Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Windows Phone
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。

Kindle 価格: ¥ 500
Kindle Unlimitedのロゴ
100万冊以上を読み放題でお読みいただけます。 詳細はこちら
読み放題で読む
または

これらのプロモーションはこの商品に適用されます:

Kindle または他の端末に配信

Kindle または他の端末に配信

[坂本優二]のお龍 龍馬を愛した女
Kindle App Ad

お龍 龍馬を愛した女 Kindle版


その他()の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格
新品 中古品
Kindle版, 2015/10/3
¥ 500

商品の説明

内容紹介

幕末の志士・坂本龍馬の妻として知られる「お龍(楢崎龍)」。
坂本龍馬は有名だが、その妻だった「お龍」の生涯はほとんど知られていない。

「お龍」の一生は夫の龍馬よりも面白い。
二人は明治維新という激動の時代を生きた。
お龍の生き方は幕末女性の躍動感・息づかいに溢れていた。
彼女の聞き書きの回想録は研究者も驚くような幕末・明治の事歴を伝えていた。
当時のお龍の目で記された記録は、従来あまり紹介されることがなく、歴史から埋もれた状態になっていた。

龍馬と同時代を生き、彼を愛し、支え、育てた女の知られざる生涯。
時にパワフルで忍耐強く、エネルギツシュ、時にしたたかな計算・機知で運命を切り開き、度胸と愛嬌で龍馬を支えた彼女。

当時の女性としての成功を勝ち得た生き方からは現代人にも参考になる部分がある。

本書は彼女の回想録にしたがって、その生涯を紹介した。
寺田屋事件、薩摩のへの旅行など、ドラマティックな逸話の数々が回想録によって紹介されている。読者は、まるで小説物語を読むような感覚で彼女の激動の生涯を知ることができる。
そこには彼女の坂本龍馬との生きた体験が凝縮されている。
妻であった「お龍」だけが知りえた龍馬の素顔。二人だけの思い出。
幕末史の裏側の側面を彼女は体験した。

龍馬との出会いとは?

二人はどのような会話を交わし、どのように過ごしたのか?

坂本龍馬は本当はどんな男だったのか?

お龍が接した西郷隆盛、勝海舟等、同時代人の印象は?

彼女が見た海援隊のメンバーの秘密とは?

池田屋事件、薩長連合、大政奉還といった事件の真相は?

船を沈められた「イロハ丸事件」のその後は?賠償金はどうなったのか?

夫の龍馬没後、彼女はどのような生涯を歩んだのか?

その晩年の暮らしぶりは?

再婚した夫・西村松兵衛との秘話とは?

龍馬を殺害した実行犯の今井信郎とお龍との意外な接点とは?

こうした疑問が、お龍自身の回想録で明らかになってくる。

本書は、幕末歴史ファンにとっても様々な発見がある。
小説やドラマで坂本龍馬を知った読者ファンにとっても、驚くような内容の記録が満載している。

本稿では、証言記録等の史料に関し一般の読者が読みやすいように古い表記を現代風に直して紹介している。
さらに写真の謎や従来の龍馬伝では取り上げられてこなかった裏話等も紹介した。

「お龍」が体験した幕末を追体験してみよう。




登録情報

  • フォーマット: Kindle版
  • ファイルサイズ: 1314 KB
  • 紙の本の長さ: 76 ページ
  • 販売: Amazon Services International, Inc.
  • 言語: 日本語
  • ASIN: B0164UV65M
  • X-Ray:
  • Word Wise: 有効にされていません
  • おすすめ度: この商品の最初のレビューを書き込んでください。
  • Amazon 売れ筋ランキング: Kindleストア 有料タイトル - 151,145位 (Kindleストア 有料タイトルの売れ筋ランキングを見る)
  • さらに安い価格について知らせる


カスタマーレビュー

まだカスタマーレビューはありません。
他のお客様にも意見を伝えましょう
click to open popover