通常配送無料 詳細
残り1点(入荷予定あり) 在庫状況について
この商品は、Amazon.co.jp が販売、発送します。 ギフトラッピングを利用できます。
かんなぎ (5) (REX COMICS) がカートに入りました

お届け先住所
アドレス帳を使用するにはサインインしてください
または
-
正しい郵便番号を入力してください。
または
+ ¥ 257 関東への配送料
コンディション: 中古品: 非常に良い
コメント: 『カバー上の値札等のシールは除去済みです!』かんなぎ。中古商品。背表紙の色褪せもなく綺麗です。クリーニングを行い、迅速にお届けいたします(付録付きの商品の場合、付録は付属しておりません)。
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
この画像を表示

かんなぎ (5) (REX COMICS) コミックス – 2008/8/9

5つ星のうち 4.7 6件のカスタマーレビュー

その他(2)の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格
新品 中古品
Kindle版
"もう一度試してください。"
コミックス
"もう一度試してください。"
¥ 596
¥ 596 ¥ 1

この商品には新版があります:

かんなぎ 11 (REX COMICS)
¥ 620
(6)
在庫あり。
click to open popover

キャンペーンおよび追加情報


よく一緒に購入されている商品

  • かんなぎ (5) (REX COMICS)
  • +
  • かんなぎ 6 (REX COMICS)
  • +
  • かんなぎ (4) (REX COMICS)
総額: ¥1,788
ポイントの合計: 54pt (3%)
選択された商品をまとめて購入

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。



【Amazon Global】OTAKU Store
Figures, Video Games, Blu-ray, DVD and Music of Japanese Anime, Games and Pop Culture Shop now

商品の説明

内容紹介

美術部の合宿も終わり、物語は白亜の過去へ。
同人誌を作ろうとするが人手もページも足りず、ナギ様とざんげちゃんはコスプレ対決を始め……!?
笑っていいのか泣けばいいのか分からない、うれしはずかし武梨えり初期読切作品「モーリー」も収録♪
恒例の合作ピンナップは「ひだまりスケッチ」の蒼樹うめ先生!!必見!
夏休みDOKIDOKI★神宿り伝奇コミック第5弾!


登録情報

  • コミック: 180ページ
  • 出版社: 一迅社 (2008/8/9)
  • 言語: 日本語
  • ISBN-10: 475806105X
  • ISBN-13: 978-4758061056
  • 発売日: 2008/8/9
  • 梱包サイズ: 18 x 13 x 2.2 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 4.7 6件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング:
  • さらに安い価格について知らせる
    この商品を出品する場合、出品者サポートを通じて更新を提案したいですか?


この商品を見た後に買っているのは?

カスタマーレビュー

5つ星のうち 4.7
あなたのご意見やご感想を教えてください

トップカスタマーレビュー

投稿者 西京BOY 殿堂入りレビュアートップ1000レビュアー 投稿日 2008/8/10
形式: コミック
武梨えり「かんなぎ」の5巻。今回のピンナップゲストは蒼樹うめ(ひだまりスケッチ)

結論から言うと今までで一番印象に残った。別にナギの出番が多いわけでもないし、
ストーリー的に大きな進展があったわけでもない。
むしろ幕間といった感じの巻なのに。 とにかく後味が非常にさわやかで、いい気分になれた。

今回も読みやすいネームとすっきりした絵柄で楽しませてくれたのだが、
いつもとは方向性が違うように思った。一言で言うとシリアス。
もちろんいつも通りのゆるいギャグもあるし、書き下ろしの漫画の内容もアレだし、
秋葉君の同人誌制作の話の過程とオチでは盛大に笑わせてもらった。(描き方が上手い!)
「遊び」の部分を必ず入れるあたり、バランスに対するこだわりも感じたのだが。

しかし、読み手として一番心を引っ掻き回されたのは間違いなくざんげちゃんと白亜の話だ。

いわゆる過去編というやつで、白亜とざんげちゃんの馴れ初めのエピソードなのだが
これが本当に「かんなぎ」のテンションなのか?というほど
いつもとは驚くほど会話のトーンを落とし、雰囲気を研ぎ澄ましている。
淡々とした感じもするが、最後にはとびっきりの暖かさを描いて終わる。
...続きを読む ›
コメント 32人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: コミック
「かんなぎ」を読み始めて、初めて「この本は面白かった」と心から思える内容でした。

Amazonでの評価が高かったので「かんなぎ」を読み始めてみたものの、正直な話、4巻までを読んだ限りではそれほど面白いとも思えず、どちらかと言うとダーク系作品好きな自分には合わないなぁと思っていました。特にレビューは書いてませんが、星の数で言えば3個ぐらいの評価しか付けられなかったと思います。(唯一、ナギ様のくだらないギャグと、それに一人でウケている姿は爆笑モノでしたが)

しかしこの5巻はとても面白く、一気に読み進めてしまいました。同時に、今後の展開が非常に楽しみな作品として、自分の中での本作の評価が一変しました。

白亜の過去話は重い内容ですがラストはとても暖かく、泣けます。
ざんげちゃんはとてもクセが強いキャラで好き嫌いが別れると思いますが、この過去話で評価が変わった人も多いのではないでしょうか。
この話を読んだ後にP.19を読むと、白亜のセリフに込められた想いがぐっと強く感じられます。
また、白亜とざんげちゃんばかりにスポットが当たってしまいがちですが、「アンナ」もとても魅力的なキャラですね。
さっぱりした男らしい(笑)性格で、真実を知っても深く考えずに「二人共よろしく!」と言えるあたり、普通
...続きを読む ›
コメント このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: Kindle版 Amazonで購入
分身霊という概念が面白いですね。
この概念は本物の神道にあるのでしょうか。
少し勉強してみないとわかりませんね。
コメント このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告