通常配送無料 詳細
残り18点(入荷予定あり) 在庫状況について
この商品は、Amazon.co.jp が販売、発送します。 ギフトラッピングを利用できます。
がん‐4000年の歴史‐ 上 (ハヤカワ文庫NF) がカートに入りました
+ ¥ 257 関東への配送料
コンディション: 中古品: 良い
コメント: ■書き込みやマーカー等の線引きはございません。■ページやカバーは、中古のため多少のスレ、ヨレ、ヤケ、折れ、細かな傷があることがありますが、全体的に良好です。■商品によってはAmazonの商品画像と異なる場合があり、発行年月日や翻訳者が違う場合がございますので事前にご連絡をください。また、帯は付帯していない場合がございますのであらかじめご了承ください。■ご注文確定後48時間以内に発送いたします。■発送は原則ゆうメールとなります(配送方法はAmazonの規定に沿って発送いたします)。※【返金返品について】商品の状態は確認しておりますが、万が一見落とし、配送時のトラブル等の不都合がございましたらAmazonの規定に準じて誠意を持って対応させていただきますのでご連絡ください。なお、コンディション、配送並びに返金返品につきましては事前にAmazonのヘルプページをご確認ください。【特記】ゆうメール(日本郵便)は日祝配送休み、追跡番号はありませんのでご了承ください。
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
2点すべてのイメージを見る

がん‐4000年の歴史‐ 上 (ハヤカワ文庫NF) 文庫 – 2016/6/23

5つ星のうち 4.7 3件のカスタマーレビュー

その他()の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格
新品 中古品
文庫, 2016/6/23
"もう一度試してください。"
¥ 994
¥ 994 ¥ 639

AmazonStudent

Amazon Student会員なら、この商品は+10%Amazonポイント還元(Amazonマーケットプレイスでのご注文は対象外)。

click to open popover

キャンペーンおよび追加情報


よく一緒に購入されている商品

  • がん‐4000年の歴史‐ 上 (ハヤカワ文庫NF)
  • +
  • がん‐4000年の歴史‐ 下 (ハヤカワ文庫NF)
  • +
  • 死すべき定め――死にゆく人に何ができるか
総額: ¥5,012
ポイントの合計: 153pt (3%)
選択された商品をまとめて購入

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。



レビュー100件以上ストア開設!
レビュー件数が100件以上で、★★★★以上の自己啓発・英語・レシピ本などが探せます。 >> 今すぐチェック

商品の説明

内容紹介

鳥越俊太郎氏(ニュースの職人)推薦
「現役のがん患者も将来のがん患者もがんの正体・治療法は知りたい。それがここにある。救いと絶望。興奮の書だ」

仲野徹氏(大阪大学大学院教授)激奨
「読み始めてあまりの面白さに驚嘆した。……ミステリーを読むかのように一気に読み終えることができる」(本書解説より)

ピュリッツァー賞&ガーディアン賞受賞! 各界で絶賛を浴びた傑作ノンフィクション

紀元前から現代まで、4000年にわたって人々を苦しめてきた「がん」。古代エジプトの医師イムホテプが「治療法はない」と述べたその腫瘍を、医聖ヒポクラテスは「カルキノス(「カニ」)」と名づけ、19世紀の外科医は「あらゆる病の皇帝」と怖れた。患者、医師たちの苦闘のドラマを通して、謎めいた病魔の真の姿を浮かびあがらせ、ピュリッツァー賞ほか各賞を総なめにした傑作ノンフィクション。『病の皇帝「がん」に挑む』改題

出版社からのコメント

〈本書が受賞した主な賞〉
☆ピュリッツァー賞(一般ノンフィクション部門)
☆ガーディアン賞(初代)
☆PEN/E・O・ウィルソン賞
☆《ニューヨーク・タイムズ》年間ベストブック
☆《タイム》オールタイム・ベストノンフィクション
☆Amazon.com月間ベストブック
そのほか、海外・日本の医療関係者から絶賛の声多数。

朝日新聞、日経新聞ほか主要紙誌に書評掲載多数(単行本)。

商品の説明をすべて表示する

登録情報

  • 文庫: 512ページ
  • 出版社: 早川書房 (2016/6/23)
  • 言語: 日本語
  • ISBN-10: 4150504679
  • ISBN-13: 978-4150504670
  • 発売日: 2016/6/23
  • 商品パッケージの寸法: 16 x 10.6 x 1.9 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 4.7 3件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: 本 - 49,284位 (本の売れ筋ランキングを見る)
  • さらに安い価格について知らせる
    この商品を出品する場合、出品者サポートを通じて更新を提案したいですか?

  • 目次を見る

この商品を見た後に買っているのは?

カスタマーレビュー

5つ星のうち 4.7
あなたのご意見やご感想を教えてください

トップカスタマーレビュー

投稿者 100名山 VINE メンバー 投稿日 2016/9/13
Amazonで購入
著者が本書を執筆した動機は患者からの質問だったそうです。
しかし、腎臓癌と前立腺癌ですでに4つの臓器を失った私としては堪える内容です。
下巻で少しは希望が見えてほしいというところが本音です。
先端医療を受ける際、医師から「後に続く人のためになります。」と言われましたが、苦笑いです。
全ての歴史に言えることですが、多くの犠牲の上に今日のがん医療があり、私がいま生きているのだなと思いました。
いろいろな動機でがん医療に携わる医師。
単純に生きたいから治療を受ける患者。
ガンしか見えない医師。
下巻には生と死の間を見る医師が登場するかな。
癌になる前に読んだ方がいい本だと思います。
コメント 8人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
Amazonで購入
上下巻で約800ページもあり、正直読むだけでも大変だが ピューリッツァー賞を取っただけあって構成と中身の充実度では飽きさせない。
一方で研究しながら腫瘍医をしてる筆者が、5年も掛けて書く執念には敬服させられるし、この様な本を書いてくれることに感謝と尊敬の念を抱く。
個人的にガン関係の本に異常に興味をかき立てられるし、相当な数を読んできたが、早い話この本を読めば十分ではないかと思わされる内容の充実ぶりなので、お勧めではあるが中身はそれなりに難しい。

筆者は腫瘍医なので化学療法(抗ガン剤)の話しと歴史が主体であるが、まず圧倒されるのが化学療法の死屍累々の歴史であり、はっきりそうだとは書いてないが、現在のガン治療が、助からなかった多くの命の上に積み重ねた経験則の様なものだということがはっきり理解できる。化学療法とはなんと凄惨な歴史なのかと慄然とするが、ガンを殺すか患者を殺すギリギリの攻防は、患者の生に対する飽くなき執着と力尽くでもなんとか突破口を見つけようとする西欧人特有の異常なまでのバイタリティを見せつけられる。
日本の医学界のガン治療の貢献度は高くないと聞くが、それはもう民族性の違いというか、そんな恐ろしい治療を考えつけないし実行も出来ないという部分で当然だと感じる。

遺伝子解析の技術の進歩と共にガンのメカニズ
...続きを読む ›
コメント 33人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
がんの種類、特徴、症状について人類が学んできた歴史と闘うすべとして手に入れてきた治療法について、また治療法を発展させた社会的背景について古代から中世、近代のヨーロッパ、アメリカ、現代の病院を自在に行き来する記述は飽きさせません。
本書を読めば自分が万が一の時に、あるいは既に治療を受けた大切な人に何が起き、何が行われ(辛い副作用を含め)、それはどうやって人類が手に入れたものでその時体内では何が起こっているのかを知ることができます。
コメント 3人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告