ポイント: 15pt  (1%)  詳細はこちら
無料配送: 7月27日 火曜日 詳細を見る
最も早いお届け日: 本日
7 時間 16 分 以内に注文した場合.
詳細を見る
残り13点(入荷予定あり)
Kindle版は今すぐお読みいただけます。Audibleなら、オーディオブックで今すぐお聴きいただけます。 在庫状況について
お客様情報を保護しています
Amazonはお客様のセキュリティとプライバシーの保護に全力で取り組んでいます。Amazonの支払いセキュリティシステムは、送信中にお客様の情報を暗号化します。お客様のクレジットカード情報を出品者と共有することはありません。また、お客様の情報を他者に販売することはありません。 詳細はこちら
出荷元 Amazon.co.jp
販売元 Amazon.co.jp
出荷元
Amazon.co.jp
販売元
お金の流れでわかる世界の歴史 富、経済、権力・・... がカートに入りました
お届け日 (配送料: ¥257 ): 7月27日 - 28日 詳細を見る
最も早いお届け日: 明日 詳細を見る
コンディション: 中古商品: 非常に良い
コメント: 【状態良好】 【書き込みなし】 ◇◆amazon専用在庫◆◇ 目立ったイタミ・キズ等なく、良好な状態です。検品には万全を期しておりますが、万一見落とし等ありましたらメールにてご連絡下さい。迅速に対応いたします。
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。

著者をフォロー

何か問題が発生しました。後で再度リクエストしてください。


お金の流れでわかる世界の歴史 富、経済、権力・・・・・・はこう「動いた」 単行本 – 2015/12/11

5つ星のうち4.3 214個の評価

価格
新品 中古品
Kindle版 (電子書籍)
Audible版, 完全版
¥0
Audible会員 - 無料体験
単行本
¥1,540
¥1,540 ¥1,090
プロモーション情報 【最大370円OFF】対象の本とSUUMO住宅情報誌の同時購入で合計金額から割引。 1 件
  • 【最大370円OFF】対象の本とSUUMO住宅情報誌の同時購入で合計金額から割引。
    【*期間限定なし*この商品の特典】Amazon.co.jpが販売する【A】SUUMO住宅情報誌と【B】対象の本をまとめて同時にご購入いただくと、注文確定時に合計金額から最大370円OFFに。詳しくは こちら 詳細はこちら (細則もこちらからご覧いただけます)

よく一緒に購入されている商品

  • お金の流れでわかる世界の歴史  富、経済、権力・・・・・・はこう「動いた」
  • +
  • 会計の世界史 イタリア、イギリス、アメリカ――500年の物語
  • +
  • 帳簿の世界史 (文春文庫 S 22-1)
総額:
当社の価格を見るには、これら商品をカートに追加してください。
ポイントの合計: pt
これらの商品のうちのいくつかが他の商品より先に発送されます。
一緒に購入する商品を選択してください。

キャンペーンおよび追加情報

  • 【*期間限定なし*この商品の特典】Amazon.co.jpが販売する【A】SUUMO住宅情報誌と【B】対象の本をまとめて同時にご購入いただくと、注文確定時に合計金額から最大370円OFFに。詳しくは こちら 詳細はこちら (細則もこちらからご覧いただけます)

商品の説明

内容(「BOOK」データベースより)

元国税調査官が5000年の歴史にガサ入れ。たとえば―ローマ帝国滅亡は「脱税」が原因だった!楽しく読むだけで歴史の本質がつかめる。

著者について

●大村 大次郎:元国税調査官。国税局に10年間、主に法人税担当調査官として勤務。退職後、ビジネス関連を中心としたフリーライターとなる。単行本執筆、雑誌寄稿、ラジオ出演、『マルサ! ! 』(フジテレビ)や『ナサケの女』(テレビ朝日)の監修等で活躍している。ベストセラーとなった『あらゆる領収書は経費で落とせる』をはじめ、税金・会計関連の著書多数。
一方、学生のころよりお金や経済の歴史を研究し、別のペンネームでこれまでに30冊を越える著作を発表している。今回の本は「大村大次郎」の名前で刊行する初めての歴史関連書。

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • iOSアプリのダウンロードはこちらをクリック
    Apple
  • Androidアプリのダウンロードはこちらをクリック
    Android
  • Amazonアプリストアへはこちらをクリック
    Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。

kcpAppSendButton

登録情報

  • 出版社 ‏ : ‎ KADOKAWA (2015/12/11)
  • 発売日 ‏ : ‎ 2015/12/11
  • 言語 ‏ : ‎ 日本語
  • 単行本 ‏ : ‎ 255ページ
  • ISBN-10 ‏ : ‎ 4041032199
  • ISBN-13 ‏ : ‎ 978-4041032190
  • カスタマーレビュー:
    5つ星のうち4.3 214個の評価

カスタマーレビュー

5つ星のうち4.3
星5つ中の4.3
214 件のグローバル評価
評価はどのように計算されますか?

この商品をレビュー

他のお客様にも意見を伝えましょう

気になるトピックのレビューを読もう

上位レビュー、対象国: 日本

2019年6月10日に日本でレビュー済み
Amazonで購入
カスタマー画像
5つ星のうち5.0 お金は、時代時代の国家や権力に憑依し続けてゆく
ユーザー名: 酒井寛志/クラウド税理士×地域密着、日付: 2019年6月10日
税理士をしています。
物事を理解するときに、お金の流れを理解すると納得することが多い。
貨幣経済である限り、お金・経済・財政は、国家・権力・勢力・時代を形作るそのすべてといっても過言ではないと思うのです。

貨幣経済をいち早く確立した中国から始まり、世界を席巻したイスラム世界(イスラム商人)、モンゴル帝国へ移り、大航海時代から始まる欧米諸国が中心となる現代に至るまで、その流れを裏付けるものとしてのお金がどのように作用したのか、どのように動機づけたのか、国家の力を支える税システムはどうであったのか、を解説しています。

お金の流れを見ると、世界の歴史がよく分かります。
すべては偶然ではないのです。必然なのです。

また、世界のお金の流れを見てゆくなかにおいて、お金を”処世のための合理的な道具”とし、国を持たない民族であるユダヤ民族の動向は最も重要です。

学校の教科書には、国や勢力が羅列され、栄枯盛衰がひたすら記されていると思うのですが、国を持たないユダヤ民族が何を思い、時代時代に応じて様々な国を渡り歩き(あるいは多くの国に分布して連携し)、世界のお金に携わってきたのかは、決して描かれてはいません。
特に大航海時代から始まる欧米諸国の世界進出(大航海時代、植民地主義、帝国主義)、欧州内での戦争には、国々の裏には必ずユダヤ民族の存在があります。
覇権は、ポルトガル・スペイン→オランダ→イギリス→アメリカ、と移っていきますが、彼らとそのお金も同じく憑依する動きを見せているのです。
世界の情勢を見てゆくためには決して欠かせない視点であり、現在のニュースや時代の流れを読み解くためにも有用な視点であり、今を生きる僕たちは必ず目を通した方がよい書籍だと思います。

しかしながら、特に帝国主義時代のイギリスやアメリカの悪辣さには辟易します。。
しかしそれが現実であり、決して昔の話ではないのです。
ひとつの国のなかの反目を煽り、争いや対立のために必要なものを甘い言葉で用立てし、混乱に乗じてすべてを収奪する。今は昔でそんなことはもうあるはずがない!とも言えないと思うのです。

著者は最後に、「現代は「フランス革命前夜」に酷似している」と銘打ち、貧富の差の拡大を危惧しています。

この書籍、今を生きる我々にこそ必要な視点が詰まっています。
このレビューの画像
カスタマー画像
カスタマー画像
76人のお客様がこれが役に立ったと考えています
違反を報告
ベスト1000レビュアー
2017年10月22日に日本でレビュー済み
Amazonで購入
50人のお客様がこれが役に立ったと考えています
違反を報告
2018年4月26日に日本でレビュー済み
Amazonで購入
38人のお客様がこれが役に立ったと考えています
違反を報告
2019年7月9日に日本でレビュー済み
Amazonで購入
12人のお客様がこれが役に立ったと考えています
違反を報告
2018年11月26日に日本でレビュー済み
Amazonで購入
11人のお客様がこれが役に立ったと考えています
違反を報告
2017年12月3日に日本でレビュー済み
Amazonで購入
17人のお客様がこれが役に立ったと考えています
違反を報告
2021年5月28日に日本でレビュー済み
Amazonで購入
1人のお客様がこれが役に立ったと考えています
違反を報告
2020年7月14日に日本でレビュー済み
Amazonで購入
2人のお客様がこれが役に立ったと考えています
違反を報告