通常配送無料 詳細
在庫あり。 在庫状況について
この商品は、Amazon.co.jp が販売、発送します。 ギフトラッピングを利用できます。
かつくら vol.20 2016秋 がカートに入りました
+ ¥ 257 関東への配送料
コンディション: 中古品: 良い
コメント: 表紙に少スレ・少キズ・フチや角に少傷みがございます。特に裏表紙にはやや目立つキズがございます。中の頁はおおむね良好です。店頭販売もしておりますので売り切れ・不備の場合はキャンセルさせていただきます。メール、電話、FAX等での直接のお取引は受け付けておりませんのでご了承ください。
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
この画像を表示

かつくら vol.20 2016秋 大型本 – 2016/10/22

5つ星のうち 4.0 1 件のカスタマーレビュー

その他()の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格
新品 中古品
大型本, 2016/10/22
"もう一度試してください。"
¥ 1,134
¥ 1,134 ¥ 700

AmazonStudent

Amazon Student会員なら、この商品は+10%Amazonポイント還元(Amazonマーケットプレイスでのご注文は対象外)。

click to open popover

キャンペーンおよび追加情報


よく一緒に購入されている商品

  • かつくら vol.20 2016秋
  • +
  • かつくら vol.19 2016夏
  • +
  • かつくら vol.17 2016冬
総額: ¥3,402
ポイントの合計: 56pt (2%)
選択された商品をまとめて購入

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。



2017年本屋大賞ノミネート作品決定
全国の446書店、書店員564人の投票により上位10作品がノミネート作品として決定しました>> 作品一覧はこちら

商品の説明

内容紹介

エンタメ系小説とコミックの情報が満載の季刊ブックガイド!
ボリュームたっぷりのインタビュー&特集で、いま人気の作家・作品をチェック!!

【巻頭特集】
荻原規子
ファンタジーの可能性をさぐる! 新シリーズ&源氏物語+古事記

【特集1】
深町なか「ほのぼのログ」
アニメ化された話題のイラスト集!

【特集2】
知念実希人
人気ミステリー作家、かつくら初登場

【Interview】
海猫沢めろん
桑原水菜
蒼月海里
出版社直撃「日本ファンタジーノベル大賞」
・特別インタビュー/仁木英之

【MANGA LOVE】
小西明日翔「春の呪い」

【かつくら企画】
ブックレビュー[厳選! 16年6月-9月期]
笑える・学べる〈エッセイコミック〉ガイド

表紙イラスト/高山しのぶ


登録情報

  • 大型本: 136ページ
  • 出版社: 桜雲社 (2016/10/22)
  • 言語: 日本語
  • ISBN-10: 4908290253
  • ISBN-13: 978-4908290251
  • 発売日: 2016/10/22
  • 商品パッケージの寸法: 28.5 x 21 x 1 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 4.0 1 件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: 本 - 333,100位 (本の売れ筋ランキングを見る)
  • さらに安い価格について知らせる
    この商品を出品する場合、出品者サポートを通じて更新を提案したいですか?


この商品を見た後に買っているのは?

カスタマーレビュー

5つ星のうち 4.0
星5つ
0
星4つ
1
星3つ
0
星2つ
0
星1つ
0
カスタマーレビューを表示
あなたのご意見やご感想を教えてください

トップカスタマーレビュー

この雑誌は読んでいて思ったのがファンロードの小説作品版だなぁと感じた事です。
半分は編集者さんの作家インタビュー、特集等ですがその半分は投稿者による物です。
かつて昔ファンロードを読んだ事が有る人はそれを共感していただけると思います。
ファンロードの投稿者はローディストと呼ばれていましたがかつくらはかつくらーと呼ばれています。
小説キャラクター人気投票はファンロードのお気に入りキャンペーン、やっぱり本が好きのコーナーはろ〜どらんなあ
のページを思い出す感じです。オススメ作品のプッシュや○○な時に読みたい本、年末には今年何冊読んだか等の
個人的にはすごく好きな雑誌なんですけど。発行部数がどれだけでどれくらいの人が購入して
どれ位の人が投稿しているのかわかりかねますが雑誌投稿よりもネット投稿が主となった今では投稿したがる人が少ないのでしょうか。
小説を読んで見たいけどどういうのが良いかなと悩んでいる人には入門としては良い雑誌ではないかと思います。
年4回発行なのが悲しいですが、、出来れば隔月発行して欲しいと思いますがそれには売り上げの問題があるでしょうね。
色んな人の小説推しが見たい自分には毎回楽しんで読んでます。あと全体的に言えるのは内容が女性向けだなぁと感じることです。
...続きを読む ›
コメント 1人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告