この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
この画像を表示

お菓子を仕事にできる幸福 単行本 – 2004/5/7

5つ星のうち 4.3 20件のカスタマーレビュー

その他()の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
価格
新品 中古品
単行本
¥ 11,251 ¥ 794
click to open popover

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。



ビジネス書大賞2018 大賞作品決定!
大賞は 『SHOE DOG(シュードッグ)』 その他の受賞作は>>こちら

商品の説明

内容紹介

日経BP社から、世界でいちばん短い、そして世界で一番平易な「仕事の本」が発行されます。その名は、『お菓子を仕事にできる幸福』。え、なぜお菓子かって? それはこの本の著者が「キャラメルコーン」「暴君ハバネロ」で知られるお菓子メーカー・東ハトだからです。そして、本のプロデュースには、なんと同社の執行役員である、あのサッカーの中田英寿さん(!)が関わっているのです。お菓子をつくる仕事をケーススタディに、「好きな仕事を自発的にできるしあわせ」と「個人が力を発揮してチームプレイを生み出す重要性」を読者に伝えていく。それが本書です。

本書のできた経緯は?
 本書の「もと」となったのは、昨年、バブル期のゴルフ場開発の失敗でいちど倒産した老舗菓子メーカー東ハトが、会社再建を目指す過程で意気消沈する社員たちに「仕事ができる幸福」と「チームで仕事をする意味」を伝え、意思を共有しようとつくった『飛び出す絵本』です。
 東ハトは中田英寿さんを執行役員に迎え、新しいブランド戦略を打ち出し、新商品を矢継ぎ早に出し、素早い経営改革を実現しました。「絵本による社員の意識改革」はその総仕上げ。木曽健一CEOや中田さんら経営陣が知恵を絞り、「好きな仕事ができる幸せ」を社員で共有し、同じ目標を抱きながら個々が自発的に動き、チームプレイで会社を動かす大切さを「飛び出す絵本」のかたちにまとめ、クリスマスパーティで社員全員に配りました。
 当初非売品だった「絵本」は、朝日新聞や日経ビジネスアソシエ、GQなどで中田英寿さんのインタビューや東ハト再生記事とともに紹介され、一躍メディアの注目を集めました。「好きな仕事を自発的にすること」「個の力を重視しながらチームをつくること」を記した内容に賞賛の声が集まり、今回背中を押される形で市販化されたのです。

本書のどこが魅力?
●テーマが魅力! イラストが可愛い!
 本書は、ナゾの男ハトオトコさんが「お菓子をつくる仕事」について語りながら、「好きな仕事を自発的にできるしあわせと大切さ」「個の力を発揮しながら、仲間とチームプレイを完成する重要性」を読者に伝えています。カネよりまず志、命令されるのではなく自分で動く、そのうえでチームのために働く、お客さんと社会のことを常に念頭に置く――。そんな「仕事をする」うえでの「基礎」が平易な言葉とPOPなイラストで表現されている。それが本書の最大の魅力です。しかも、世にも珍しい「絵本型のお仕事本」。ハトオトコというキャラクターをナビゲーターに、メッセージを紙細工のイラストで伝えます。こんなビジネス書、今までにありました? 
●5分で読めるピーター・ドラッカー?
 20世紀最大の経営学者ピーター・ドラッカーは、かつて個人が自立的に動く組織の強さをサッカー・チームになぞらえて説明しました。サッカーはボールをもった瞬間にその選手が司令塔にならなければならないスポーツ。ドリブル、パス、シュート。その判断を瞬時に行わなければなりません。個々の選手が自分の特性を活かしつつ瞬間瞬間に断しチームを勝利に導いていく。このサッカーの思想は、そのままこれからの企業と個人の理想的な関係にあてはめられます。本書では「組織ではなく、チームになろう」というキャッチフレーズで、このドラッカーが言葉をつくして説明した思想を、平易な文章と愛らしいイラスト、そしてなにより、日本最高のサッカー選手、中田英寿のことばで語っています。まさしく、「世界でいちばん短い、そして世界でいちばん平易な経営思想書」です。

読者対象は?
●いまの仕事に迷っているひと、いま何をしたらいいのか迷っているひとに読んでほしい!
 本書を手に取っていただきたいのは、性別を超えたあらゆる世代のビジネスパーソンとこれから企業社会に足を踏み入れる学生の方々です。バブル崩壊以降、10年以上の長期不況に悩まされてきた日本では、仕事そのものに対するひとびとの姿勢もネガティブになりがちでした。いつクビになるかもしれない、いつ会社がつぶれるかもしれない――。そんな不安をいだきながらでは、たしかにそれも仕方なかったかもしれません。けれど、だからこそ、仕事に就き、自分の意思でクリエイティブに働くことは、楽しいことではないでしょうか? 自分の意思で仕事に就き、自発的に、創造的にしかもチームで一丸となって働くって、すごくエキサイティングではないでしょうか?
●企業研修で社員の心をまとめるのにうってつけ!
しかも本書は、マネジャー層から新入社員層にいたるまで、企業の研修の副読本としても十二分に活用できる内容です。もともと東ハトの社員たちを鼓舞するためのテキストだったのです。その効力は実証済みです!

内容(「BOOK」データベースより)

東ハトがつくった、「世界でいちばん小さな、でも世界でいちばん大切なことが書いてあるビジネス書」。本業の「お菓子作り」が好調だったのに、旧経営陣の乱脈経営がたたり2003年春破綻した東ハト。5月15日に再スタートを切ったものの、社員の傷ついた士気はあがらない。「自分たちの仕事とはそもそもなにか」「この仕事の意義とはなにか」という「仕事の根源」についての思想を社員全員で共有できるよう「ブランドブック絵本」として、2003年12月、数百人たちに豪華飛び出す絵本を配った。

商品の説明をすべて表示する

登録情報

  • 単行本
  • 出版社: 日経BP社 (2004/5/7)
  • 言語: 日本語
  • ISBN-10: 4822244083
  • ISBN-13: 978-4822244088
  • 発売日: 2004/5/7
  • 梱包サイズ: 21 x 15.4 x 1 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 4.3 20件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: 本 - 147,358位 (本の売れ筋ランキングを見る)
  • さらに安い価格について知らせる
    この商品を出品する場合、出品者サポートを通じて更新を提案したいですか?



カスタマーレビュー

トップカスタマーレビュー

VINEメンバー
2010年8月4日
形式: 単行本|Amazonで購入
2014年5月5日
形式: 単行本|Amazonで購入
2015年2月7日
形式: 単行本|Amazonで購入
2013年10月15日
形式: 単行本|Amazonで購入
2016年1月15日
形式: 単行本|Amazonで購入
2011年10月4日
形式: 単行本|Amazonで購入
2013年11月5日
形式: 単行本|Amazonで購入
2009年7月12日
形式: 単行本|Amazonで購入

最近のカスタマーレビュー