中古品
¥ 1
+ ¥ 257 関東への配送料
中古品: 非常に良い | 詳細
発売元 豆ノ木書房A
コンディション: 中古品: 非常に良い
コメント: 帯なし。アマゾン専用在庫です。丁寧に研磨クリーニング・梱包し、迅速に発送いたします。
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
この画像を表示

かのこん〈6〉ナギサのぱいぱいぷー (MF文庫J) 文庫 – 2007/1

5つ星のうち 3.5 2件のカスタマーレビュー

その他(2)の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格
新品 中古品
Kindle版
"もう一度試してください。"
文庫
"もう一度試してください。"
¥ 1
click to open popover

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。



【Amazon Global】OTAKU Store
Figures, Video Games, Blu-ray, DVD and Music of Japanese Anime, Games and Pop Culture Shop now

商品の説明

内容(「BOOK」データベースより)

小山田耕太(人間)と源ちずる(正体は狐の妖怪)は薫風高校の名物カップルだ。常に人目もはばからずいちゃいちゃラブラブしている二人にとって、初めて一緒に過ごす夏休みがやってきた。ちずるたちは、自称耕太の「アイジン」の少女・犹守望(狼の妖怪)、ちずるの弟・たゆら(狐の妖怪)や委員長・朝比奈あかね、耕太とちずるを「パパ上ママ上」と慕う双子の少女・七々尾蓮と藍たちを巻き込んで、遊びにいく計画を立てるが、そこに待ち受けていたのは意外な人物だった―。絶好調・かのこんシリーズ、ひと夏のアバンチュールを体験!?の第6巻です。

著者略歴 (「BOOK著者紹介情報」より)

西野/かつみ
岩手県在住。第一回MF文庫Jライトノベル新人賞佳作受賞(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)


登録情報

  • 文庫: 295ページ
  • 出版社: メディアファクトリー (2007/01)
  • 言語: 日本語
  • ISBN-10: 4840117853
  • ISBN-13: 978-4840117852
  • 発売日: 2007/01
  • 商品パッケージの寸法: 14.8 x 10.6 x 2 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 3.5 2件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: 本 - 1,152,538位 (本の売れ筋ランキングを見る)
  • さらに安い価格について知らせる
    この商品を出品する場合、出品者サポートを通じて更新を提案したいですか?

カスタマーレビュー

5つ星のうち 3.5
あなたのご意見やご感想を教えてください

トップカスタマーレビュー

形式: 文庫
内容】プールで 海でと、イチャイチャする二人と、
少し、本当に少しだけ物語が終盤に向け動きだした内容。

批評】いつもどおりの耕太とちずるのイチャイチャな展開はもとより、
今回は、たゆらが、あかねに虐められて喜ぶ展開が中々楽しめる出来でした。

むしろ、たゆらに萌え?

物語の進展については、進んでいるんだか進んでいないんだか微妙ですが
使える尻尾が増えたり、伏線らしき発言がでたりと終わりが近いのかも
知れませんね。まだまだ、続いて欲しいとは思いますが、次回作も
似たような作風ならノーモンダイで購入しようとは思います。

さて、文中に その火を越えてこい! の一説がありますが、
有名は有名なのですが、若い人は知らないのでは?と余計な心配をしました。
元ネタ 小説「潮騒」1955年発行。映画は好みが分かれますが(5回リメイクされています)
吉永小百合出演1964年 山口百恵1975年が名作として有名ですかね。
自称、美熟女の作者の歳っていくつなんだろう?と思う今日この頃でした。
コメント 5人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
投稿者 Amazon Customer 投稿日 2010/11/24
形式: 文庫
5巻目読んでから半年くらいあいたけれど

相変わらず気を抜いて読める作品

そうか〜〜〜主人公は妖怪たちもおそれおののく・・・・・だったのねw

ほほえましいw
コメント 1人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告