通常配送無料 詳細
残り4点(入荷予定あり) 在庫状況について
この商品は、Amazon.co.jp が販売、発送します。 ギフトラッピングを利用できます。
数量:1
お父さんは心配症 (1) (集英社文庫―コミック版... がカートに入りました
+ ¥ 257 関東への配送料
中古品: 非常に良い | 詳細
コンディション: 中古品: 非常に良い
コメント: 中古品のため商品は多少の日焼け・キズ・使用感がございます。記載ない限り帯・特典などは付属致しません。万が一、品質不備があった場合は返金対応致します。(管理ラベルは跡が残らず剥がせる物を使用しています。)中古品のため商品は多少の日焼け・キズ・使用感がございます。記載ない限り帯・特典などは付属致しません。万が一、品質不備があった場合は返金対応致します。(管理ラベルは跡が残らず剥がせる物を使用しています。)
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
この画像を表示

お父さんは心配症 (1) (集英社文庫―コミック版) 文庫 – 1997/8

5つ星のうち 4.1 8件のカスタマーレビュー

その他()の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格
新品 中古品
文庫
"もう一度試してください。"
¥ 575
¥ 575 ¥ 1

click to open popover

キャンペーンおよび追加情報


よく一緒に購入されている商品

  • お父さんは心配症 (1) (集英社文庫―コミック版)
  • +
  • お父さんは心配症 (2) (集英社文庫―コミック版)
  • +
  • お父さんは心配症 (3) (集英社文庫―コミック版)
総額: ¥1,799
ポイントの合計: 57pt (3%)
選択された商品をまとめて購入

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。



【Amazon Global】International Shipping Made Easy
Shipping to over 65 countries, Simplify customs Learn more

登録情報

  • 文庫: 229ページ
  • 出版社: 集英社 (1997/08)
  • 言語: 日本語
  • ISBN-10: 4086173077
  • ISBN-13: 978-4086173070
  • 発売日: 1997/08
  • 商品パッケージの寸法: 15 x 10.6 x 1.4 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 4.1 8件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: 本 - 187,246位 (本の売れ筋ランキングを見る)
  •  カタログ情報を更新する画像についてフィードバックを提供する、または さらに安い価格について知らせる


カスタマーレビュー

5つ星のうち 4.1
あなたのご意見やご感想を教えてください

トップカスタマーレビュー

形式: 文庫
次から次へと畳み掛けるようなギャグの連続が、たまりません。
怒涛とも言える勢いがあり、その変態パワーに圧倒されます。
ギャグもキャラもみんなみんな“おかしい”。
この“おかしい”は、面白おかしいの“おかしい”でもあり、
同時に、気は確かか?的な“おかしい”でもあります。
ギャグ漫画好きなら一度は読んでおくべき傑作だと思います。

岡田あーみんの作品は初めて読むという人は、文庫版でもかまわないと思います。
しかし私のように、昔から読んでいて岡田あーみんが好きで、手元に置いておこうと思っている人は、
普通のコミックス版を買っておいたほうが良いかもしれません。
というのも、著者の幼少の頃の思い出やデビューまでの経緯などの、ちょっとした漫画エッセイや、
さくらももことの合作漫画は、この文庫版では収録されていないからです。
文庫版の最終巻には岡田あーみんのあとがきが収録されているのですが、
私はやはり漫画が読みたかったので、コミックス版にしておけばよかったと少し後悔しました。
コメント 25人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
投稿者 カスタマー 投稿日 2001/2/23
形式: 文庫
第一話は衝撃的。あの「りぼん」で、なぜこれが!そのコマ内の濃さ!情念の渦巻くさまは、著者も思わず渦巻きとして描き込むほど。驚きます。
コメント 26人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 文庫 Amazonで購入
昔コミックスを買っていたのですが、実家に置いてきてしまった為、文庫を購入した者です。
文庫版を読んでいて、あれ?と思ったところが何点かありました。
・おまけページが省かれている(あぶないクイズ大会とかいうのだったと思います)
・最終回で、あーみん氏を運んでいるどこかの原住民らしき人達が、ふんどしをつけた白い人に修正されています。

クイズのコーナーも楽しみにしていたので、ショックです・・・。
もしかして、コミック版の方でも削除されてしまったのでしょうか。
コメント 15人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 文庫
私がまだ小学生だった頃、雑誌「りぼん」が 携帯電話みたいな存在だった話です。
テレビゲームなどもなかった時代でほとんどの女子が読んでいたんですね〜
当時の女子が「星の瞳のシルエット」だ、「月の夜 星の朝」なんて騒いでいるのもなんのその、
非常に楽しみにしていたマンガが「お父さんは心配症」でした。

もう一度読みたくて買ってみました。
お父さん、頭にオノがささっって血流してても死ななかったり、「寝棺」さんなんて病弱キャラが血を吐いても死ななかったり、もうそりゃシュールだしめちゃくちゃです。

初期の北野君はさわやか好青年でした。
お父さんに毒されたのか?だんだん変態チックになり、絵も変わっていき・・・

大人になって読んでみると、あーみんさんは本当にかしこい人だったんだなと再認識。
そして時代を先取りしすぎたゆえに苦悩もあったんだなと。
引退されてしまって残念ですが、潔いですね。
一度雑誌で拝見した素顔、実に美人でした。
コメント 11人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告


フィードバック