通常配送無料 詳細
残り1点(入荷予定あり) 在庫状況について
この商品は、Amazon.co.jp が販売、発送します。 ギフトラッピングを利用できます。
かわいい江戸絵画 がカートに入りました
コンディション: 中古品: 良い
コメント: 帯つき。カバーに背ヤケがありますが概ね状態良好です。
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
この画像を表示

かわいい江戸絵画 大型本 – 2013/8/23

5つ星のうち 4.8 6件のカスタマーレビュー

その他()の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格
新品 中古品
大型本, 2013/8/23
"もう一度試してください。"
¥ 3,024
¥ 3,024 ¥ 2,109

AmazonStudent

Amazon Student会員なら、この商品は+10%Amazonポイント還元(Amazonマーケットプレイスでのご注文は対象外)。

click to open popover

キャンペーンおよび追加情報


よく一緒に購入されている商品

  • かわいい江戸絵画
  • +
  • 江戸かわいい動物 たのしい日本美術
  • +
  • かわいい琳派
総額: ¥7,236
ポイントの合計: 218pt (3%)
選択された商品をまとめて購入

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。



【Amazon Global】OTAKU Store
Figures, Video Games, Blu-ray, DVD and Music of Japanese Anime, Games and Pop Culture Shop now

商品の説明

内容(「BOOK」データベースより)

「かわいい」とは何か?その歴史を探る。2013年春、府中市美術館で開催され、その視点の斬新さで大反響を巻き起こした展覧会図録を、ついに書籍化!


登録情報

  • 大型本: 248ページ
  • 出版社: 求龍堂; B5変型版 (2013/8/23)
  • 言語: 日本語
  • ISBN-10: 4763013246
  • ISBN-13: 978-4763013248
  • 発売日: 2013/8/23
  • 商品パッケージの寸法: 2.4 x 20 x 26.5 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 4.8 6件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: 本 - 249,773位 (本の売れ筋ランキングを見る)
  • さらに安い価格について知らせる
    この商品を出品する場合、出品者サポートを通じて更新を提案したいですか?

  • 目次を見る

この商品を見た後に買っているのは?

カスタマーレビュー

5つ星のうち 4.8
あなたのご意見やご感想を教えてください

トップカスタマーレビュー

投稿者 suihou トップ100レビュアーVINE メンバー 投稿日 2014/4/28
Amazonで購入
2013年春に府中美術館で開催され、そのときに好評で売り切れた図録を書籍化したもの。
本展を観に行けばよかった、と思わせる、ユニークな一冊です。

「かわいい」は現代の少女たちの発するオールラウンド形容詞として、社会学の論考にもなっていますが、「かわいい」の究極ともいえる日本のアニメやマンガのキャラクターたちのルーツは、じつは江戸絵画にあるのでは、というのが、展覧会の大まかな趣旨です。

 まず、どういう絵を「かわいい」として集めたのか。
 巻頭のふたりの学芸員の論考がよく示していますが、「かわいい」が現代のような意味に使われはじめたのは江戸時代であり、そこに関連する概念としてピックアップできるのは、「滑稽」「つたなさ」「素朴」「ゆるさ」「簡略化」などです。
 これらはなるほどマンガにつながってゆくラインといえます。

 中でも応挙のまるまるとした子犬のかわいらしさは無類です。応挙は他にも亀や虎などたくさんの動物を描いており、「かわいい」とはまず、江戸人が動物に注いだ目であったようです。もちろん有名すぎる国芳の猫もたっぷりと見せてくれます。
(国芳の猫がリアルな中にも様式をもっていたのに対し、応挙の犬のほうはほんとうにとろけそうな立体描写です・・・)

 そして、
...続きを読む ›
コメント 7人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
Amazonで購入
府中美術館でやっていた展覧会の図録の書籍化。いや〜これはかわいい。
即買いしてしまいました。
展覧会にも行きたかったと後悔するぐらいの充実した内容です。
コメント 15人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
本書は、府中市美術館で2013年3月9日から5月6日に開催された同名の「かわいい江戸絵画」展の図録が好評につき、売り切れになったことに伴い、補足を加えて刊行されたという書籍です。

美術図録はコストパフォーマンスに優れていますが、本書は企画意図、掲載作品、解説の素晴らしさとどれをとっても満足度の高いもので、美術愛好家にとって評価されるものだと推察しています。
「かわいい」という切り口で江戸絵画を集め、企画したという学芸員の方の発想と構成力、そして掲載論文の秀逸さが本書の価値を高めているのは間違いありません。

府中市美術館の金子信久氏の論文「『かわいい絵』の論理と歴史」で本企画のねらいと絵画の歴史を記して俯瞰して眺めることで、その特徴がつかめるようになっています。
「根っからのマンガの国としての歴史と、そこに流れ続ける心にも、思いを寄せたいところである。」という一文は掲載作品の位置づけにも大きな意味を持つコメントでした。

同様に音ゆみ子氏の「応挙の子犬」も読ませる内容でした。応挙が子犬を沢山描いているのは知っていますし、美術館でも観賞しましたが、一連の大作と比較してこれまであまり評価されてこなかったのも事実です。そこにスポットライトをあてて展開される論考は読ませます。「応挙は『子犬の絵』を一変させたと
...続きを読む ›
コメント 7人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告