中古品
¥ 91
+ ¥ 257 関東への配送料
中古品: 良い | 詳細
コンディション: 中古品: 良い
コメント: ◎帯が付いています。 ◎カバーに使用感があります。中は比較的きれいです。 ◎書き込み等はありません。 ◎迅速・丁寧な発送を心がけておりますのでよろしくお願いします。 ◎ご覧いただきまして、誠にありがとうございました。
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
この画像を表示

がんと心 単行本 – 2004/11/30

5つ星のうち 4.2 5件のカスタマーレビュー

その他(2)の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
価格
新品 中古品
単行本
¥ 1
文庫
¥ 4,937 ¥ 1
click to open popover

キャンペーンおよび追加情報


Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。


商品の説明

内容(「BOOK」データベースより)

多くの人が治るようになった今も、がんは死に至る病として、告知をされた人の衝撃は大きい。また、長い闘病生活での葛藤。再発への不安。がんにはがんそのものの闘病と、精神的な闘病と二つの側面がある。がんのつらさとは何か?精神科医の内富庸介先生と、エッセイストの岸本葉子さんが、がんと心についてトコトン話し合った。主治医とのつきあい方、ストレスとがんのホントの関係、第2の患者=家族のこと、サポートグループの効用、そして、もし、再発をしてしまったら…。不安や孤独は、つきることはないけれど、それは、あなただけじゃない。病はあっても、自分らしく、生きるための心の指針。

著者略歴 (「BOOK著者紹介情報」より)

岸本/葉子
1961年生まれ。エッセイスト。東京大学卒業。女性の生き方、考え方などを、身辺雑記を中心に、真摯で楽しいエッセイとして発表してきた

内富/庸介
1959年生まれ。精神科医。広島大学医学部卒業。国立呉病院・中国地方がんセンターを経て、米国スロンケタリングがんセンター記念病院にて研修をうけ、現在は国立がんセンター研究所支所・精神腫瘍学研究部部長。専門は、がんの診断後に生じる落ち込みや不安のケアについて(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)


登録情報

  • 単行本: 203ページ
  • 出版社: 晶文社 (2004/11/30)
  • 言語: 日本語
  • ISBN-10: 4794966385
  • ISBN-13: 978-4794966384
  • 発売日: 2004/11/30
  • 梱包サイズ: 18.6 x 13 x 2 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 4.2 5件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: 本 - 969,398位 (本の売れ筋ランキングを見る)
  • さらに安い価格について知らせる
    この商品を出品する場合、出品者サポートを通じて更新を提案したいですか?

  • 目次を見る

カスタマーレビュー

トップカスタマーレビュー

2004年12月29日
形式: 単行本|Amazonで購入
11人のお客様がこれが役に立ったと考えています
|コメント|違反を報告
2009年6月8日
形式: 単行本|Amazonで購入
9人のお客様がこれが役に立ったと考えています
|コメント|違反を報告
2011年4月4日
形式: 単行本
1人のお客様がこれが役に立ったと考えています
|コメント|違反を報告
2005年2月4日
形式: 単行本
18人のお客様がこれが役に立ったと考えています
|コメント|違反を報告
2005年1月11日
形式: 単行本
2人のお客様がこれが役に立ったと考えています
|コメント|違反を報告