通常配送無料 詳細
残り1点(入荷予定あり) 在庫状況について
この商品は、Amazon.co.jp が販売、発送します。 ギフトラッピングを利用できます。
お母さんのための放射線防護知識―チェルノブイリ事故... がカートに入りました

お届け先住所
アドレス帳を使用するにはサインインしてください
または
-
正しい郵便番号を入力してください。
または
+ ¥ 257 関東への配送料
中古品: 非常に良い | 詳細
発売元 ネットオフ
コンディション: 中古品: 非常に良い
コメント: 【購入後48時間以内に弊社より発送】中古品のため使用感はありますが、綺麗なものを販売しております。※カバー・中身(書き込み・線引きなし)ともに良好です。万が一、品質不備があった場合は返金対応。弊社Webサイトでも販売しているため在庫切れになった場合はキャンセル扱いとなります。
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
5点すべてのイメージを見る

お母さんのための放射線防護知識―チェルノブイリ事故20年間の調査でわかったこと (高田純の放射線防護学入門シリーズ) 単行本 – 2007/9

5つ星のうち 4.8 5件のカスタマーレビュー

その他()の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格
新品 中古品
単行本
"もう一度試してください。"
¥ 864
¥ 864 ¥ 1

AmazonStudent

Amazon Student会員なら、この商品は+10%Amazonポイント還元(Amazonマーケットプレイスでのご注文は対象外)。

click to open popover

キャンペーンおよび追加情報

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。



【Amazon Global】OTAKU Store
Figures, Video Games, Blu-ray, DVD and Music of Japanese Anime, Games and Pop Culture Shop now

商品の説明

内容紹介

原子力は日本社会にとって必要不可欠で安全性が高いといって
も,原子力発電所立地県の住民には万一の放射線災害の不安や心配が残る。こと
に子どもへの影響を心配する母親を対象に,放射線災害やそれに対する自衛策を
わかりやすく解説し,これまでの調査を踏まえた科学としての放射線防護の実際
を示す。

著者略歴 (「BOOK著者紹介情報」より)

高田/純
札幌医科大学教授、理学博士。大学院医学研究科放射線防護学、医学部物理学教室。放射線防護情報センターを主宰。放射線防護医療研究会代表世話人。弘前大学理学部物理学科卒。広島大学大学院理学研究科(核実験)博士課程前期修了、同課程後期中退。鐘淵化学工業中央研究所、シカゴ大学ジェームス・フランク研究所、京都大学化学研究所、イオン工学研究所、広島大学原爆放射線医科学研究所、京都大学原子炉実験所を経て、2004年より、現職。第19期日本学術会議研究連絡委員会委員。鐘淵化学工業技術振興特別賞、未踏科学技術協会高木賞を受賞。日本保健物理学会、日本放射線影響学会、日本放射化学会、日本医学物理学会会員(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)


登録情報

  • 単行本: 62ページ
  • 出版社: 医療科学社 (2007/09)
  • 言語: 日本語
  • ISBN-10: 4860033671
  • ISBN-13: 978-4860033675
  • 発売日: 2007/09
  • 商品パッケージの寸法: 20.8 x 14.4 x 0.6 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 4.8 5件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: 本 - 595,213位 (本の売れ筋ランキングを見る)
  • さらに安い価格について知らせる
    この商品を出品する場合、出品者サポートを通じて更新を提案したいですか?

  • 目次を見る

カスタマーレビュー

5つ星のうち 4.8
あなたのご意見やご感想を教えてください

トップカスタマーレビュー

形式: 単行本 Amazonで購入
原発事故の放射線に、どのぐらい危険があるかを知りたい人に向いています。
ただ、内容は薄く、もう少し分量があっても良かったかなと思います。

実際にフィールドワークを行った根拠を元に書かれているので、
やたらに不安や恐怖心をあおる、問答無用の原発不要論から書かれた本より
安心して読むことができます。

放射線量による被害想定も現実的な見地から書かれているのですが、
その書かれた分量が少ないために、言葉が足りない箇所がいくつかあるようです。

そこを揚げ足を取るように、著者の意図に反したような反論が反原発論の方から出ているようです。
よく読めばその意図は分かるのですが、分かりにくいところも確かにあり、
どちらを信じてよいか、私のように知識のない者には分かりません。

私には他の方の指摘された学歴自慢のようなものが書かれているという印象は、全くありませんでした。
原発不要論の人からは、著者のような立場の著作物は、一番否定したいところなのでしょう。

しかし、著者自身の右寄りだと言われる政治的立場も見え隠れする中で、本書を100パーセント
信用していいかは判断が付かなかったのですが、少なくとも反原発の方の著作物よ
...続きを読む ›
コメント 30人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本 Amazonで購入
2007年が初版です。ですから同シリーズの「核災害に対する放射線防護」よりも後に書かれています。タイトルに「お母さん」という言葉が含まれていますが、それほど母親だから読むべき内容であるとは個人的には思われず、むしろ「核災害に対する放射線防護」の次作みたいな位置づけにあると私には感じられます。昆布だしの作り方で「沸騰する前に火を止める」というような丁寧な調理法の説明は、どちらかというとむしろ料理をしない人向けの説明です。男女の隔てなく「口にするもの」といったような表現で食物連鎖的な放射線の影響を記述する方が良かったのではないかと思いました。重複する内容はありますが、それでもセットで読まれるのが良いのではないでしょうか。

「ビッグイシュー日本版」というホームレスの立場にある人が街頭に立って販売している雑誌があります。その “VOL. 277 2015 Dec.15” 号の21ページに下記のタイトルを持つ記事があります:「放射能による子どもへの健康影響 その② 県平均では30倍、『中通り中部』で最も高い50倍 福島、子どもの甲状腺がん、国際的な議論の場に」。記事で提供されているデータは本書と同じような傾向、そして ”率” を示しています。通常であれば1である値が、今ではその10倍程度になっているというものです。本書で扱われているチェルノブイリととても類似した数値デー
...続きを読む ›
コメント このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本 Amazonで購入
4月頃にネットで、この人が福島第一原発の門の前で防護服もなしに線量計を片手に立っている写真を見ました。
もちろん門の向こう側には防護服を着た作業員が立ってました。
その時に「この人の本が出たら買う買う〜♪ヽ('▽`)ノ」と決めました。

この本は値段はお手頃ですが、中身が薄いし文章がわかりにくいという欠点があります。
この著者が書いた他の本も購入しましたが、文章が読みにくいという印象を受けました。
書いてある内容はやさしいです。
「放射線防護10の対処方法」はいざというときに覚えていて損はないと思います。
大量の昆布からヨウ素をとるのは塩分が心配ですが、緊急時には仕方ないですよね。
実際に現地調査しているからこそ言ってることに説得力があるのだと感じました。
コメント 5人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本
福島原発の事故をめぐり日々様々な情報が入り乱れていますが、必要以上に恐怖心を煽る報道に辟易していたので、2007年に出版された本書は良い手引きとなりました。育児で忙しい母親に向けて書かれただけあって、素人にもわかりやすくコンパクトに、チェルノブイリやスリーマイル島の事故の追跡調査で判明した放射線の影響や、家庭で取り得る防護策がまとめられています。ここに書かれた内容がすべて事実なら(他の本と読み比べたわけではないので断定できませんが、ネットなどで調べた内容とは一致するようです)、読後、一定の安心感を得られると思います。根拠の薄い恐怖に「汚染」されてしまわないよう気をつけたいと思いました。
コメント 35人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告