中古品
¥ 1
+ ¥ 257 関東への配送料
コンディション: 中古品: 良い
コメント: ※通常24時間以内に発送可能です。■午後4時までのご注文は通常当日出荷。■中古品ではございますが、良好なコンディションです。■万が一品質に不備があった場合は返金対応。■防水梱包です。■決済は、クレジットカード、コンビニ決済・ATM・ネットバンキング・Edy払いがご利用可能です。
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
この画像を表示

お~い!竜馬 (第1巻) (ヤングサンデーコミックス〈ワイド版〉) コミックス – 1998/2

5つ星のうち 4.8 10件のカスタマーレビュー

その他()の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格
新品 中古品
コミックス
"もう一度試してください。"
¥ 1
click to open popover

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。



【Amazon Global】OTAKU Store
Figures, Video Games, Blu-ray, DVD and Music of Japanese Anime, Games and Pop Culture Shop now

商品の説明

出版社からのコメント

日本に坂本竜馬旋風を巻き起こした「お~い!竜馬」の特製ワイド版!現代に生きる永遠の青春の風・竜馬を完全保存版で!2000年が光る!!


登録情報

  • コミック: 320ページ
  • 出版社: 小学館 (1998/02)
  • 言語: 日本語
  • ISBN-10: 4091528015
  • ISBN-13: 978-4091528018
  • 発売日: 1998/02
  • 商品パッケージの寸法: 18.8 x 13.2 x 2.8 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 4.8 10件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング:
  • さらに安い価格について知らせる
    この商品を出品する場合、出品者サポートを通じて更新を提案したいですか?

カスタマーレビュー

5つ星のうち 4.8
あなたのご意見やご感想を教えてください

トップカスタマーレビュー

形式: コミック
坂本竜馬の名声は知っていても、具体的にどんな偉業をなした人物か知りたいと思った読者にはまず本書を読むことをお奨めしたい。レビュアーの坂本竜馬観は司馬遼太郎の「竜馬がゆく」に記したのでそちらをぜひ参照されたい。
本レビューは全巻を総括して総括レビューしたい。
「おーい竜馬」はたぶんに司馬遼太郎さんの作品と比べると史実としては脚色された読み物的なところ(登場人物の交流関係や竜馬の渡航体験等々)があるが、その分ポイントも絞られていて読みやすい。また小山ゆうさん一流の虐げられる人々の描写のうまさと「あずみ」に見られるような剣術シーンや端正な画風は見応えがある。
レビュアーが一番好きなシーンはいよいよ薩摩と長州の不倶戴天の仲を調停の目前。互いの思いを代弁して奔走するが抵抗勢力の煮え切らなさで後戻りするのに憤慨するシーン。縁側の戸を勢いよくあけ、屋根の雪がドサッと落ちる。雪の夜である。余韻の静寂さが聞こえてくる。本書の読後に司馬さんの本を読むことをお奨めしたい。
コメント 8人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: コミック
今回全巻読み通してみて、気がついた事がある。この作品は前半と後半に分かれているということだ。土佐藩で屈辱的な差別を強いられる郷士と生まれた3人、坂本竜馬と武市半平太、そして岡田以蔵。彼らを幼少からじっくりと描く。前半でこれでもかというほど3人を巡るオリジナルな挿話を重ねていく。特に武市の性格描写は秀逸である。差別からの脱却を土佐僅王党やテロリズムに見出した武市と岡田の最期までを描いたのが前半。それに対して、坂本竜馬はその頃から歴史の舞台に踊りだす。二人を殺した敵を人に求めず、制度に求め、抜群の行動力でそれを実現して行く後半は、痛快である。そしてそれは最後まで武市と岡田に対する坂本なりの弔い合戦であったのだ、と読者にきちんと分からせるように描いている。このあたりがこの作品のオリジナルなところであろう。つまり竜馬は差別のない日本をつくることが武市や岡田を殺した藩主や上士に対する最大の敵討ちであることを行動でもって示したのである。そして竜馬の死ぬ場面に向けてひとつ一つエピソードを重ねていき、生き残ったものたちの行く末も織り込みながら、竜馬がなにをなして何をし残したかを描く最終巻は、涙なくしては読み終えることは出来ない。
ところで武田鉄也と小山ゆうは本当に幕末をよく研究していると思った。「船中八策」など、船の中で思い付いたなどの俗論はきれいに捨てているし、歴史的に明らかになってい
...続きを読む ›
コメント 20人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: コミック
坂本竜馬の名声は知っていても、具体的にどんな偉業をなした人物か知りたいと思った読者にはまず本書を読むことをお奨めしたい。レビュアーの坂本竜馬観は司馬遼太郎の「竜馬がゆく」に記したのでそちらをぜひ参照されたい。
本レビューは全巻を総括して総括レビューしたい。
「おーい竜馬」はたぶんに司馬遼太郎さんの作品と比べると史実としては脚色された読み物的なところ(登場人物の交流関係や竜馬の渡航体験等々)があるが、その分ポイントも絞られていて読みやすい。また小山ゆうさん一流の虐げられる描写のうまさと「あずみ」に見られるような剣術シーンや端正な画風は見応えがある。
レビュアーが一番好きなシーンは薩摩と長州の不倶戴天の仲を調停に奮戦する中での抵抗勢力の煮え切らなさに憤慨するシーン。縁側の戸を勢いよくあけ、屋根の雪がドサッと落ちる。雪の夜である。余韻の静寂さが聞こえてくるようだ。本書の読後に司馬さんの本を読むことをお奨めしたい。
アニメ映画になったらぜひ見にいきたい。
コメント 4人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
投稿者 こう 投稿日 2008/3/18
形式: コミック Amazonで購入
学生時代に単行本で読みましたが、また読みたくなり、「買うならワイド版で!」と再度購入しました。。。いやあ、やっぱりおもしろいです^^
涙・感動・笑いあり(残酷なシーンも出てきますが;;)
揃える時の注意点としては、廃刊・・ですかね?在庫がない巻が数巻あるみたいなので、新品で購入したいたい方はその辺も確認したほうが良いと思います^^;(再版されたらすいません)
それとNHKでアニメ放送していた、「お〜い!竜馬」はDVD化されないんですかね?
コメント 3人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
投稿者 カスタマー 投稿日 2000/12/1
形式: コミック
幕末の大人物、坂本竜馬の誕生から死までを描いた伝記のようなもの。はっきりいってこの本を読むまでは坂本竜馬の業績を知っていたのみで、彼がどんな人物であるかは全く分からなかった。しかしこの本により多少なりとも彼についてのイメージを持つことができたと思う。
コメント 7人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告