通常配送無料 詳細
残り1点(入荷予定あり) 在庫状況について
この商品は、Amazon.co.jp が販売、発送します。 ギフトラッピングを利用できます。
([お]13-1)クローバー・レイン (ポプラ文庫... がカートに入りました
+ ¥ 257 関東への配送料
コンディション: 中古品: 非常に良い
コメント: 中古品のため商品は多少の日焼け・キズ・使用感がございます。記載ない限り帯・特典などは付属致しません。万が一、品質不備があった場合は返金対応致します。(管理ラベルは跡が残らず剥がせる物を使用しています。)中古品のため商品は多少の日焼け・キズ・使用感がございます。記載ない限り帯・特典などは付属致しません。万が一、品質不備があった場合は返金対応致します。(管理ラベルは跡が残らず剥がせる物を使用しています。)
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
この画像を表示

([お]13-1)クローバー・レイン (ポプラ文庫) 文庫 – 2014/8/5

5つ星のうち 4.8 4件のカスタマーレビュー

その他()の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格
新品 中古品
文庫, 2014/8/5
"もう一度試してください。"
¥ 734
¥ 734 ¥ 5

AmazonStudent

Amazon Student会員なら、この商品は+10%Amazonポイント還元(Amazonマーケットプレイスでのご注文は対象外)。

click to open popover

キャンペーンおよび追加情報


よく一緒に購入されている商品

  • ([お]13-1)クローバー・レイン (ポプラ文庫)
  • +
  • プリティが多すぎる (文春文庫 お 58-2)
  • +
  • 夏のくじら (文春文庫)
総額: ¥2,091
ポイントの合計: 50pt (2%)
選択された商品をまとめて購入

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。



2017年本屋大賞は『蜜蜂と遠雷』に
大賞は『蜜蜂と遠雷』恩田陸!2位は『みかづき』森絵都、3位『罪の声』塩田武士 …>> 作品一覧はこちら

商品の説明

内容(「BOOK」データベースより)

大手出版社に勤める彰彦は、落ち目の作家の素晴らしい原稿を手にして、本にしたいと願う。けれど会社では企画にGOサインが出ない。いくつものハードルを越え、彰彦は本を届けるために奔走する―。本にかかわる人たちのまっすぐな思いに胸が熱くなる物語。

著者略歴 (「BOOK著者紹介情報」より)

大崎/梢
東京都生まれ。2006年『配達あかずきん』でデビュー(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)


登録情報

  • 文庫: 359ページ
  • 出版社: ポプラ社 (2014/8/5)
  • 言語: 日本語
  • ISBN-10: 4591140989
  • ISBN-13: 978-4591140987
  • 発売日: 2014/8/5
  • 商品パッケージの寸法: 15 x 10.6 x 2 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 4.8 4件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: 本 - 31,382位 (本の売れ筋ランキングを見る)
  • さらに安い価格について知らせる
    この商品を出品する場合、出品者サポートを通じて更新を提案したいですか?


カスタマーレビュー

5つ星のうち 4.8
あなたのご意見やご感想を教えてください

トップカスタマーレビュー

ハードカバーをすでに持っているのに、持ち歩き用にと文庫も購入。
何度読んでも本当にしみじみといい話。

今までスマートに淡々と仕事を進めてきた主人公が、
泥臭いまでに目の前の壁をひとつひとつ登っていきながら出版に漕ぎつけようと奮闘する姿を描いた作品。
やや出来すぎな気も否めませんが、主人公の奔走する様に、なにげない描写にさえ涙がにじみそうになります。

大崎梢さんは私にとって「つい読んでしまうけど評価としてはいまひとつ物足りない」な作家だったのですが(ごめんなさい)
こんなすばらしい作品をお書きになるんですね!
胸キュンなラブ度も低め、ミステリー性は皆無な作品ですから
私のストライクゾーンに入るはずもないのに 心に染み渡るいい作品でした。

今、眼下にある物事に真摯に取り組んでいる人であればあるほど 読んでいて共感し、力をもらえる作品なのではないでしょうか。
この作品こそ私を包む「優しい雨」です。

本屋さんに行っても一冊一冊の本がなんだか愛おしく感じられてしまいます。
excellent!
コメント 10人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
Amazonで購入
 成風堂シリーズの愛読者ではあるが、大崎梢氏がこれほどの心温まる素晴らしい作品を書いていたとは。まったく「大崎梢氏、お見それしました。脱帽」という感がした。
 この作品を読み始めたときは、成風堂シリーズに比べて話の展開が遅く、しかも何となく予定調和になりそうな予感がして、少し読むのを放って置いた。
 すこし経ってから、、それでもと思い再度読み始めると、確かに予定調和的なところはあるが、それを上回る暖かさにあふれた良い作品であり、今度は一気に最後まで読み通した。
 読んだ後、いい年をした大人の涙腺が思わず少しゆるみ、温かい気持ちがこみ上げてきた。
 決して波瀾万丈なストーリーではないが、微笑ましいエピソード、はらはらするエピソード、やきもきするエピソードが過不足なく書き込まれており、最近読んだ小説の中でも、極上の部類に入ると思っている。
コメント 6人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
作品との出会いから、本にしたいと奮闘する姿から、大手出版社の裏事情と作家の苦悩と、本が持つ力について考えさせる一冊だった。
行き先の決まっていない原稿が、予想以上の感動作だった時、編集者にとってその原稿は愛しい紙の束となる。
本が持つ力を知ってしまった人にとって、ぞんざいに扱うことが出来なくなる力を放つ本の価値について、改めて考えながら読みました。
コメント 3人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
Amazonで購入
三浦しをんさんの「舟を編む」もお気に入りですが、当作品も同じくらいお気に入りです。優しいだけの男の子じゃだめで、押すときは押す、人間こんなにも必死になるときってあるんだーと感動します。
コメント 1人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告