通常配送無料 詳細
在庫あり。 在庫状況について
この商品は、Amazon.co.jp が販売、発送します。 ギフトラッピングを利用できます。
かいじゅうたちのいるところ がカートに入りました
+ ¥ 257 関東への配送料
コンディション: 中古品: 良い
コメント: ◎中古本としては並程度の状態で、汚れや傷みのダメージが少量ある本です。本文への書き込みやライン引きはございません。帯、はがきは付属しておりません。◎アルコールクリーニング後、日本郵便のゆうメール(追跡不可、発送日時の指定不可、サイズの大きい物は直接受け渡し、日曜・祝日の配達無し)で発送致します。複数の商品を同梱する場合は予告無しに発送方法を変更させていただくことがございます。予めご了承くださいませ。◎商品に不備がございました時は、メールに画像添付と不備内容を記載の上ご連絡くださいますようお願い申し上げます。◎なお、住所不備などにより弊社に返品されました商品は、メールにてご連絡の後1週間保管させていただきます。ご連絡をいただけない場合、商品キャンセルとして代金を返金させていただきますが、配送料はご返金致しかねますのでご注意くださいませ。
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
この画像を表示

かいじゅうたちのいるところ ハードカバー – 1975/12/5

5つ星のうち 4.7 73件のカスタマーレビュー

その他()の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格
新品 中古品
ハードカバー
"もう一度試してください。"
¥ 1,512
¥ 1,512 ¥ 533

AmazonStudent

Amazon Student会員なら、この商品は+10%Amazonポイント還元(Amazonマーケットプレイスでのご注文は対象外)。

click to open popover

キャンペーンおよび追加情報


よく一緒に購入されている商品

  • かいじゅうたちのいるところ
  • +
  • てぶくろ―ウクライナ民話 (世界傑作絵本シリーズ―ロシアの絵本)
  • +
  • 三びきのやぎのがらがらどん (世界傑作絵本シリーズ)
総額: ¥3,888
ポイントの合計: 118pt (3%)
選択された商品をまとめて購入

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。



【Amazon Global】OTAKU Store
Figures, Video Games, Blu-ray, DVD and Music of Japanese Anime, Games and Pop Culture Shop now

商品の説明

商品説明

   子どもだけではなく大人も楽しめる数少ない作品である。もしこの作品を楽しめなければ、それは、読者が童心を忘れて久しいことを示す、なによりの証拠だ。…主人公のマックスは、オオカミの着ぐるみを着てやったいたずらの罰に、夕食ぬきで寝室へ追いやられる。ところがびっくり、部屋はいつの間にか森になり、マックスはそこで思う存分あばれ、遊びはじめる…。センダックのカラーイラストは美しい。おそらく彼の作品の中で最高のできであり、読者はページをめくるごとに新しい驚きに包まれる。不格好なパーツをそなえた体、大きすぎる目、といった野生の生きものたちは、かたや震え上がるほど恐ろしげに見えると思えば、とてつもなくユーモラスで快活な姿でページに登場したりもする。

   文章がふてぶてしいほど次から次へと繰り出されるのがセンダックの特徴だが、こういったテキストのトーンのおかげで、夢の国と子どもの空想世界との間に漂う意識の流れが、ストーリーの中にそっくりそのまま、とうとうと流れている。

   このおとぎばなしは、子どものころオオカミの着ぐるみの中で経験したあの忘れがたい気持ちよりももっと、ワクワクする感じを味わわせてくれる。読み終わった後には、「我が家に勝るものなし」とあらためてうなずかせられるのである。

内容紹介

かいじゅうの国をたずねよう。コルデコット賞を受賞し、世界中の子どもたちをひきつけてやまないセンダックの代表作。子どもの内面のドラマをみごとに描いて、今世紀最高の絵本といわれています。

商品の説明をすべて表示する

登録情報

  • ハードカバー: 40ページ
  • 出版社: 冨山房 (1975/12/5)
  • 言語: 日本語
  • ISBN-10: 4572002150
  • ISBN-13: 978-4572002150
  • 発売日: 1975/12/5
  • 商品パッケージの寸法: 24 x 25 x 0.8 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 4.7 73件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: 本 - 3,449位 (本の売れ筋ランキングを見る)
  • さらに安い価格について知らせる
    この商品を出品する場合、出品者サポートを通じて更新を提案したいですか?


この商品を見た後に買っているのは?

カスタマーレビュー

トップカスタマーレビュー

形式: ハードカバー Amazonで購入
この絵本にこそ、子供という生き物が我々大人とは違う生き物であり、愛され守られ育まれていくべき存在である、といことを私達大人に知らせる重要なメッセージが詰まっていると思いました。非常に貴重で読むのに有意義な絵本だと思います。もしかしたらそのことは、大人になってから初めてこの絵本を手にしたような方が、しかも一見したくらいでは分からないようなことかもしれない、ということにも気付かされました。子供は、いたずらや危険なことを(まだ危険と知らず)する中で、日々成長していきます。当然ですが、大人とは違います。それを親をはじめとする周囲の大人が、優しくさとしながら、より良い道へと導いていくものだと思います。マックスのお母さんも、イタズラが過ぎたマックスを夕ご飯抜きで自室に独りにさせます。けれどそれはもちろん、楽しさ(や又は怒り)で興奮状態にある子供を落ち着かせるのにこれ以上にないほど適した、良い手段を取ったまでのことで、叱った時のセリフも、「この、かいじゅう!」と、親の余裕を十分に感じさせるものであり、決して子供を放り投げたり諦めたりしたものではありませんでした。そうして部屋にこもったマックスは、子供という特別な時代に持つ感性と想像力で、お母さんに叱られたこともよそに、部屋の中で素敵な世界を作りあげ過ごします。まさにこの絵本が、子供とは私達大人とは違う生き物であることを気づかせ、再認識させてくれる...続きを読む ›
コメント 6人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
投稿者 SATOT 投稿日 2002/4/26
形式: ハードカバー
絵がとっても素敵。でも、お話は、もっともっと素敵です。子供(1歳半)が1日に何回もこの本を持ってくるので読んでいるのですが、毎回読み終わった時には、笑顔になってる。日本語訳の言葉も優しくて、こんな絵本に小さい頃からめぐり合えた我が子は幸せだなぁって思います。大人が読んでも、ほっと心を慰められるような本ですよ。
コメント 51人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
投稿者 すかあふえいす トップ1000レビュアー 投稿日 2015/9/1
形式: ハードカバー
絵本というものは実に良い。言葉がわからなくとも、絵がすべてを物語ってくれるのでわかりやすくて面白い。子供も大人も夢中になって楽しめるのが素晴らしいと思いませんか?

俺も幼少の頃からいろいろと読んだし、夢と希望、トラウマをたっぷり植えつけられた(もちろん良い意味で)。

中でもこの「かいじゅうたちのいるところ」は、不気味な怖さと愛らしさが混ざり合ったようなインパクトがある絵本の一つだと思う。
ホウ・シャオシェンの「珈琲時光」や大江健三郎の「取り替え子」といった作品でも印象的な使われ方をしたことでも知られるこの本。

その表紙からして見る者を怖がらせ、惹き付ける。表紙で眠る黒い体躯の怪獣らしき生物に。

冒頭、主人公らしき少年が狼の気ぐるみを着た状態で登場する。
真夜中に動物に扮しての一人遊び、犬は羊のように彼から逃げ、母親は姿を現さずに声だけで少年を叱り付ける。

部屋でふてくされてる少年マックスだが、突然部屋の中がみるみると密林に変貌していく。天井は木が生い茂り、彼を閉じ込めていた部屋という壁は消え去り、木々の先には未知の空間が拡がっていく。
マックスは獣のように森林へと解き放たれる。そこに彼を森の中に引き込むように川が流れ、船を運んでくる。船の出現は
...続きを読む ›
コメント 6人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: ハードカバー
ある晩マックスは、おおかみのぬいぐるみを着ると、いたずらをはじめておおあばれ。夕ごはん抜きで寝室に放り込まれた。寝室にはにょきりにょきりと木がはえて、マックスは船に乗り、かいじゅうたちのすむところへ…。 アメリカのM.センダックによるこどもの絵本の名作。ファンタジーの持つ力とこどもたちの想像力の可能性を思い知らされるすばらしい作品です。私の娘は毎晩2回づつ読み聞かせをせがむうち、一時一句覚えてしまいました。(当時2歳)翻訳のことばのリズムもすばらしく、絵も大人の鑑賞に充分堪えうるものです。
コメント 34人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: ハードカバー
東欧系ユダヤ人イラストレイター(自称)、モーリス・センダック。

本書は作者自ら三部作と名付ける作品のひとつである。

センダックの絵本を大人が初めて手に取るとき、

誰しもそのグロテスクさに躊躇するだろう。

しかし子供たちの多くはその世界観に強烈に引き寄せられ

ページをめくり(めくらされる)こととなる。

センダック三部作は全て現実から空想界への移行、

そして現実への回帰というスタイルを採っている。

それは反抗しながらも大きな世界(家族)に守られた子供の

ちょっとした冒険(擬似社会体験)であり、異世界を識るカタルシスとともに、

夕餉のにおい(帰還時の安堵)が

子供を次なる冒険に駆り立てる原動力となるのだ。

絵のテイストだけにこだわる大人たちには手に入れられない、

深く子供の心に寄り添う傑作である。
コメント 22人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告

最近のカスタマーレビュー


関連商品を探す