通常配送無料 詳細
残り2点(入荷予定あり) 在庫状況について
この商品は、Amazon.co.jp が販売、発送します。 ギフトラッピングを利用できます。
かつくら vol.19 2016夏 がカートに入りました
コンディション: 中古品: 非常に良い
コメント: 【美品】【送料無料!】ページは良好な状態です。カバーに、少しスレがあります。きれいです。クリーニングして、お送りします。●ご注文後は、Amazon 出荷センターより、365日・24 時間休まず即日発送させていただきます。万が一、誤発送や破損事故等のトラブルが起きても速やかにご対応致します。※通常配送は送料無料です。●慎重に検品をして出荷していますが、もしも実物と商品説明が異なる場合がございましたら、速やかにご返金等ご対応申し上げます。●安心してお買い求めくださいますよう、心よりお待ちしています。
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
この画像を表示

かつくら vol.19 2016夏 大型本 – 2016/7/25

5つ星のうち 2.0 2件のカスタマーレビュー

その他()の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格
新品 中古品
大型本, 2016/7/25
"もう一度試してください。"
¥ 1,134
¥ 1,134 ¥ 383

AmazonStudent

Amazon Student会員なら、この商品は+10%Amazonポイント還元(Amazonマーケットプレイスでのご注文は対象外)。

click to open popover

キャンペーンおよび追加情報


よく一緒に購入されている商品

  • かつくら vol.19 2016夏
  • +
  • かつくら vol.20 2016秋
  • +
  • かつくら vol.17 2016冬
総額: ¥3,402
ポイントの合計: 56pt (2%)
選択された商品をまとめて購入

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。



【Amazon Global】OTAKU Store
Figures, Video Games, Blu-ray, DVD and Music of Japanese Anime, Games and Pop Culture Shop now

商品の説明

内容紹介

エンタメ系小説とコミックの情報が満載の季刊ブックガイド!
ボリュームたっぷりのインタビュー&特集で、いま人気の作家・作品をチェック!!

【巻頭特集】
島田荘司「御手洗潔シリーズ」
映画公開! 大人気名探偵の魅力を総力特集!!
ロングインタビュー

【特集】
結城光流
「少年陰陽師」「陰陽師・安倍晴明」
人気シリーズを著者が語る!

【インタビュー&ガイド】
「灰と幻想のグリムガル」十文字青
「蜘蛛ですが、なにか?」馬場翁
額賀澪
雨隠ギド「甘々と稲妻」

表紙イラスト/オノ・ナツメ


登録情報

  • 大型本: 148ページ
  • 出版社: 桜雲社 (2016/7/25)
  • 言語: 日本語
  • ISBN-10: 4908290210
  • ISBN-13: 978-4908290213
  • 発売日: 2016/7/25
  • 商品パッケージの寸法: 28.5 x 21 x 1 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 2.0 2件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: 本 - 386,236位 (本の売れ筋ランキングを見る)
  • さらに安い価格について知らせる
    この商品を出品する場合、出品者サポートを通じて更新を提案したいですか?


この商品を見た後に買っているのは?

カスタマーレビュー

5つ星のうち 2.0
あなたのご意見やご感想を教えてください

トップカスタマーレビュー

かつて活字倶楽部の略称かつくらが雑誌名になった訳で今も好んで読んでいる雑誌ではあります。
昨今の雑誌に言える事ですがやはり広告の多さではないでしょうか。
本誌は書籍紹介雑誌なのでその分、新刊らしき出版社の広告がところどころに見えますがそのほとんどが
ラノベだったりします。そういう場合ラノベ好きな人は平気でしょうが、そうでない人間にとっては萎えてしまいます。
また投稿者さんが作品をプッシュしこの雑誌を盛り上げるのが魅力ではありますが、最近読んでいてその推しも偏りがあるかなと思う事です。
投稿者さんが幅広く増えたらこの現象は減るかもしれません、下の方が書かれている様にどちらかと言うと女性向けの雑誌になってはいます。
(本来ぱふを発行していた出版社さんなのでしょうがないといえばしょうがないですが)
本の紹介ページもあるのですがBL本が索引としてありますし。幅広く本の紹介雑誌を読みたいのであれば個人的には
ダヴィンチをオススメします。
ですがこの雑誌には魅力的なコーナーはあります。特集もそうですが小説で出て来たレシピを作るコーナーや各出版社内部についての
インタビューも魅力的ではあります、装丁の事についての特集もありました。
男性読者の投稿者とか増えれば内容が変わるのでないかと思います。
コメント 2人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
島田荘司特集に引かれて購入しましたが、特集というにはあまりにもページが少ないです
インタビューも特に新味がなかったです
雑誌自体が中高生向けらしくラノベやBLの紹介ばかりでほとんど読むところがありません
正直いって安くはない金をドブに捨てたようなものです
コメント 3人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告