通常配送無料 詳細
残り2点(入荷予定あり) 在庫状況について
この商品は、Amazon.co.jp が販売、発送します。 ギフトラッピングを利用できます。
数量:1
お~い!竜馬 (3) (小学館文庫) がカートに入りました
+ ¥ 257 関東への配送料
コンディション: 中古品: 非常に良い
コメント: ◆◆◆カバーに若干の使用感がありますが、きれいな状態です。迅速・丁寧な発送を心がけております。【毎日発送】
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
この画像を表示

お~い!竜馬 (3) (小学館文庫) 文庫 – 2002/7

5つ星のうち 4.7 3件のカスタマーレビュー

その他()の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格
新品 中古品
文庫
"もう一度試してください。"
¥ 669
¥ 669 ¥ 1

click to open popover

キャンペーンおよび追加情報


よく一緒に購入されている商品

  • お~い!竜馬 (3) (小学館文庫)
  • +
  • お~い!竜馬 (2) (小学館文庫)
  • +
  • お~い!竜馬 (4) (小学館文庫)
総額: ¥2,007
ポイントの合計: 66pt (3%)
選択された商品をまとめて購入

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。



【Amazon Global】International Shipping Made Easy
Shipping to over 65 countries, Simplify customs Learn more

登録情報

  • 文庫: 346ページ
  • 出版社: 小学館 (2002/07)
  • 言語: 日本語
  • ISBN-10: 409193403X
  • ISBN-13: 978-4091934031
  • 発売日: 2002/07
  • 商品パッケージの寸法: 15.2 x 10.6 x 2 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 4.7 3件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: 本 - 145,583位 (本の売れ筋ランキングを見る)
  •  カタログ情報を更新する画像についてフィードバックを提供する、または さらに安い価格について知らせる


この商品を見た後に買っているのは?

カスタマーレビュー

5つ星のうち 4.7
あなたのご意見やご感想を教えてください

トップカスタマーレビュー

投稿者 鳥頭 投稿日 2004/10/20
形式: 文庫
小山ゆうの漫画って、「がんばれ元気」や「あずみ」、どれも面白みと泣ける要素が含まれてて、いいですよね。
その中でも、この「おーい、竜馬」は大好きです!!
脚本に金八こと武田鉄也が絡んでるだけに、世に伝わっている竜馬の英雄像、面白・名シーンエピソードをふんだんに盛り込んであります。いろんな史実が時代と共に明らかになりますが、史実竜馬より伝説的ヒーロー竜馬を忠実に描いています。司馬遼太郎の影響も大。
それに小山ゆうの表情豊かなイラストが、竜馬の天性の明るさ、どん底の悲しさ、未来を見つめる凛々しい表情などを巧みに描き、息吹を吹き込んでいます。
3巻は16歳~18歳の青年になる竜馬。
何か世の中にモヤモヤしながらも、
スケベなことが頭をよぎる自分に煮え切らない感じの竜馬。
剣は強くなったが、上士の横暴に我慢するしかない郷士。
自分の中の善人と悪人が戦う日々を描いてます。
そして、土佐一から日本一の剣士を目指して江戸へ。
真の竜馬に遠からず、近からずなのかも知れませんが、
決して竜馬ファンに不愉快な思いをさせることはなく、
逆に竜馬ファンの心をグッと掴むエピソード満載。
竜馬を知らない人にも歴史を知らない人にもお勧め。
教科書に並んでいた人物達が、今後た
...続きを読む ›
コメント 3人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 文庫
土佐藩主・山内容堂の理不尽な振る舞いに憤り、斬り付けるも望みは果たせない竜馬。
少年はいつしか青年とその姿を変える。剣術では土佐でも指折りとなった竜馬。
だが、狭い土佐の国では相も変わらず上士が下士を平然と差別する社会。
下士たちはぶつけようもない不満・恨みを蓄積しつつやるせない日々を過ごしていた。

「身分制度」。
この自分ではどうしようもない仕組みは竜馬を慕う加代との仲さえも引き離してしまう。

加代は江戸の旗本と政略結婚をすることに。
だが、加代は竜馬に対する断ち難い想いを抱えていた。竜馬の家を訪れる加代。
「私を抱きたくはないか?」
土佐を去る前に竜馬に身を任せる決心を固め、密会に誘う。

年上の加代が褥で竜馬に身を任せる。加代も竜馬も初めて同士だった。
今生では夫婦とはなれない二人が、身体をひとつに繋がり愛し合う。
加代は破瓜の痛み以上に愛する竜馬に抱かれたことの嬉しさに包まれていた。

加代は処女を竜馬に捧げて嫁いだ。
結婚が決まっていた女性が他の男と密会するなど、当時の感覚では許されることではなかったであろう。
幸か不幸か、加代が竜馬の種をその身に宿すことはなく、密会は二人だけの記憶になった。
結ばれられぬ二人がせめてもの運命への抵抗を試みた一夜だったのである。
コメント このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 文庫
竜馬が好きになる漫画です。竜馬のような真っ直ぐな男が好きです。
コメント このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告


フィードバック