¥ 1,944
通常配送無料 詳細
残り3点(入荷予定あり) 在庫状況について
この商品は、Amazon.co.jp が販売、発送します。 ギフトラッピングを利用できます。
かわいいナビ派 がカートに入りました

お届け先住所
アドレス帳を使用するにはサインインしてください
または
-
正しい郵便番号を入力してください。
または
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
6点すべてのイメージを見る

かわいいナビ派 単行本 – 2017/2/2

5つ星のうち 4.0 1 件のカスタマーレビュー

その他()の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格
新品 中古品
単行本, 2017/2/2
"もう一度試してください。"
¥ 1,944
¥ 1,944 ¥ 4,640

AmazonStudent

Amazon Student会員なら、この商品は+10%Amazonポイント還元(Amazonマーケットプレイスでのご注文は対象外)。

click to open popover

キャンペーンおよび追加情報


よく一緒に購入されている商品

  • かわいいナビ派
  • +
  • ヴュイヤール:ゆらめく装飾画 (「知の再発見」双書166)
  • +
  • 美術の窓 2017年 3 月号 [雑誌]
総額: ¥5,318
ポイントの合計: 111pt (2%)
選択された商品をまとめて購入

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。



【Amazon Global】OTAKU Store
Figures, Video Games, Blu-ray, DVD and Music of Japanese Anime, Games and Pop Culture Shop now

商品の説明

内容紹介

今国際的に注目されているナビ派。19世紀末パリで活動した若き芸術家グループの魅力を「かわいい」という切り口で読み解く。

内容(「BOOK」データベースより)

ささやかな日常に目を向けたナビ派は、フラットで奥行き感のない表現などの、日本的な描写に大きな影響を受けました。しかし、彼らはそれだけでなく、八百万の神とともに生き、身の回りの微細な自然にまで精神的なものを見ていた日本人の内に育まれた「かわいい」感性にも、無意識に共鳴した画家たちだったのかもしれません。

商品の説明をすべて表示する

登録情報

  • 単行本: 119ページ
  • 出版社: 東京美術 (2017/2/2)
  • 言語: 日本語
  • ISBN-10: 480871079X
  • ISBN-13: 978-4808710798
  • 発売日: 2017/2/2
  • 梱包サイズ: 21.2 x 14.8 x 0.9 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 4.0 1 件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: 本 - 224,363位 (本の売れ筋ランキングを見る)
  • さらに安い価格について知らせる
    この商品を出品する場合、出品者サポートを通じて更新を提案したいですか?

  • 目次を見る

この商品を見た後に買っているのは?

カスタマーレビュー

5つ星のうち 4.0
星5つ
0
星4つ
1
星3つ
0
星2つ
0
星1つ
0
カスタマーレビューを表示
あなたのご意見やご感想を教えてください

トップカスタマーレビュー

投稿者 sasabon #1殿堂トップ50レビュアーVINE メンバー 投稿日 2017/4/9
冒頭の特集の「ナビ派のかわいいってなんだろう?」の8ページに「1890年、パリの国立美術学校で開催された『日本の版画展』は、ナビ派の画家たちにとって大きな出来事となりました。」と述べてありました。「日本美術から影響を受けたフラットな色面や奥行きを排除した装飾的な作品(7p)」を見るにつけ、確かに日本人にとって親しみのある可愛さが伝わってきます。本書のテーマもそこに着目して展開してありました。
本書は、だいたい1ページに1作品掲載し、時には見開き2ページで1つの作品を紹介していますので、判型のイメージより、作品の細部を知ることが出来ました。

「日本かぶれのナビ ピエール・ボナール」での日本美術への傾倒ぶりが作品から伝わってきます。解説に詳しく書かれていますが、浮世絵のモティーフや手法が作品に生かされています。そこから「かわいい」対象物を絵画に収めることで、より親しみのある作風が確立していくようでした。

第2章は、「ズアーヴ兵のナビ エドゥアール・ヴュイヤール」です。「私的空間を彩る装飾芸術」を特徴とする画家です。46ページの見開きで掲載されている『公園』はパノラマ画面による「屏風」をイメージした作品でしょう。日本美術の影響はここでも見て取れますし、画面から愛らしさが伝わってきました。

第3章「美しきイコンのナ
...続きを読む ›
コメント 7人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告

関連商品を探す