通常配送無料 詳細
残り1点(入荷予定あり) 在庫状況について
この商品は、Amazon.co.jp が販売、発送します。 ギフトラッピングを利用できます。
お釈迦様もみてる―自分応援団 (コバルト文庫) がカートに入りました

お届け先住所
アドレス帳を使用するにはサインインしてください
または
-
正しい郵便番号を入力してください。
または
+ ¥ 257 関東への配送料
中古品: 非常に良い | 詳細
コンディション: 中古品: 非常に良い
コメント: 軽い日焼けがございますが、中古品としては使用感が少なく、書き込みやラインもなく状態良好です。※帯がない場合がございます。通常、ゆうメールで丁寧に発送させていただきます。
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
2点すべてのイメージを見る

お釈迦様もみてる―自分応援団 (コバルト文庫) 文庫 – 2010/4/1

5つ星のうち 2.4 7件のカスタマーレビュー

その他(2)の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格
新品 中古品
Kindle版
"もう一度試してください。"
文庫
"もう一度試してください。"
¥ 494
¥ 494 ¥ 1

AmazonStudent

Amazon Student会員なら、この商品は+10%Amazonポイント還元(Amazonマーケットプレイスでのご注文は対象外)。

click to open popover

キャンペーンおよび追加情報


よく一緒に購入されている商品

  • お釈迦様もみてる―自分応援団 (コバルト文庫)
  • +
  • お釈迦様もみてる スクール フェスティバルズ (コバルト文庫)
  • +
  • お釈迦様もみてる S-キンシップ (コバルト文庫)
総額: ¥1,482
ポイントの合計: 48pt (3%)
選択された商品をまとめて購入

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。



【Amazon Global】OTAKU Store
Figures, Video Games, Blu-ray, DVD and Music of Japanese Anime, Games and Pop Culture Shop now

商品の説明

内容(「BOOK」データベースより)

花寺学院高校の体育祭はクラス対抗戦だ。中学のときより盛り上がるだろう、と福沢祐麒は楽しみにしていた。けれど、なんだか様子がおかしい。クラスでは淡々と出場種目が決められ、祐麒が出る種目では合同練習もなく冷めた雰囲気だ。一方で熱く練習にいそしむ種目もあり、意気込みの温度差に祐麒は困惑する。その上、生徒会のアンドレ先輩は、祐麒の出る種目が「らしい」というのだが…。

著者略歴 (「BOOK著者紹介情報」より)

今野/緒雪
1965年6月2日、東京生まれ。『夢の宮―竜のみた夢』で1993年上期コバルト・ノベル大賞、コバルト読者大賞受賞(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)


登録情報

  • 文庫: 199ページ
  • 出版社: 集英社 (2010/4/1)
  • 言語: 日本語
  • ISBN-10: 4086013924
  • ISBN-13: 978-4086013925
  • 発売日: 2010/4/1
  • 商品パッケージの寸法: 15 x 10.6 x 1.2 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 2.4 7件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: 本 - 473,915位 (本の売れ筋ランキングを見る)
  • さらに安い価格について知らせる
    この商品を出品する場合、出品者サポートを通じて更新を提案したいですか?


この商品を見た後に買っているのは?

カスタマーレビュー

5つ星のうち 2.4
あなたのご意見やご感想を教えてください

トップカスタマーレビュー

形式: 文庫
祐麒が一人から周りする今巻…正直ちょっと痛いですね…。

「マリア様がみてる」の側から見る花寺高校はそれほどおかしな印象
は無かったが、どうもおかしな学校なのではないかと、不思議に思って
しまう。

特に、他の方も書いておられるように源氏と平氏…対立きつすぎでは?。
どちらかに所属していなくても楽しい高校生活が送れないのはおかしい
と思うが…。

作者が女性と言うこともあるのだろうが、いささか滑稽な印象を受ける。

祥子様が卒業されて「マリア様」の方を書く気が失せているのかも知れない
が、是非本編の執筆に戻っていただきたいところです。
コメント 14人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 文庫
 花寺に入学したユキチの初・運動会の巻。
 花寺学院中学校から高校へ上がったにもかかわらず、高校のことを
あまり知らないユキチは、毎日が新しい経験の連続。
 体育祭の仕組みもよく分からない。
 選手の決め方も応援も、なんだか盛り上がらない体育祭自体も、
ユキチは納得がいかない。
 作者も『男子校の体育祭がどんなものか知らない』から『マリみて』の
ような深みや心の絡みがやはり今一つ。
 一冊目はなかなか新鮮で期待していたのですが、今回は味わい今ひとつの
『マリみて』になってしまいました。少し残念です。
コメント 10人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 文庫
いつか面白くなるんじゃないかと思ってシリーズ3冊目まで読み続けましたが、びっくりするくらいつまらない。他の方も書いてますが、源平の設定は必要だったんでしょうか。低年齢向けみたいな文章で、こんな年で読んでる自分の方がいけないのかもしれぬと思いました。
コメント 3人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 文庫
少女小説の大御所「マリアさまがみてる」スピンオフ、「お釈迦さまもみてる」もいつのまにやら第四弾。今回は体育祭のお話で、準備から結末までを読みやすい文体で短くまとめていて、手に取りやすいです。

やっぱり断然「マリみて」の方が好きです。「お釈迦さま」は無理して書いてるような印象で、何も残らないし、瑕疵ばかりが目立ちます。このシリーズ続けるぐらいだったら、少し刊行が遅くなっても「マリみて」を続けて欲しかったなぁ……。
コメント 3人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告