中古品
¥ 1
+ ¥ 257 関東への配送料
コンディション: 中古品: 非常に良い
コメント: 中古品のため商品は多少の日焼け・キズ・使用感がございます。記載ない限り帯・特典などは付属致しません。万が一、品質不備があった場合は返金対応致します。(管理ラベルは跡が残らず剥がせる物を使用しています。)中古品のため商品は多少の日焼け・キズ・使用感がございます。記載ない限り帯・特典などは付属致しません。万が一、品質不備があった場合は返金対応致します。(管理ラベルは跡が残らず剥がせる物を使用しています。)
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
この画像を表示

からくりサーカス (1) (少年サンデーコミックス) コミック – 1997/12

5つ星のうち 4.4 23件のカスタマーレビュー

その他(4)の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格
新品 中古品
Kindle版
"もう一度試してください。"
コミック
"もう一度試してください。"
¥ 802 ¥ 1
コミック, 1997/12
¥ 1

click to open popover

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。



【Amazon Global】International Shipping Made Easy
Shipping to over 65 countries, Simplify customs Learn more

商品の説明

内容紹介

▼第1話/開幕ベル▼第2話/しろがね▼第3話/プルチネルラとの戦い▼第4話/鳴海乱心▼第5話/鳴海の家にて▼第6話/約束▼第7話/誘拐組▼第8話/逃げる

出版社からのコメント

遺産相続絡みで命を狙われる少年・勝と彼を助けるためにからくり人形を操る女・しろがね。二人を中心に始まった熱血曲芸活劇、開演中--


登録情報

  • コミック: 191ページ
  • 出版社: 小学館 (1997/12)
  • 言語: 日本語
  • ISBN-10: 4091253318
  • ISBN-13: 978-4091253316
  • 発売日: 1997/12
  • 商品パッケージの寸法: 17.6 x 11.2 x 1.8 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 4.4 23件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング:
  •  カタログ情報を更新する画像についてフィードバックを提供する、または さらに安い価格について知らせる


カスタマーレビュー

5つ星のうち 4.4
あなたのご意見やご感想を教えてください

トップカスタマーレビュー

形式: Kindle版
作品については星5つです。
低評価なのはKindle版に対する不満です。
サンプルをダウンロードすれば判りますが見開きページの処理が酷いです。
雑誌掲載時に余白だった中央の箇所を無理やり左右のページを詰めて表示しているのでとても間抜けな見開きページになっています。(余白のままが良かったです)
他にもよく見ると原稿が少し斜めに表示されてたり、まるで素人がスキャナーで取り込んだかのようなひどい内容です。
他のサンデー作品も調べたらうしおととらやめ組の大吾も同じような内容でした。(め組は更に原稿のフチが写り込んでいました)
ある程度古い作品のみがこの状態で、ARMSや絶対可憐チルドレンなど少し新しい(?)作品はちゃんとした見開きが見れます。
藤田作品で見開きページが楽しめないのは致命的です。
昔大好きだったからくりサーカスが場所を取らずにいつでも読めると楽しみにしていただけにとても残念です。
ジャンプならどれだけ古い作品でもデジタル処理で美しい見開きに仕上げてますし、マガジンやチャンピオンは掲載時カラーページの再現までやってくれています。
サンデー作品はジャンプ作品より値段が高いのになぜ手足が繋がってなかったり顔が中央に寄ったキャラクターを見せられなければならないんでしょうか?
...続きを読む ›
1 コメント 48人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
投稿者 カスタマー 投稿日 2002/7/5
形式: コミック
莫大な遺産を引き継いだ11歳の少年、勝。そして人を笑わせないと死んでしまう奇病「ゾナハ病」に罹った青年、加藤鳴海。そして勝を護る使命を持った謎の人形使い、しろがね―――。
1巻では彼らの出会い、そして勝を狙う「人形使い達」との戦いが描かれている。
「うしおととら」の藤田和日郎節は失われておらず、相変わらず熱く勢いのある物語だ。最初はオドオドと大人しげな少年であった勝が逞しく成長していく様子もワクワクさせる。
そして驚くべきはそのストーリー性。至る所に伏線が張り巡らされていて(最初はそうとは気付かないが)、読み進んで行く内に、自分がいつのまにか圧倒的に壮大な物語の中に居る事に気付かせられる!(これは是非とも1巻~10巻くらいまでを通して読んでもらいたい。¼‰!
本当にこの方の物語の創造性には驚くばかり。読み始めたら止まらない、そんな中毒性のある作品だ(年表も自分で作りたくなる(笑))。
買うのであれば1~3巻までではなく、せめて7巻までを買って読んでいただきたい(その理由は読んだ方なら判る筈)。
コメント 53人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
投稿者 カスタマー 投稿日 2004/4/27
形式: コミック
今31巻まで読み終えましたがただ一言面白い。
私は今まで私は愛情、友情、決意、覚悟などの心情を描くマンガに対して「マンガだからね」という冷ややかな第三者目線で見ていましたが、このマンガはそんな私の固定観念を吹き飛ばしてくれました。
なんというかとても入り込めるんです。
キャラクターそれぞれがしっかり描かれ、絵に迫力があり、何よりストーリーがとてもよく練りこまれている。コレが大きな要因かもしれません。
たまにストーリーが深すぎて、最後は何がなんだか分からなくなってしまうほどの難しさではないのできっと誰でも深く入り込めると思います。
ただ、一つ言いたいことがあればあやつる人形にもっとそれぞれ特徴があればなあと思います。jojoのスタンドとまではいかなくてもいいんですが、、、、とおもったら31巻にて勝があやつる人形にはちゃんと特色が、、、もう完璧じゃないですか!
とにかくこの壮大なスケールの物語見ないでいるのは損です。
最初は立ち読みでも友達から借りてみるでもいいです。
騙されたと思ってみてみてください。 はまりますから
全然関係ないんですが藤田和日郎さんのいぜん書いていた”うしおととら”でアシスタントをしていたのが金色のガッシュの作者雷句さんです。 確かにガッシュには藤田さんゆずりの”情”がちらほら伺えますね。
コメント 33人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: Kindle版 Amazonで購入
本来は5つ星がダブルでつくくらいの傑作。
でも、電子書籍としての出来は自炊本並。
見開きでノドが切れて画面が繋がらないとか、恥知らずにも程がある。
元原稿から起こすくらいの手間は掛けなさいよ、小学館さん。
既に印刷書籍で持っている読者でさえ「これは欲しい」と思わせるクォリティの電子書籍ってのは、ちょっとした手間と工夫を惜しまなければ十分達成できるはずです。例えば、連載時のカラー表紙を巻末につけるとか、一部カラーページを再現するとか。
マンガワンが見開き非対応仕様になっているのは、旧作一気読みイベントでこういう批判を受けたくないからなんじゃないかと勘ぐりたくなるくらい、御社の電子書籍のクォリティは低いですよ、小学館さん。
作品と作家に対する愛とリスペクトがなさすぎ。
1 コメント 6人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告

最近のカスタマーレビュー



フィードバック