通常配送無料 詳細
残り5点(入荷予定あり) 在庫状況について
この商品は、Amazon.co.jp が販売、発送します。 ギフトラッピングを利用できます。
お風呂の愉しみ がカートに入りました
+ ¥ 257 関東への配送料
コンディション: 中古品: 良い
コメント: ◆◆◆カバーに使用感があります。カバーに傷みがあります。他は問題ありません。迅速・丁寧な発送を心がけております。【毎日発送】
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
この画像を表示

お風呂の愉しみ 単行本 – 1999/11/2

5つ星のうち 4.5 111件のカスタマーレビュー

その他(2)の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格
新品 中古品
単行本
"もう一度試してください。"
¥ 1,620
¥ 1,619 ¥ 1
雑誌
"もう一度試してください。"
¥ 34

AmazonStudent

Amazon Student会員なら、この商品は+10%Amazonポイント還元(Amazonマーケットプレイスでのご注文は対象外)。

click to open popover

キャンペーンおよび追加情報


よく一緒に購入されている商品

  • お風呂の愉しみ
  • +
  • オリーブ石けん、マルセイユ石けんを作る―「お風呂の愉しみ」 テキストブック
  • +
  • 肌に髪に「優しい石けん」手作りレシピ32
総額: ¥4,860
ポイントの合計: 146pt (3%)
選択された商品をまとめて購入

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。



【Amazon Global】OTAKU Store
Figures, Video Games, Blu-ray, DVD and Music of Japanese Anime, Games and Pop Culture Shop now

商品の説明

商品説明

   外国旅行していて一番恋しくなるのは日本のお風呂、という人は多い。たっぷりしたお湯に身を浸すと、一日のどんな疲れも湯の中に流れていってしまう。でも、リラックスするためのお風呂なら、本当に体にいいものだけを使いたい。

   北米やヨーロッパでは、自家製の石けんやシャンプーを作ることは伝統的な手工業として多くの家庭で行われている。100%オリーブオイル、苛性ソーダ、精製水、それに家庭にある台所用具を使えば、簡単に石けんは作れるものなのだ(しかも、100グラム100円、思いっきり贅沢しても250円)。ひび割れ、手荒れをすべすべにするオリーブ石けん、髪質や色に合ったシャンプー、好みの味のさわやか歯磨き、乾燥知らずの肌を作る自家製化粧水とクリーム…。手作り化粧品は、市販製品にない満足感をもたらしてくれる。

   著者は日本に石けん作りを紹介した第一人者。単行本ながら色鮮やかな写真を施した詳しい解説が行き届き、読んでいると、「作ってみたい」「自分にもできる」「作らなくては」という気にさせられる。さらに「手作りのボディケア用品は、自然の恵みの美しさと力とを、ていねいに集めてつめこんだ小箱のようなものです」という言葉に触発されて、自分を大切にする気持ちが芽生えてくるだろう。(松本肇子)

内容(「BOOK」データベースより)

食事にメニューがあるように、お風呂にもメニューがあっていい。石けん・シャンプー&リンスから、入浴剤・化粧品・歯磨きまで、安心できる材料で手軽に楽しく作れるボディケア用品のレシピの数々をエッセイとともに紹介。

商品の説明をすべて表示する

登録情報

  • 単行本: 239ページ
  • 出版社: 飛鳥新社 (1999/11/2)
  • 言語: 日本語
  • ISBN-10: 4870313782
  • ISBN-13: 978-4870313781
  • 発売日: 1999/11/2
  • 商品パッケージの寸法: 19 x 13.2 x 2.2 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 4.5 111件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: 本 - 53,960位 (本の売れ筋ランキングを見る)
  • さらに安い価格について知らせる
    この商品を出品する場合、出品者サポートを通じて更新を提案したいですか?

  • 目次を見る

カスタマーレビュー

トップカスタマーレビュー

形式: 単行本
 むしろエッセイとして読む本かもしれませんが、手作り石けんへの第一歩、足掛かりとしても楽しめると思います。

 自分で石けんを作ることは、楽しく、肌に良く、そしてすてきな生活へと夢を広げる事でもある……そう著者は語っているのです。石けん作りなんて、これまで考えた事も無かったという方に、一度は読んで欲しい一冊です。

 しかし、本を入念に読み、実際に作ってみると気になる点もあります。

 石けんを作る上では欠かせない、苛性ソーダの取り扱いについて、読者はもっと注意を払う必要があるでしょう。「熱い天ぷら油」というたとえや、「すばやく洗って流水で冷やす」という注意書きには、苛性ソーダの腐食性を本当に理解しているのか、あるいは読者にしっかり理解してもらおうと意図しているか、疑問を感じます。

 また、石けんを熟成させる過程についての詳細な説明を省略しているため、その間、石けん作りが成功したのか否か、かなり不安にかられます。

 化粧品のレシピについては、明らかに敏感肌の人に合わないものもあるので、注意が必要でしょう。

 しかし、出典を書いているのは(洋書ですが)良心的で参考になりますし、ネット上で著者が、読者からの質問に答えていたり、他にも本を出しています。
...続きを読む ›
コメント 105人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本
 手作りの石鹸や、化粧水の作り方がたくさん載っている本です。
著者の方の経験談や、考え方を読みやすい文章でつづってあり、読んでいて
気分が良くなりました。
 中の写真もとてもキレイで、我が家もこんなバスルームにしたいわー、と思ってしまいました。
 市販のシャンプーや石鹸では、頭がすぐかゆくなり、大手有名メーカーの
石鹸を使ったときに、肌にすごくピリピリして、石鹸を使うのが怖くなった
時期がありました。
 それ以来、無添加石鹸のシャンプーや石鹸に切り替えて、使っていました。
しかし、どうしても髪の毛がパサパサになったりして、困っていました。
 そんなときに、この本に出会って、まさに目からウロコが落ちました。
石鹸を手作りする、というのは昔に廃油石鹸が流行った頃に聞いたことがありましたが、新鮮なキレイな油から作るのは初めてでした。
 今では、この本にあった、オリーブオイル石鹸でシャンプーをしています。
パサパサだった髪に、艶がでてきて、しっとりしています。
 化粧水も、ラベンダーオイルですぐに作れるし、安いし、たくさん使えるので、朝晩にたっぷり使い、肌もしっとりしています。
 今度は、夫のために、アフターシェービングローションを作る予定です。
...続きを読む ›
コメント 62人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本
元々、肌に刺激があろうがなんだろうがその時効けばそれで良いじゃないかという考えだったのが、ここ最近肌質が敏感肌に変わってしまってからはこの本の有難みがつくづく身にしみた。
友人にこの本をすすめられたときも生返事で済ませていたし、ようやく気が向いて手をつけ始めた時ですらコストの安さにしか惹かれていなかったのだけど、年月は人と肌質を変える……。
私はローズウォーターとローズクリームを主に作っているのだけど、その効き目は抜群で、1万円の化粧水代が今では原価100円ちょっとで済んでいる。これを知ってしまうと、元の市販モノに戻る気は全くしない。
掲載されているレシピはどれもシンプル。「台所で作る」をコンセプトに揃えられていて、眺めているだけでも結構癒される。カラー写真で作業工程を解説しているのも初心者向きとして申し分無い。
私はこの本のブックカバーをさっさと取り払ってしまっていて、石鹸や化粧水を作る時に真横で開いて材料とにらめっこしている。お陰で本は擦り切れてぼろぼろだけど、まあそういう使い方で合ってると思う、多分。
コメント 66人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本
手作り石鹸の本の中ではこれが一番好きです。これに次いで
「オリーブ石けん、マルセイユ石けんを作る」も良かったです。
写真や文から、字体から、とにかく読んだだけで
さっぱり爽やかになるような本。

アメリカなどで昔ながらに作られた物を参考に、
著者が研究しレシピに仕立てたとのことなので、
いい意味では昔ながらのシンプルレシピ、
悪い意味では現代の科学・医学からみて大丈夫なのか
少々不安な部分もあります。海外との接点が多い方のようなので、
材料も蜜蝋やラベンダーなど、外国人向けっぽいかなというのもあります。

たとえば、歯磨きなどはフッ素が入っていないので、人によっては
そのぶん虫歯リスクが高くなるかもしれません。
(勿論フッ素や歯磨き剤に含まれる物の毒性なども考えられるので
どちらを取るかになってしまいますが)
また石けんが微妙な仕上がりの時、安全に使えるのかどうか素人には決め手に欠けます。

また、苛性ソーダの扱いは「気をつければ大丈夫」というような事を書いてますが
もし余って使う機会が無くなった場合の処分の仕方についての記述はありません。
私も石けんを作る機会が取れなくなってしまい、
...続きを読む ›
コメント 73人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告

最近のカスタマーレビュー