中古品
¥ 1
+ ¥ 257 関東への配送料
コンディション: 中古品: 良い
コメント: ■通常24時間以内に発送可能です。■午後4時までのご注文は通常当日出荷。■クリーニング済み。■中古品ではございますが、良好なコンディションです。■万が一品質に不備があった場合は返金対応。■防水梱包です。■決済は、クレジットカード、コンビニ決済・ATM・ネットバンキング・Edy払いがご利用可能です。
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
この画像を表示

からくりからくさ 単行本 – 1999/5

5つ星のうち 4.1 50件のカスタマーレビュー

その他(2)の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格
新品 中古品
単行本
"もう一度試してください。"
¥ 14,432 ¥ 1
文庫
"もう一度試してください。"
¥ 680 ¥ 1
click to open popover

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。



【Amazon Global】OTAKU Store
Figures, Video Games, Blu-ray, DVD and Music of Japanese Anime, Games and Pop Culture Shop now

商品の説明

内容紹介

祖母が遺した古い家に女が四人、私たちは共同生活を始めた。糸を染め、機を織り、庭に生い茂る草が食卓にのる。静かな、けれどたしかな実感に満ちて重ねられてゆく日々。やさしく硬質な結界。だれかが孕む葛藤も、どこかでつながっている四人の思いも、すべてはこの結界と共にある。心を持つ不思議な人形「りかさん」を真ん中にして――。生命の連なりを支える絆を、深く心に伝える物語。 --このテキストは、文庫版に関連付けられています。

内容(「BOOK」データベースより)

古い祖母の家。草々の生い茂る庭。染め織りに心惹かれる四人の娘と不思議な人形にからまる縁。蛇の夢。竜女の面。クルドの地。呪いと祈り、憎悪と慈愛。リバーシブルの布―私たちの世界。何かを探すためでなく、ただ日常を生き抜くために…。

商品の説明をすべて表示する

登録情報

  • 単行本: 380ページ
  • 出版社: 新潮社 (1999/05)
  • 言語: 日本語
  • ISBN-10: 4104299014
  • ISBN-13: 978-4104299010
  • 発売日: 1999/05
  • 商品パッケージの寸法: 18.8 x 14.2 x 2.8 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 4.1 50件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: 本 - 189,868位 (本の売れ筋ランキングを見る)
  • さらに安い価格について知らせる
    この商品を出品する場合、出品者サポートを通じて更新を提案したいですか?

カスタマーレビュー

トップカスタマーレビュー

形式: 文庫 Amazonで購入
人物描写もまあまあ面白く、さらりと読み始めたのですが、話が進むにつれ、伝統織物の説明の長いこと。りかさんの歴史も私自身が登場人物ほどに驚きがなく、結局最後まで読めませんでした。残念。
コメント このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 文庫
内側から光が輝くような個性を持った四人の女性。蓉子、与希子、紀久、マーガレットの四人。彼女たちが、ひとつ屋根の下で生活を共にし、あたかも弦楽カルテットのように、ひとりひとりが自分を主張しつつ、静かにハーモニーを奏でていく姿が素敵でした。
さなぎから美しい蝶に変身する如く、お互い同士の心の交流を通して、彼女たちは変容し、再生していく。その様子が、生き生きと作品の中に描き出されていたところ、本当に素晴らしかった。
話の経糸に、人形師にまつわる彼女たちを結ぶ宿世の縁を、話の緯糸に、織物の文様にまつわる東と西の国の繋がりを織り込み、ラストに収斂させてみせた手際の鮮やかさ。織物のある絵柄が、眼前に出現した瞬間の息を呑む見事さ。あれとこれとがそういう風につながっていって、こーんな壮大な絵が出来上がるのかあ、うわあっ! と声を上げたくなった感動が、最後の場面で押し寄せてきました。
りかさんが関わる話ってことで、新潮文庫の『りかさん』の二篇と合わせて読むと、味わいもひとしお。話の時系列的に言うと、「りかさん」「からくりからくさ」「ミケルの庭」とつながっていきます。なので、りかさんが蓉子にとってどれほど大切な存在かといったことが分かる『りかさん』を読んた後に、本書に向かうのが良いのではないでしょうか。
コメント 39人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 文庫
頭の中はどうなってるんだろう。 人間の今生きている社会がこの作者にかかると ぐいと四次元的に拡がっていく感じがする。

時間の進み方が世界中で一定なんて誰が計ったんだろう。
女性四人と市松人形一体が古民家風の家に同居することになる。 その四人が一箇所に集まるのは 必然か 偶然か。 大きな時間のつながりの中に巻き取られて どうなるのか全く予測できないまま最後まで引き込まれて読んだ。 静かだがどっしりと落ち着いて 重みのある文で 現在の作家の中では異質ではないか。もう一度読み直したいと読後すぐに思った。

購入から随分経って 本棚の並んでるのをふとまた手にとってしまう。其処に何か確かめなければならないものが有るかのように。 この作家の他の本からも感じとれる ものや人の存在と自分との独特の距離感。そこにあるけど 手に取るまでに空気が歪んで到達できるような 不思議な感覚はこの作品で特にぬきんでて上手く表現されていると思う。
コメント 4人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 文庫
「からくりからくさ」は、「西の魔女は死んだ」「裏庭」の中のやわらかさ・透明感・命の温かな存在感をそのままに伝えながら、それ以上の力強さとの美しさを持った作品である。人間が、女が、民族が、生きることの、怨念や情念、祈りや慈しみを重層的に描きながら、それらが澄んだ一つのトーンを創っていく。梨木香歩の作品は、独特の世界があり、体と心にしみるように入ってくる文章なのだが、そこにどこか手作りの初々しさがあるように思う。それは、この作者の登場人物達がみな「手仕事」を愛おしんでいるからであろうか。文庫版390ページの老婆の温かさが、忘れられない。
コメント 42人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 文庫
 最初は、女性向けの文章、だと思った。
 そう思いながら最後まで読んでいったら、これはみんなに読んで欲しい、と思った。

 「みんな」は誰を指しているんだろう?
 連綿と続いてきた「みんな」。
 炎を心に持っている「みんな」。
 僕らが受け継いでいく「みんな」。

 梨木香歩の「からくりからくさ」は、四人の女性と一体の人形が、亡くなった祖母の家で暮らし始めたのをきっかけに縁を紡いでいく物語。
 それぞれがまっすぐで、それぞれが闇を抱えていて、ときに交わり、ときに離れ。

 物語は人形にまつわる来歴を中心に展開されていくが、そこに込められているのは人間たちの想い。
 果てることのない、想い。

 読み終わると、世界が少し重みを増したように感じた。
 光も闇も、受け継いで生きていこうと思った。
 
コメント 9人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 文庫
女性ばかりが登å 'する物語では、その対æ¯"のため、あえて両極の特性ã‚'際立たせて書かれるã"とが多いように思う。とã"ろがã"のお話では、登å 'するï¼"人の女性は多くのå...±é€šç‚¹ã‚'有ã-ている。ã'れど、彼女たちの性格や考えæ-¹ã¯ã‚‚ちろã‚"それぞれに独立ã-ていると感じるので不思議。
思うに、小説に描かれる人物は往ã€...にã-てきっちりとã-た人物設定がなされã€
...続きを読む ›
コメント 10人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告

最近のカスタマーレビュー