通常配送無料 詳細
残り2点(入荷予定あり) 在庫状況について
この商品は、Amazon.co.jp が販売、発送します。 ギフトラッピングを利用できます。
お金の流れを呼び寄せる 頭のいいお金の使い方 がカートに入りました
+ ¥ 257 関東への配送料
中古品: 非常に良い | 詳細
コンディション: 中古品: 非常に良い
コメント: カバーに傷みあり。 中古品のため商品は多少の日焼け・キズ・使用感がございます。記載ない限り帯・特典などは付属致しません。万が一、品質不備があった場合は返金対応致します。(管理ラベルは跡が残らず剥がせる物を使用しています。)
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
この画像を表示

お金の流れを呼び寄せる 頭のいいお金の使い方 単行本(ソフトカバー) – 2009/2/17

5つ星のうち 3.6 16件のカスタマーレビュー

その他()の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格
新品 中古品
単行本(ソフトカバー)
"もう一度試してください。"
¥ 1,404
¥ 1,404 ¥ 1

AmazonStudent

Amazon Student会員なら、この商品は+10%Amazonポイント還元(Amazonマーケットプレイスでのご注文は対象外)。

click to open popover

キャンペーンおよび追加情報


よく一緒に購入されている商品

  • お金の流れを呼び寄せる 頭のいいお金の使い方
  • +
  • お金持ちが財布を開く前に必ずすること
  • +
  • お金の才能
総額: ¥4,320
ポイントの合計: 132pt (3%)
選択された商品をまとめて購入

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。



【Amazon Global】OTAKU Store
Figures, Video Games, Blu-ray, DVD and Music of Japanese Anime, Games and Pop Culture Shop now

商品の説明

内容紹介

●お金を使うのは稼ぐ以上に難しい

お金というのは、しょせん道具に過ぎません。
その道具がどれほど立派でも、
使い方を知らなければ宝の持ち腐れになります。
使い方を間違えると、「せこい」「けち」「みみっちい」という烙印を押されてしまいます。
「お金を稼ぐのに教養はいらない、
しかしカネを使うには教養が必要だ」という
養老孟司氏の言葉がありますが、
上手にお金を使うのは、お金を稼ぐ以上に難しいのです。

●「消費」を「投資」へと変える生きたお金の使い方を紹介

成功者とそうでない人たちとを隔てるもののひとつが、「お金の使い方」。
成功者のお金の使い方はとにかく「粋」。
使うべきときにはドバっとふるまい、無駄なモノにはビタ一文払いません。
つまり、生き金を使っています。
逆に、貧しい人はお金の使い方がとにかく貧しい。
人を誘っておいて、割り勘にしようとする、
海外に行ってチップを惜しむなど、
万遍なくケチるので、セコイ場面だけが記憶に残ってしまいます。
そのため、お金を使っても死に金になるだけです。
本書では、「一流の経験にお金を使う」「気持ちよくオゴり、気持ちよくオゴられる」など、
成功者が実践している「消費」を「投資」へと変える頭のいいお金の使い方を紹介。
お金を使うのに、より慎重にならざるを得ない今だからこそ、
「生きたお金の使い方」が求められます。

内容(「BOOK」データベースより)

33歳で資産3億円をつくった人に学ぶ「生きたお金」を使う技術。

商品の説明をすべて表示する

登録情報

  • 単行本(ソフトカバー): 232ページ
  • 出版社: 日本実業出版社 (2009/2/17)
  • ISBN-10: 4534045107
  • ISBN-13: 978-4534045102
  • 発売日: 2009/2/17
  • 商品パッケージの寸法: 18.8 x 13.2 x 2 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 3.6 16件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: 本 - 392,691位 (本の売れ筋ランキングを見る)
  •  カタログ情報を更新する画像についてフィードバックを提供する、または さらに安い価格について知らせる

  • 目次を見る

カスタマーレビュー

トップカスタマーレビュー

形式: 単行本(ソフトカバー)
みなさんは良い評価をされているようなので、私はあえて反対意見を。

書いていることが、あまりにも極端に走り過ぎています。
以下に思いつく限り。

・具体例が少なく、実践できない。

・具体例があるとしても、「ホームページを作るために20万円使え」など無理難題が多い。

・書き方が、【優秀で品位のある金持ち】と、【バカでケチな貧乏人】と二分しているため、極端過ぎて現実味が沸かない。

・お金の使い方の成功者の例で、「何でも男性から買ってもらえる20代女性」を例に出しているなど、例えが特殊過ぎる。

・「自己投資をして成長しよう」と書かれているのは良いが、推奨する方法が、どれも高額過ぎる。

・全体的に、貧乏人を過剰に貶し、金持ちを過剰に持ち上げるという論法が多い。

私は、本書を読んだことで非常に不愉快な思いをしましたが、それがきっかけで、ダメ本の傾向を考える機会を与えてくれました。その意味では、とても価値のある一冊です。
コメント 51人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本(ソフトカバー)
著者の本はこれで3冊目になりますが、目新しさと言うか、新鮮味が無いというのが本音です。
お金の「使い方」というよりも、お金の「考え方」のほうがいいのではないかと個人的には思いました。お金を貯めて増やすよりも使って増やす!この考えは好きです。しかし、いままでの本でも若いとき(30代までは)には「自己投資」しなさい、それが将来自分自身により大きなリターンをもたらしてくれます。といったものを何度か読んできたので、ちょっと残念です。
ただ、「財布には10万円入れておきなさい」「家には子ども部屋よりも自分の書斎を優先して持ちなさい」などの面白い表現があったので、★2つです。
コメント 14人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本(ソフトカバー)
・お金×自己啓発 のミックス本
 お金の使い方の勉強よりは、お金と自分の考え方を別の視点で見れる本。
 全体的に実践すれば、上手くいく雰囲気があるが、
 <頭のいい お金の使い方をする事か>の答えは何か、見つけれない。

・本の内容は、
 -各章に、決まり文句が有りますが、
  その答えに至るまでの、具体的文章が足りない。
 -各章の内容は、同類の本の引用が多く引用のとらえ方も、
  成功した著者だから、納得できる部分が多い。
 -実践する事で上手くいきそうな雰囲気になるが、
  凡人が読んで、雰囲気のまま実行すればお金が減る。

「お勧めの人」
 自己啓発の本を読み始めた人、あまり読まない人
 結果的に成功した著者のお金と自分の考え方を知りたい人
 
「お勧めできない人」
 頭の良いお金の使い方を知りたい人
 成功した著者の様に、成功を真似したい人

・本の読み方
 凡人でも否定できる部分が多くあり
 各章を否定、喧嘩しながら読むと面白いかも。
コメント 22人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本(ソフトカバー)
最近、税金や生命保険など、いろいろとお金についての知識をつけようと勉強中なので、
この本のタイトルに魅かれて、購入しました。

しかし、読んでみて…がっかりしてしまいました。
筆者は「金持ちサイド」の視点から物事を見ているため、一般人には鼻に付くような表現が
多数見られます。結局、急にお金を持った人って、こんな風になってしまうのでしょうか…
もう少し普通の人が実践していけるような例を挙げていただきたかったです。
コメント 12人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本(ソフトカバー)
例えにでてくる人が良くも悪くもメーターを振り切っている人ばかりなので、
「こんなの無理」と本を閉じる方も少なくないかと。

しかしこの本を手にとった、という人は
少なくとも現状を変えたい、と思っている人ではないだろうか。

「無理」というのは自分の価値観に照らし合わせた結果であって、
例えの人は違う価値観で生きている人。
自分の価値観を塗り替えないことには
いつまで経っても
この手の本を何冊読んでも
現状を変えることはできない、と思う。

自分であるための拠り処を持つために
何に、どこにお金を使おうか?

自分なりの明確な基準に従って使ったお金なら
傍から見れば浪費でも
自分にとっては立派な投資と言える、と思うのだ。
コメント このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告

最近のカスタマーレビュー



フィードバック