この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
この画像を表示

お稲荷様って、神様?仏様?―稲荷・地蔵・観音・不動/江戸東京の信心と神仏 単行本(ソフトカバー) – 2010/10/14

5つ星のうち 4.7 3件のカスタマーレビュー

その他()の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格
新品 中古品
単行本(ソフトカバー)
¥ 30,404 ¥ 2,743
click to open popover

キャンペーンおよび追加情報


この商品を見た後に買っているのは?

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。



ポイントアップキャンペーンに事前登録しよう
2018/2/28 18時からのAmazonタイムセール祭りで、合計5,000円(税込)以上のお買物でポイントアップチャンス。 獲得条件をチェックして事前登録する。

商品の説明

内容紹介

「マッカーサーやダイアナ妃の位牌がなぜ浅草寺五重塔に?」
「成田不動と歌舞伎興行の深い関係とは?」
「お地蔵様は閻魔様と同じなの?」-----
こうした素朴な疑問にていねいに答える。

江戸時代の人々は、江戸の町で流行した神仏(稲荷・地蔵・観音・不動)と、どのように関わったのか。そして現代のわれわれは、それらの神仏を、どのように受け止めているのか。

太古の昔から、江戸時代までに蓄積された、日本人の宗教的な文化・伝統が、今日、我々の中にどのように生き生きと息づいているか。

身近な神仏である、稲荷・地蔵・観音・不動を例に、日本人の信心と信仰の本質に迫る。

決して難しくないが、難しいことがいろいろとわかる神仏の本。

内容(「BOOK」データベースより)

身近な神仏である、稲荷・地蔵・観音・不動を例に、日本人の信心と信仰の本質に迫る。決して難しくないが、難しいことがいろいろとわかる神仏の本。

商品の説明をすべて表示する

登録情報

  • 単行本(ソフトカバー): 192ページ
  • 出版社: 築地書館 (2010/10/14)
  • ISBN-10: 4806714100
  • ISBN-13: 978-4806714101
  • 発売日: 2010/10/14
  • 梱包サイズ: 18.6 x 12.8 x 1.6 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 4.7 3件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: 本 - 684,412位 (本の売れ筋ランキングを見る)
  • さらに安い価格について知らせる
    この商品を出品する場合、出品者サポートを通じて更新を提案したいですか?

  • 目次を見る

カスタマーレビュー

他のお客様にも意見を伝えましょう
すべてのカスタマーレビューを見る(3)

トップカスタマーレビュー

VINEメンバーベスト1000レビュアー
2010年11月1日
形式: 単行本(ソフトカバー)|Amazonで購入
0コメント| 6人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? 違反を報告
2014年4月18日
形式: 単行本(ソフトカバー)|Amazonで購入
0コメント| 1人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? 違反を報告
2010年11月6日
形式: 単行本(ソフトカバー)
0コメント| 7人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? 違反を報告