ポイント: 59pt  (3%)  詳細はこちら
無料配送 5月23日 月曜日詳細を見る
または お届け日時指定便 最も早いお届け日 配送 明日 8:00 - 12:00の間にお届け 1 時間 33 分以内にご注文の場合。 詳細を見る
在庫あり。
Kindle版は、無料のKindleアプリがあればお持ちの端末で今すぐお読みいただけます。
お客様情報を保護しています
Amazonはお客様のセキュリティとプライバシーの保護に全力で取り組んでいます。Amazonの支払いセキュリティシステムは、送信中にお客様の情報を暗号化します。お客様のクレジットカード情報を出品者と共有することはありません。また、お客様の情報を他者に販売することはありません。 詳細はこちら
出荷元
Amazon.co.jp
販売元
出荷元
Amazon.co.jp
販売元
かがみの孤城 がカートに入りました
配送料 ¥350 5月 25-26日詳細を見る
または 最も早いお届け日 配送 5月24日 火曜日詳細を見る
コンディション: 中古商品: 良い
コメント: ■通常24時間以内に出荷可能です。■クリーニング済み。■中古品ではございますが、良好なコンディションです。■万が一品質に不備があった場合は返金対応。■防水梱包です。■決済は、クレジットカード、コンビニ決済・ATM・ネットバンキング・Edy払いがご利用可能です。
シェアする
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
Kindleアプリのロゴ画像

無料のKindleアプリをダウンロードして、スマートフォン、タブレット、またはコンピューターで今すぐKindle本を読むことができます。Kindleデバイスは必要ありません 詳細はこちら

Kindle Cloud Readerを使い、ブラウザですぐに読むことができます。

携帯電話のカメラを使用する - 以下のコードをスキャンし、Kindleアプリをダウンロードしてください。

KindleアプリをダウンロードするためのQRコード

裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。

著者をフォロー

何か問題が発生しました。後で再度リクエストしてください。

かがみの孤城 単行本 – 2017/5/11

5つ星のうち4.5 1,390個の評価

価格
新品 中古品
Kindle版 (電子書籍)
単行本
¥1,980
¥1,920 ¥173
文庫 ¥2,178 ¥2,000

購入を強化する

よく一緒に購入されている商品

  • かがみの孤城
  • +
  • 52ヘルツのクジラたち (単行本)
  • +
  • 同志少女よ、敵を撃て
総額:
当社の価格を見るには、これら商品をカートに追加してください。
ポイントの合計: pt
一緒に購入する商品を選択してください。

商品の説明

メディア掲載レビューほか

鏡の世界で謎を追う不登校児 大人と子どもの目が共存する救いの物語

大人である現在の自分と、子どもだったあの頃の自分の両方を、同時に、ここまで慰め、励ましてくれる小説なんてはじめてだ。辻村深月の新作『かがみの孤城』のことである。

中学一年生のこころは、ある出来事を機に学校へ行けなくなり、いつも家で過ごしている。ある日一人で家にいると、部屋の鏡が突然輝き始め、潜り抜けてみると、そこは城の中だった。集められたのはこころを含め、似た境遇にいるらしき中学生が七人。九時から十七時まで滞在が許されるその城で、彼らにはひとつの課題が出される。猶予は一年。戸惑いながらも七人は、少しずつ心を通い合わせていくのだが……。

少年少女が異世界の建物の中で謎を追う設定は、著者のデビュー作『冷たい校舎の時は止まる』と同じ。ああ、久々に初期の頃のような青春小説を書いたのだな……と思いながら読み進めた。自分も思春期にこんなふうに傷ついていたなと思い出すというより、自分があの頃傷ついたのは、こういうことだったのか、と気づかせる描写の巧さに唸る。だが途中で、それだけではないと気づいた。これは、あの頃の気持ちを失わないまま、かつ、大人としての目を持ち合わせるようになった今の著者だからこそ書ける作品なのだ。泣けるのは娘を理解しようと手探りする母親の戸惑いや怒りや喜びが、それに無自覚なこころの目を通しながらもありありと伝わってくる点。子どもが大人に望むことはもちろん、大人が子どもに対して思うことを、こんなふうに巧みに表現してのけるとは。

大人も子どもも、みんなが関係を構築していこうとしている。その部分だけでも充分読ませるが、もちろんミステリーパートも秀逸で、孤城の秘密がすべて明かされていく終盤は驚きの連続。それがまた、胸をしめつける真相だ。救いを求める側から救う側へとなった時、人は本当に救われるのだとも気づかせてくれる一冊である。

評者:瀧井 朝世

(週刊文春 2017.05.25号掲載)

内容(「BOOK」データベースより)

どこにも行けず部屋に閉じこもっていたこころの目の前で、ある日突然、鏡が光り始めた。輝く鏡をくぐり抜けた先の世界には、似た境遇の7人が集められていた。9時から17時まで。時間厳守のその城で、胸に秘めた願いを叶えるため、7人は隠された鍵を探す―

登録情報

  • 出版社 ‏ : ‎ ポプラ社 (2017/5/11)
  • 発売日 ‏ : ‎ 2017/5/11
  • 言語 ‏ : ‎ 日本語
  • 単行本 ‏ : ‎ 554ページ
  • ISBN-10 ‏ : ‎ 4591153320
  • ISBN-13 ‏ : ‎ 978-4591153321
  • 寸法 ‏ : ‎ 13.7 x 3 x 19.5 cm
  • カスタマーレビュー:
    5つ星のうち4.5 1,390個の評価

著者について

著者をフォローして、新作のアップデートや改善されたおすすめを入手してください。
Brief content visible, double tap to read full content.
Full content visible, double tap to read brief content.

1980年2月29日生まれ。山梨県出身。千葉大学教育学部卒業。

2004年に『冷たい校舎の時は止まる』で第31回メフィスト賞を受賞しデビュー。他の著作に『子どもたちは夜と遊ぶ』『凍りのくじら』『ぼくのメジャースプーン』『スロウハイツの神様』『名前探しの放課後』『ロードムービー』『ゼロ、ハチ、ゼロ、ナナ。』『V.T.R.』『光待つ場所へ』(以上、講談社)、『太陽の坐る場所』(文藝春秋)、『ふちなしのかがみ』(角川書店)など。

2010年に『ゼロ、ハチ、ゼロ、ナナ。』が第142回直木賞候補作となる。新作の度に期待を大きく上回る作品を刊行し続け、幅広い読者からの熱い支持を得ている。

カスタマーレビュー

5つ星のうち4.5
星5つ中の4.5
1,390 件のグローバル評価

この商品をレビュー

他のお客様にも意見を伝えましょう

気になるトピックのレビューを読もう

上位レビュー、対象国: 日本

2018年12月7日に日本でレビュー済み
Amazonで購入
212人のお客様がこれが役に立ったと考えています
違反を報告する
2018年9月11日に日本でレビュー済み
Amazonで購入
215人のお客様がこれが役に立ったと考えています
違反を報告する
2018年12月20日に日本でレビュー済み
Amazonで購入
127人のお客様がこれが役に立ったと考えています
違反を報告する
2018年12月18日に日本でレビュー済み
Amazonで購入
68人のお客様がこれが役に立ったと考えています
違反を報告する
2018年7月24日に日本でレビュー済み
Amazonで購入
65人のお客様がこれが役に立ったと考えています
違反を報告する
2018年5月21日に日本でレビュー済み
Amazonで購入
52人のお客様がこれが役に立ったと考えています
違反を報告する
2018年10月29日に日本でレビュー済み
Amazonで購入
45人のお客様がこれが役に立ったと考えています
違反を報告する