治家にも読んでもらいたい。日本人必読の良書だろう。
コメント 13人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告

最近のカスタマーレビュー