通常配送無料 詳細
残り2点(入荷予定あり) 在庫状況について
この商品は、Amazon.co.jp が販売、発送します。 ギフトラッピングを利用できます。
数量:1
かえるの平家ものがたり (日本傑作絵本シリーズ) がカートに入りました
コンディション: 中古品: 良い
コメント: カバーに傷みあり。 中古品のため商品は多少のキズ・使用感がございます。記載ない限り帯・特典などは付属致しません。商品はアマゾン倉庫内にある為、商品に関する個別のお問合せにはお答えできません。万が一、品質不備があった場合は返金対応致します。(管理ラベルは跡が残らず剥がせます)
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
3点すべてのイメージを見る

かえるの平家ものがたり (日本傑作絵本シリーズ) 大型本 – 2002/11/20

5つ星のうち 5.0 3件のカスタマーレビュー

その他()の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格
新品 中古品
大型本
"もう一度試してください。"
¥ 1,620
¥ 1,620 ¥ 1,080

AmazonStudent

Amazon Student会員なら、この商品は+10%Amazonポイント還元(Amazonマーケットプレイスでのご注文は対象外)。無料体験でもれなくポイント1,000円分プレゼントキャンペーン実施中。


click to open popover

キャンペーンおよび追加情報


よく一緒に購入されている商品

  • かえるの平家ものがたり (日本傑作絵本シリーズ)
  • +
  • かえるの竹取ものがたり (日本傑作絵本シリーズ)
  • +
  • 祇園精舎 (声にだすことばえほん)
総額: ¥4,860
ポイントの合計: 147pt (3%)
選択された商品をまとめて購入

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。



【Amazonランキング大賞 2016上半期】入賞発表!
和書総合は『おやすみ、ロジャー 魔法のぐっすり絵本』 が堂々の1位。 和書総合ランキングへ

商品の説明

内容紹介

夏の朝、カエルの子どもたちが「げんじぬま」のハスの葉のうえで遊んでいる。「千年杉」の下に住むガマじいさんが琵琶をひざにのせ、しわがれ声で歌いだす。昔、この沼の主は「げんじとのさまがえる」のサムライだ。ある夏に一大事が起きた。目玉の光る化け物がアオガエルの背中に傷をつけた。平家ネコの仕業だと、「ともえ」が断定した。「合戦だ!」「いくさだ!」沼のサムライが集まった。けれども平家ネコには、松葉の矢など痛くない。タンポポの槍も痛くない。一万匹のカエルがやむなく退却しだ。そんな大人の後ろから見ていたカジカガエルの「うしわかまる」は、ネコは陸に住むもので、水の中で戦えば、泳げぬネコに負けはせんと、大作戦を思いついた・・・。豊かな想像力とユーモアあふれる文、繊細な筆致と壮大な場面の絵、『平家物語』を知らない子どもたちも存分に楽しめる一冊で、伝統と斬新さ、古典と創作をみごとに融合した傑作絵本である。

内容(「BOOK」データベースより)

ユーモアあふれる文と繊細な筆致の絵で語るカエル版『平家物語』。「げんじぬま」住むカエルのサムライが、平家ネコに傷をつけられた。「合戦だ!」「いくさだ!」と沼のサムライが集まった……。

商品の説明をすべて表示する

登録情報

  • 大型本: 40ページ
  • 出版社: 福音館書店 (2002/11/20)
  • 言語: 日本語
  • ISBN-10: 4834018547
  • ISBN-13: 978-4834018547
  • 発売日: 2002/11/20
  • 商品パッケージの寸法: 29.8 x 28.6 x 1.2 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 5.0 3件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: 本 - 188,200位 (本の売れ筋ランキングを見る)
  •  カタログ情報を更新する画像についてフィードバックを提供する、または さらに安い価格について知らせる


この商品を見た後に買っているのは?

カスタマーレビュー

5つ星のうち 5.0
星5つ
3
星4つ
0
星3つ
0
星2つ
0
星1つ
0
すべてのカスタマーレビューを見る(3)
あなたのご意見やご感想を教えてください

トップカスタマーレビュー

形式: 大型本
リズムの良さに、定型詩の楽しさを感じます。古典の導入にと購入しましたが、低学年にもおすすめです。絵には子どもに知っていてもらいたい日本の植物が描かれているのもいいですね。この名前知ってる?と、季節の花の話をするきっかけにもなると思います。
コメント 10人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 大型本
げんじがえるとへいけねこの物語。
特にかえるたちの衣装が細かく描写されています。
大将がくるみの殻のかぶとをかぶっていたり、侍達の矢は松葉、
槍はたんぽぽでできていたりと、合戦なのになんだかほほえましい感じです。
かえる好きにはたまらないほど沢山のかえる達が登場します。
また、ことばのリズムも楽しめる絵本です。
コメント 14人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 大型本
レビュータイトルですが、現在話題沸騰中のアノ某ベストセラー小説へのオマージュであります('◇')ゞ
さて作品の舞台は、外敵も内輪揉めも無く、かえる達の全てが平穏に楽しく棲む「げんじぬま」。
その安寧は永遠に続くとかえる達の誰もが信じていた・・・そう、彼らの躰を遥かに越える、あの巨大な黒い影が現れるまでは。
それまで外敵が侵入しなかったが為にウ×ール×リアすら無かったこの世界、さながら「進×の×人」の如く「げんじぬま」を荒らし回る「へいけねこ」。
その未知の脅威に懸命に立ち向かうかえる達・・・かえる第一の兵(つわもの)たる「よしなか殿」すら破れ去った今、かえるの棟梁「よりとも殿」の放った最後の切り札は如何に!?
「へいけねこ」との最終決戦は、まるで弁慶を下した時のような「柔よく剛を制す」・・・そのシーンに込められた、たとえ小さき者でも智恵と勇気で大きな相手に勝てるといった寓意は、老若男女問わず読んだ方々の心を揺さぶる事間違いないでしょう(^o^)/
上記で述べた内容に加えて、味のある絵のお陰で、より素晴らしい作品となっております(*^_^*)
私の今イチオシ絵本であります・・・拙レビューを読まれた皆様、どうか御一読下さいませm(_ _)m
コメント このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告

関連商品を探す


フィードバック