通常配送無料 詳細
残り4点(入荷予定あり) 在庫状況について
この商品は、Amazon.co.jp が販売、発送します。 ギフトラッピングを利用できます。
([お]9-1)困ってるひと (ポプラ文庫) がカートに入りました

お届け先住所
アドレス帳を使用するにはサインインしてください
または
-
正しい郵便番号を入力してください。
または
+ ¥ 257 関東への配送料
中古品: 非常に良い | 詳細
コンディション: 中古品: 非常に良い
コメント: 【帯付き】★中古になりますので多少のキズ、折れ、ヨゴレ、ヤケ、傷み等がありますが、いずれも重度のものではありません。状態の悪いものにつきましては、コメントを記載しております。また、迅速に発送いたします。
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
この画像を表示

([お]9-1)困ってるひと (ポプラ文庫) 文庫 – 2012/6/20

5つ星のうち 3.9 27件のカスタマーレビュー

その他()の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格
新品 中古品
文庫
"もう一度試してください。"
¥ 691
¥ 691 ¥ 1

AmazonStudent

Amazon Student会員なら、この商品は+10%Amazonポイント還元(Amazonマーケットプレイスでのご注文は対象外)。

click to open popover

キャンペーンおよび追加情報


よく一緒に購入されている商品

  • ([お]9-1)困ってるひと (ポプラ文庫)
  • +
  • ([お]9-3)シャバはつらいよ (ポプラ文庫)
  • +
  • ([お]9-2)さらさらさん (ポプラ文庫)
総額: ¥2,116
ポイントの合計: 64pt (3%)
選択された商品をまとめて購入

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。



【Amazon Global】OTAKU Store
Figures, Video Games, Blu-ray, DVD and Music of Japanese Anime, Games and Pop Culture Shop now

商品の説明

内容(「BOOK」データベースより)

ビルマ難民を研究していた大学院生女子が、ある日突然、原因不明の難病を発症。自らが「難民」となり、日本社会をサバイブするはめになる。想像を絶する過酷な状況を、澄んだ視点と命がけのユーモアをもって描き、エンターテイメントとして結実させた類い稀なエッセイ。

著者略歴 (「BOOK著者紹介情報」より)

大野/更紗
1984年、福島県生まれ。上智大学外国語学部フランス語学科卒。上智大学大学院グローバルスタディーズ研究科地域研究専攻博士前期課程休学中。学部在学中にビルマ(ミャンマー)難民に出会い、民主化運動や人権問題に関心を抱き研究、NGOでの活動に没頭。大学院に進学した2008年、自己免疫疾患系の難病を発病する。1年間の検査期間、9か月間の入院治療を経て退院するまでを綴った『困ってるひと』で作家デビュー。2012年、第5回「(池田晶子記念)わたくし、つまりNobody賞」受賞(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)


登録情報

  • 文庫: 356ページ
  • 出版社: ポプラ社 (2012/6/20)
  • 言語: 日本語
  • ISBN-10: 4591130215
  • ISBN-13: 978-4591130216
  • 発売日: 2012/6/20
  • 梱包サイズ: 15.2 x 10.6 x 1.8 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 3.9 27件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: 本 - 129,604位 (本の売れ筋ランキングを見る)
  • さらに安い価格について知らせる
    この商品を出品する場合、出品者サポートを通じて更新を提案したいですか?

  • 目次を見る

カスタマーレビュー

トップカスタマーレビュー

形式: 文庫 Amazonで購入
難病・・・ですら稀なのに更紗さんは さらに重症な・・・。最近 私も難病の仲間入りし かなり落ち込んでた時期がありましたが 更紗さんの本で少し勇気を貰いました。更紗さんの明るい描写が良かったみたいです。
また その後が読みたいです。是非 書いてほしいです。
コメント 4人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 文庫 Amazonで購入
あまりの壮絶な闘病記でした。でもつい笑ってしまいました。途中で止められず電車の中で立ってまで読み、一気に読んでしまいました。
ほんとに困っている人を助ける社会保障はないのですね。それに、すべて自己申告のシステムに、この国の社会保障の貧困さを垣間見ました。どれほどの人が膨大な書類に泣かされ、書くだけで病気になりますね。
多くの人に読んでもらいたい。特に医療従事者の人に。それにしても、病院から独立し、歩くこともままならない人が、その後どうやって生きてゆくのか、心配です。
コメント 5人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 文庫
前から気になっていた本だったので、文庫になったのをきっかけに購入しました。

軽妙な文体で書かれていますが、内容はびっくりするほど深刻です。
これほどの苦痛を伴う病気と一生つきあっていかなけばならない。
昨日まで健康だった若い女性が、突然自由を奪われ、それと向き合わなければならない。

彼女に批判的なレビューもありますが、彼女はまだ若いのです。
ちょっと頭でっかちな田舎の優等生で、ハーバード、なんて響きにも弱い。
でも、本質はそこではないと思います。

主治医とのくだりも、正直だな、と。
どんなにいい先生でも、難病患者との接し方でデリカシーに欠けることもあるでしょうし、
病院にいるときはともかく、日常の生活での想像力はふつうのおじさんなみ。
そんなものなんだと思います。
すべて医者が正しいかといえばそうではない。
医者や病院が食べさせてくれるわけじゃない。
当たり前のことだけど、自分の突然の変化に驚き、苦痛に耐えるだけの日々の中、
依存していた自分に気づき、自立をすることを決意します。

色んな壁があるけれど。それをしようとする彼女には頭が下がります。

 
コメント 41人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
投稿者 あかし 投稿日 2014/7/15
形式: 文庫 Amazonで購入
私も難病ですが、ずいぶん贅沢な暮らしをなさっているようですね。
病院の売店に、メリットやアタックがあり、昭和の売店とは、贅沢です。
私は今も、メリットとアタックの使っています。
ご両親にたいする感謝の気持ちが書いていないことも、気になりました。
お若いせいでしょうか?
2 コメント 26人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 文庫
同じ難病女子として興味があったので読みました。文章が軽過ぎるのが残念。これで読まなくなっちゃう人もいると思います。
病人の心理や難病申請の煩雑さをもっと取り上げて欲しかった。テーマが多すぎて全体的にまとまっていません。
困っていることを具体的に簡潔にまとめて欲しかったです。
コメント 3人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 文庫
ふらりと訪れた書店で、平置きされた本を手に取る、
パラパラめくってまた元に戻す、いつもの行為。
しかし、この本を手に取って、元に戻せなくなってしまった。
吸い寄せられた・惹きつけられた・鷲掴みにされた。

自分と同じ普通の女子が、何やら凄い事になっているらしい。
何やら大変「困っている」らしい。
と言っても、仏語学科を卒業し大学院に進み、ビルマの国境難民キャンプにわけいり、
活動家のごとく行動する時点で、全然「普通」では無いのだが。

この本はいわゆる「闘病記」ではない。
筆者自身が著書の中でそう言っているので、そうだ。
彼女の言葉を借りると「ムーミン谷の子がビルマ女子化して、
ほぼ前例のない難病にかかり、おしり有袋類に変化する」
「最初から全部あり得ないような話である。」

大変、不謹慎ではあるが、いわゆる「闘病記」の類が大変に苦手だ。
辛過ぎて、読み進められなくなる。精神的負担になり過ぎる。
しかし、この本には、くすりと笑ってしまう救いがある。

この本に関して、不謹慎だと思われる方もいらっしゃると思う。
自分の両親をムーミン扱いし、主治医の先生に電話しまくり、
...続きを読む ›
1 コメント 40人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告

最近のカスタマーレビュー