通常配送無料 詳細
残り3点(入荷予定あり) 在庫状況について
この商品は、Amazon.co.jp が販売、発送します。 ギフトラッピングを利用できます。
数量:1
お金が貯まるのは、どっち!? がカートに入りました
+ ¥ 257 関東への配送料
中古品: 非常に良い | 詳細
コンディション: 中古品: 非常に良い
コメント: カバーに傷みあり。 中古品のため商品は多少の日焼け・キズ・使用感がございます。記載ない限り帯・特典などは付属致しません。万が一、品質不備があった場合は返金対応致します。(管理ラベルは跡が残らず剥がせる物を使用しています。)
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
この画像を表示

お金が貯まるのは、どっち!? 単行本(ソフトカバー) – 2014/3/15

5つ星のうち 3.4 136件のカスタマーレビュー

その他(2)の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格
新品 中古品
Kindle版
"もう一度試してください。"
単行本(ソフトカバー)
"もう一度試してください。"
¥ 1,404
¥ 1,404 ¥ 1

AmazonStudent

Amazon Student会員なら、この商品は+10%Amazonポイント還元(Amazonマーケットプレイスでのご注文は対象外)。無料体験でもれなくポイント1,000円分プレゼントキャンペーン実施中。


click to open popover

キャンペーンおよび追加情報


よく一緒に購入されている商品

  • お金が貯まるのは、どっち!?
  • +
  • 家族のお金が増えるのは、どっち!?
  • +
  • 一生お金に困らない人生をつくる―信頼残高の増やし方
総額: ¥4,320
ポイントの合計: 132pt (3%)
選択された商品をまとめて購入

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。



【Amazon Global】International Shipping Made Easy
Shipping to over 65 countries, Simplify customs Learn more

商品の説明

内容紹介

■たちまち40万部突破!

■元銀行支店長が教える
お金を増やす25の法則

あなたの給料は、どの銀行に振り込まれますか?
メガバンク? それとも地元の信用金庫?
では、なぜその銀行を選んだのでしょうか?

もしも「なんとなく……」だとすれば、
あなたの将来はかなり不安です。
選ぶ銀行によって、
お金持ちになることもあれば、
その逆もあるんです。

大切なことは、
つねに「お金が増える選択」をすること。
成功者たちは、銀行も、保険も、住宅も、
資産を増やすために、
かならず明確な意図をもって選んでいます。
その意図さえわかれば、
あなただって資産を築くことができる!

では、あらためて先ほどの質問に戻ります。
あなたは、メガバンクと信用金庫、
どちらを選んでいますか?

じつは、どちらがお金が貯まるかというと……。


[本書の構成]
Part1
お金が増える「銀行&保険」の活用法は、どっち?

【質問1】クレジットカードを持つなら2枚と4枚、どっち?
【質問2】天引きで貯金する人、余ったお金で貯金する人、貯まるのはどっち?
【質問3】メガバンクと信用金庫、口座を開くならどっち?
【質問4】普通預金と定期預金、どっちでお金を貯める?
【質問5】定期保険と終身保険、入るならどっち?
【質問8】銀行系列のカードローン、キャッシュカードのリボ払い、得するのはどっち?

Part2
お金が貯まる「生活習慣」は、どっち?

【質問9】長財布と折たたみ財布、お金が貯まるのは、どっち?
【質問10】コンビニと銀行、お金を下ろすならどっち?
【質問11】コンビニで払うなら現金とクレジットカード、どっち?
【質問13】Suicaをチャージするなら1000円と1万円、どっち?
【質問14】タクシーに乗る人と乗らない人、お金が貯まるのはどっち?
【質問16】セールで買う人、買わない人、得するのはどっち?
【質問17】2000万円の借金と500万円の借金、破綻しやすいのはどっち?

Part3
お金が増える「住宅の選び方」は、どっち?

【質問19】自分のお金と他人のお金、どっちで資産を築く?
【質問20】持ち家派、賃貸派、得するのはどっち?
【質問21】家は、結婚前に買うか、結婚してから買うか、どっち?
【質問23】住宅ローンはボーナス払いと一律平均払い、得するのはどっち?
【質問24】「繰り上げ返済」をするか、「手持ちの現金」を貯めておくか、得するのはどっち?

内容(「BOOK」データベースより)

大切なことは、つねに「お金が増える選択」をすること。成功者たちは、銀行も、保険も、住宅も、資産を増やすために、かならず明確な意図をもって選んでいます。その意図さえわかれば、あなただって資産を築くことができる!銀行支店長がこっそり教える、お金を増やす25の法則。

商品の説明をすべて表示する

登録情報

  • 単行本(ソフトカバー): 223ページ
  • 出版社: アスコム (2014/3/15)
  • 言語: 日本語
  • ISBN-10: 4776208229
  • ISBN-13: 978-4776208228
  • 発売日: 2014/3/15
  • 商品パッケージの寸法: 18.8 x 12.8 x 1.5 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 3.4 136件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: 本 - 10,528位 (本の売れ筋ランキングを見る)
  •  カタログ情報を更新する画像についてフィードバックを提供する、または さらに安い価格について知らせる

  • 目次を見る

この商品を見た後に買っているのは?

カスタマーレビュー

トップカスタマーレビュー

形式: 単行本(ソフトカバー)
ちょっとした読みもの程度にとどめておくべきレベルの内容です。
著者は元銀行マンで、銀行の融資や不動産については知識があるようですが、生命保険や投資のことはあまりしらないようです。
持ち家と賃貸では持ち家がいいという主張をされていますが、投資効率の観点では他の手段(証券投資)でいくらでもいい方法があります。
銀行口座の開設もメガバンクより信用金庫を勧めていますが、これも将来自営業を始める人にしか、メリットはありません。ネット系銀行など利便性の高い金融機関の紹介もありません。
生命保険は保障額1000万円の終身保険を勧めていますが、保障を目的とするなら掛け捨てタイプの定期保険にすることが王道です。
住宅ローンについてもさしたる情報は得られません。
お金について総合的に書かれたものでは他にたくさんのいい本があります。また、投資、生命保険、住宅ローンについてもそれぞれの分野での良書にあたることを勧めます。ちなみに私は、このアマゾンでいくつかのマネー本にレビューをつける程度の知識があり、投資、生命保険にはかなりの知識があります。
アマゾンのレビューも信用できないことをこの本でも確認しました。
2 コメント 618人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本(ソフトカバー)
質問形式なので読みやすく
また、節約の方法としてはなるほどなと思うところもありました。

また、私も元信用金庫の職員でしたので、
共感する部分も多かったです。

しかしながら、結構大事なことをさらっと書いてあり
断言している箇所が多く、デメリットについての記載がないのが気になりました。

この本だけで鵜呑みにするのは危険ですので
他の本と比較しながら読んだほうがいいと思います。
コメント 286人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本(ソフトカバー)
面白そうな見出しで購入したけど。元銀行員の話だけあって、銀行の都合のよいことを、書いてる気がする。、あとは、よくある長財布を持つといいとか。高い割りに内容はたいしたことはない。鵜呑みに出来ない内容もあり。残念。
コメント 123人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
投稿者 bs 投稿日 2014/9/23
形式: 単行本(ソフトカバー)
お金に関して見識があれば無駄
事例がの範囲の見識が浅く当てはまらないケースが多い
知ったかぶり、知った風が多い
コメント 111人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本(ソフトカバー)
この手の本はみなそうですが、自分の立場や自分の経験から書いています。これも銀行員が書いたものとして気をつけなければなりません。それにしても、なんだか浅くてレベル低いです。
コメント 68人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: Kindle版
作者のサクセスストーリーというべきか。
参考になる箇所もあるが、どの人にもあてはまるとは思わない。
そんな簡単に不動産収入で不労所得が容易にできる人は少ないですよ。
誰でもできるように書かれてますが。
信用金庫にすべきとありますが、ネット銀行でもいいのでは?
折りたたみ財布より長財布にすべきと言われても、折りたたみ財布でもお金を大切にしてる人はたくさんいます。
作者はサラリーマン時代に年収1000万円あって、色々不動産物件を探していたようですが、誰でもそんな余裕のある人はいないと思いますよ。
もっとお金に困っている人目線の考え方かなと思って購入しましたが、そもそも良い生活をされていた方の著作ではあまりピンときません。
確かにそのとおりと思う項目はありますが、全体的に「そううまくいく訳ないでしょ」と共感できない部分が多くありました。
コメント 25人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本(ソフトカバー) Amazonで購入
この類いの本を初めて読もうとしている方にとっては、入門書として1300円+税の投資はいいかもしれません。ある程度の知識や自分なりの見識を既に持っている方にとっては、約220頁の中で役に立つもしくは新しい学びは数頁かも知れません。xx万部突破、不動産収入年間7000万、といった飾り言葉も、必ずしも本の内容を保証するものではないようです。本の購入は代金と時間の両方の投資であることを思い出しましたので、その点では勉強になりました。
コメント 106人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本(ソフトカバー)
元銀行員で現在はアパート経営で年収7000万円という著者が書いた本。

2~3時間で読めるくらいの本で、非常にわかりやすく書かれており、20代の
サラリーマンや学生向けといった印象だった。

「銀行はお金を借りるところ」という考え方の人で、銀行員とはなるべく仲良くして
おいた方が得だという内容が多かった。

あまりためにならないけど、「お金は大切だから、気を付けて暮らそう」と
あらためて身を引き締めるにはいいと思います。
コメント 3人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告

最近のカスタマーレビュー



フィードバック