中古品
¥ 837
中古品: 良い | 詳細
発売元 C-TR
コンディション: 中古品: 良い
コメント: 閲覧ありがとうございます。■帯あり■表紙カバーにスレ傷がありますが、中身はページ折れ、書込みもなく、良好です。裏側に、きれいに剥がせるタイプの管理ラベルを使用してます。
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
この画像を表示

かぐや姫の物語 ビジュアルガイド (アニメ関係単行本) 単行本 – 2013/11/21

5つ星のうち 5.0 6件のカスタマーレビュー

その他()の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格
新品 中古品
単行本, 2013/11/21
"もう一度試してください。"
¥ 3,600 ¥ 574
click to open popover

キャンペーンおよび追加情報


この商品を見た後に買っているのは?

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。



【Amazon Global】OTAKU Store
Figures, Video Games, Blu-ray, DVD and Music of Japanese Anime, Games and Pop Culture Shop now

商品の説明

内容紹介

高畑勲監督14年ぶりの新作「かぐや姫の物語」を完全解説。ビジュアル満載のストーリーガイドや、キャスト、スタッフインタビューのほか、本作品限りのジブリ「第7スタジオ」にも潜入!

内容(「BOOK」データベースより)

映画の感動を呼び覚ます徹底ガイドブック!!“スタジオジブリが描く真実のかぐや姫”に豊富なビジュアルと豪華キャスト&スタッフインタビューで迫る。


登録情報

  • 単行本: 115ページ
  • 出版社: 角川書店 (2013/11/21)
  • 言語: 日本語
  • ISBN-10: 4041105684
  • ISBN-13: 978-4041105689
  • 発売日: 2013/11/21
  • 商品パッケージの寸法: 27.4 x 21 x 1.8 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 5.0 6件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: 本 - 498,656位 (本の売れ筋ランキングを見る)
  • さらに安い価格について知らせる
    この商品を出品する場合、出品者サポートを通じて更新を提案したいですか?

  • 目次を見る

カスタマーレビュー

5つ星のうち 5.0
星5つ
6
星4つ
0
星3つ
0
星2つ
0
星1つ
0
すべてのカスタマーレビューを見る(6)
あなたのご意見やご感想を教えてください

トップカスタマーレビュー

Amazonで購入
初めは、アニメーションの作画に惹かれて映画館に2回ほど出かけて行ったが、
3回目の鑑賞の時に、作品が、かぐや姫の物語を借りた、あなたの、
そして私の人生の物語なのだと思い至ったとき、
なんとすごい作品が作られたものかと全身が感動で震え上がった。

これは、夢を実現することができた成功者の物語ではなく、
自分の志のように生きられず、生きている手ごたえを得ることができず、
前向きに生きられず、自己嫌悪に落ちいっている、あなたと、そしてわたしの物語だ。

作品で語られる、かぐや姫と翁、嫗が感じる喜怒哀楽は、
我々が人生の中で体験する様々な瞬間と、その感情のすべてを表しているかのように思われる。

そして、生きるために生まれてきたのに、生きることから逃れてしまい、
月に帰らななければいけなくなったかぐや姫の、それでもなお、この穢れた地上で生き続けたいという心の叫びを通じ、

生きることは、苦しみに満ちている、いや苦しみに満ちているからこそ、
僅かに訪れる喜びの瞬間は限りなく輝いており、実現できなかった夢への後悔の念を含めて、
その一瞬一瞬が、かけがえのないものだということを、静かに、優しく、そして奇跡的に繊細なタッチで描き
...続きを読む ›
コメント 46人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
1本のアニメーション映画としては想像を絶する時間と手間、そして金額をかけて完成、公開された『かぐや姫の物語』は、本当に素晴らしい、いや、素晴らしすぎる作品に仕上がっていた。
観終わって、時間が経てば経つほどその印象は強まり、たとえば姫、捨丸、翁(おきな)、媼(おうな)と、登場人物それぞれの立場に立って考えれば考えるほど、新しい発見がある。
近年、「観たけどよくわからないので、考察を必要とする」映像作品は山ほどあるけれど、事前に予告編などで断片的に見ていた“疾走する姫”の映像だとか、主題歌「いのちの記憶」だとか、そういった、頭の中でバラバラだったものが、本編を観た時、まるでジグソーパズルのピースがピタッ、とはまるようにつながって行くという、映画を観ていて久しぶりに得た快感。
声のキャストでいうと、姫の朝倉あきさん、そして翁を演じた地井武男さんが素晴らしく、もしこれが実写作品だったら、お二人とも何らかの演技賞を得ていたことだろう。
特にオレ自身、地井さんのことが好きで、これが最後に公開された出演作品である、ということを抜きにしても、セリフの一言一言に地井さんの魂が込められた、最高の演技だったと思う。
いずれにしても、この『かぐや姫の物語』はオレの中で、高畑作品としては『おもひでぽろぽろ』以来の、忘れられない作品のひとつとなった。
...続きを読む ›
コメント 28人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
コメント 3人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告