中古品
¥912
+ ¥350 配送料
コンディション: 中古商品: 良い
コメント: 線引き、書込みなし。全体に経年によるヤケ・汚れ少々あり。1998年12月8日初版。(63)
この商品は1-Click注文できません。
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
この画像を表示

著者をフォロー

何か問題が発生しました。後で再度リクエストしてください。


かぼちゃと風船画伯―愛と幻想の版画家・谷中安規の生と死と (日本語) 単行本 – 1998/11/1

5つ星のうち4.5 3個の評価

その他 の形式およびエディションを表示する 他の形式およびエディションを非表示にする
価格
新品 中古品
単行本
¥912
¥912
お届け日: 8月14日 - 16日 詳細を見る
click to open popover

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • iOSアプリのダウンロードはこちらをクリック
    Apple
  • Androidアプリのダウンロードはこちらをクリック
    Android
  • Amazonアプリストアへはこちらをクリック
    Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。

kcpAppSendButton

商品の説明

内容(「BOOK」データベースより)

「白と黒」社の版画雑誌を土俵とし、切磋琢磨した二人の天才、棟方志功を谷中安規。土着性をむきだしにした大作の志功に対し、安規は幻想的な小品が持ち味。万事に積極的で自己顕示欲が強く、大きな声でワイワイ合いの手を入れ、唾を飛ばしてしゃべる志功に、小声でボソボソ話す安規―陽と陰。戦後になって大輪の花を咲かせた志功と、四十九歳で孤独の死を迎えた安規の生涯。

内容(「MARC」データベースより)

「白と黒」社の版画雑誌を土俵とし、切磋琢磨した二人の天才・棟方志功と谷中安規。薄幸な生い立ちを背負い、貧乏を友としながら自分の気の向く仕事をコツコツと成し遂げ、49歳で孤独な死を迎えた安規の生涯を描く。

登録情報

カスタマーレビュー

5つ星のうち4.5
星5つ中の4.5
評価の数 3
星5つ
48%
星4つ
52%
星3つ 0% (0%) 0%
星2つ 0% (0%) 0%
星1つ 0% (0%) 0%
Amazonは星評価をどのように計算しますか?

この商品をレビュー

他のお客様にも意見を伝えましょう
2013年9月15日に日本でレビュー済み
Amazonで購入
1人のお客様がこれが役に立ったと考えています
コメント 違反を報告
2015年10月2日に日本でレビュー済み
Amazonで購入
2013年3月1日に日本でレビュー済み
3人のお客様がこれが役に立ったと考えています
コメント 違反を報告