この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
この画像を表示

お金と生き方の学校 (新しい社会のための教科書) 単行本(ソフトカバー) – 2009/6/25

5つ星のうち 4.8 4件のカスタマーレビュー

その他()の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格
新品 中古品
単行本(ソフトカバー)
"もう一度試してください。"
¥ 500 ¥ 2
click to open popover

キャンペーンおよび追加情報

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。



【Amazon Global】OTAKU Store
Figures, Video Games, Blu-ray, DVD and Music of Japanese Anime, Games and Pop Culture Shop now

商品の説明

内容紹介

気鋭と投資家・新田ヒカルが、苫米地英人、小飼弾、杏野はるな、木村佳子、小幡績、小池龍之介という、現在の日本のエッジ6人へインタビュー。
「お金」と「生き方」に焦点をあて、いま世界を覆う得体のしれない気分の正体を浮き彫りにする注目のインタビュー集。

著者について

新田ヒカル(にった ひかる)
ベーシック・インカム研究所代表、投資家、ファイナンシャルプランナー。株式、
225 先物、FX を安定運用。元東日本電信電話株式会社勤務、本社SE などに従事。
[主な講演]
東京証券取引所、大阪証券取引所、国際分散投資セミナー/ATIC@Tokyo、SBI
ホールディングス(SBI イー・トレード証券)、カブドットコム証券、オリックス
証券、ジョインベスト証券、ひまわり証券、マネックス証券、NTT スマートトレー
ド、北辰物産、パン・ローリング、エンジュク、日経ノティオ(日本経済新聞社)、
毎日コミュニケーションズ、他
[主なテレビ出演]
テレビ東京系列「今だから闘う! 個人投資家たち」
[主な著書]
『気づきの投資術』サンガ、『投資見聞録』インタビュー(パンローリング)
[主な掲載]
日本経済新聞、日経ヴェリタス(旧日経金融新聞)、月刊誌「日経マネー」、月刊誌「マネージャパン」、週刊誌「FLASH」他
[主な連載]
月刊誌「ネットマネー」、FX 専門月刊誌「FX 攻略.com」

商品の説明をすべて表示する

登録情報

  • 単行本(ソフトカバー): 360ページ
  • 出版社: サンガ (2009/6/25)
  • ISBN-10: 4904507312
  • ISBN-13: 978-4904507315
  • 発売日: 2009/6/25
  • 商品パッケージの寸法: 18.8 x 13.2 x 3.2 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 4.8 4件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: 本 - 691,483位 (本の売れ筋ランキングを見る)
  • さらに安い価格について知らせる
    この商品を出品する場合、出品者サポートを通じて更新を提案したいですか?

  • 目次を見る

カスタマーレビュー

5つ星のうち 4.8
あなたのご意見やご感想を教えてください

トップカスタマーレビュー

形式: 単行本(ソフトカバー)
様々な分野で活躍されている6人の、お金と生き方の知恵が散りばめられていて、
飽きずに最後まで読める魅力ある一冊でした。

お金に支配されない、お金の奴隷にならない人生について、
6人それぞれの視点から語られることによって、
読み手の抽象度が必然的に上げさせられて、良い「教科書」だなと思いました。

インタビュアーである著者は話し手の本質を捉えて、
それを読者に伝える技量の高い方だなあと感じました。
コメント 4人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本(ソフトカバー)
お金の学校と言えば、勝間和代のお金の学校―サブプライムに負けない金融リテラシーが売れているようだが、
そちらが上品な正当派とすれば、こちらはゲリラ的な刺激的な内容の本。

苫米地英人氏、小飼弾氏ら、著名人それも少し尖った人たちが、
金融、投資、お金とのつき合い方、生き方を語ってくれる。
冒頭から苫米地氏が、「BIS規制とは、日本の銀行に対するおしおきだ」とか、
「銀行というのは、借金を返
...続きを読む ›
コメント 8人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本(ソフトカバー)
1680円なのに、347ページと大ボリューム。
コストパフォーマンスが良く、期待以上でした。

小飼弾・小幡績・小池龍之介あたりの話は必須でしょう。

文字が大きすぎるのが難点ですが、
重要なところは太字になっているので、まぁ良いでしょう。
コメント 11人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本(ソフトカバー)
本書は全く違ったバックグラウンドを持つ6名の方と著者との対談形式で構成されており素晴らしい企画だなと思いました。

お金のことになるとその人の人柄や人生観がよく分かります。7名の賢者から、自分らしく豊かに生きるために、お金から自由になるために、お金について学ぶことを気づかされました。
コメント 4人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告